スプレッド シート 条件 付き 書式 カスタム 数式。 「条件付き書式」で行全体の色を自動的に変える方法(Google スプレッドシート)

スプレッドシートの条件付き書式の使い方!特定値の自動色付け方法も解説!

スプレッド シート 条件 付き 書式 カスタム 数式

条件付き書式ルールを作成する• Android 搭載のスマートフォンまたはタブレットの で、スプレッドシートを開きます。 書式ルールを適用する範囲を選択します。 書式設定アイコン [ 条件付き書式] をタップしてパネルを開きます。 書式ルールを設定します。 すでにルールが適用されているセルまたは範囲に別のルールを追加する場合は、まず [ 追加] をタップします。 単一色: [セルの書式設定の条件] で、ルールを適用する条件を選択します。 [書式設定のスタイル] で、条件を満たしている場合のセルの表示方法を選択します。 独自の書式設定のスタイルを作成するには、[カスタム] の追加アイコン をタップします。 カラースケール: [書式設定のスタイル] でカラースケールを選択します。 最小値、最大値、中央値を設定できますが、値を設定しない場合はデータに基づいて自動調整されます。 [ 保存] をタップします。 Android 搭載のスマートフォンまたはタブレットの で、スプレッドシートを開きます。 テストの点数を選択します。 書式設定アイコン [ 条件付き書式] をタップします。 [セルの書式設定の条件] で [ 次より小さい] をタップします。 すでにルールが適用されている場合は、そのルールをタップするか、[ 追加] [ 次より小さい] をタップします。 [ 値または数式] をタップして「0. 8」と入力します。 ハイライト色を赤色にするには、赤いボックスをタップします。 [ 保存] をタップすると、80 点未満の点数が赤でハイライト表示されます。 カスタム数式を使用すると、他のセルの内容に基づいて特定のセルに書式を設定することができます。 Android 搭載のスマートフォンまたはタブレットの で、スプレッドシートを開きます。 書式ルールを適用するセルを選択します。 書式設定アイコン [ 条件付き書式] をタップします。 [セルの書式設定の条件] プルダウン メニューで [ カスタム数式] をタップします。 すでにルールが適用されている場合は、そのルールをタップするか、[ 追加] [ カスタム数式] をタップします。 [値または数式] をタップして数式とルールを追加します。 [ 保存] をタップします。 cell)を使用すると、数式は同一のシートのみを参照します。 数式で別のシートを参照するには、 関数を使用してください。 例 1 データに同じ値が複数含まれる場合にハイライト表示するには:• Android 搭載のスマートフォンまたはタブレットの で、スプレッドシートを開きます。 書式ルールを適用する範囲を選択します(例: セル A1~A100)。 書式設定アイコン [ 条件付き書式] をタップします。 [セルの書式設定の条件] プルダウン メニューで [ カスタム数式] をタップします。 すでにルールが適用されている場合は、そのルールをタップするか、[ 追加] [ カスタム数式] をタップします。 1 行目のルールを入力します。 その他の書式設定のプロパティを指定します。 [ 保存] をタップします。 例 2 特定の行のいずれかのセルの値に基づいて、その行全体に書式を適用するには:• Android 搭載のスマートフォンまたはタブレットの で、スプレッドシートを開きます。 書式ルールを適用する範囲を選択します(例: 列 A:E)。 書式設定アイコン [ 条件付き書式] をタップします。 [セルの書式設定の条件] プルダウン メニューで [ カスタム数式] をタップします。 すでにルールが適用されている場合は、そのルールをタップするか、[ 追加] [ カスタム数式] をタップします。 1 行目のルールを入力します。 その他の書式設定のプロパティを指定します。 [ 保存] をタップします。 複数の式に一致させるには、ワイルドカード文字を使用できます。 ワイルドカード文字は、書式設定の際に [次を含むテキスト] や [次を含まないテキスト] 欄で使用できます。 単一の文字に一致させるには、疑問符(? )を使用します。 たとえば、「a? c」を含むテキストのルールでは、「abc」のセルは書式設定され、「ac」、「abbc」のセルは書式設定されません。 c」を含むテキストのルールでは、「a? c」のセルは書式設定されません。 ルールを削除するには、削除アイコン 完了アイコン をタップします。 ルールはリストに表示されている順序で評価されます。 つまり、最初に真であると評価されたルールで、セルやセル範囲の書式が定義されます。 ルールの順序を変更するには、移動アイコン をタップしてルールをドラッグします。 書式ルールが適用されているセルまたはセル範囲からデータをコピーして貼り付けると、これらのルールは貼り付けたデータにも適用されます。

次の

Google スプレッドシートで条件付き書式ルールを使用する

スプレッド シート 条件 付き 書式 カスタム 数式

条件付き書式とは? どんなとき利用すると便利? たとえば、あなたが中学校の先生で、生徒の期末テストの結果をGoogleスプレッドシートで管理しているとしたら、きっと生徒の合計点を調べて順位を出したり、教科ごとの平均点を計算したりするでしょう。 場合によっては、成績の悪い生徒を調べて、補修を受けさせないといけないかもしれません。 このようなとき、特に成績の悪かった生徒は誰なのか、特に成績の悪かった教科は何なのか……等々を簡単に調べることができたら便利でしょう。 Googleスプレッドシートの「 条件付き書式」は、こんなときに役立つ機能です。 たとえば、次は条件付き書式の「 カラースケール」を利用して、得点が低いほど濃い赤で表示した例です。 これを見れば、どのあたりに問題があるのか、全体的な傾向をつかむことができます。 条件付き書式を使って、赤点以下の得点のセルを赤い背景色で表示した例です このように、条件付き書式を使うと、特定の条件に合致したセルだけをわかりやすく表示できます。 以降では、成績表を例にして、条件付き書式の具体的な設定方法を見ていきましょう。 全体の傾向を確認するなら「カラースケール」がおすすめ 最初に、条件付き書式の「カラースケール」の設定方法を説明します。 カラースケールは、先に紹介したように、表に含まれるデータの全体的な傾向を把握するのに適しています。 まずは、条件付き書式の設定されていないもとの成績表を示します。 すべてのセルが同じ書式なので、パッと見ただけでは成績の良し悪しの全体的な傾向はわかりません。 以上がカスタム数式を使った条件付き書式の例です。 このように、カスタム数式を使うとユーザーが自由に条件を設定することができます。 そして、結果がtrue(真)ならスタイルが設定される仕組みです。 カスタム数式を利用するときは、数式の組み立て方をちょっと考える必要がありますが、それ以外は、思ったよりもずっと簡単に利用できるのが「条件付き書式」です。 表をいろいろな角度から分析するのにも役立ちますので、ぜひ試してみてください。 なお、本記事で利用したGoogleスプレッドシートの表を「閲覧可能」な状態にして、どなたでも見られるようにしておきました。

次の

スプレッドシートの条件付き書式の使い方!特定値の自動色付け方法も解説!

スプレッド シート 条件 付き 書式 カスタム 数式

範囲に適用:条件付き書式を適用させたい範囲を設定。 ,(カンマ)で複数範囲設定できる• セルの書式設定の条件…:ここがメイン。 適用させたい条件を設定• セルの書式設定の条件 デフォルトの設定では、『空白ではないセル』が適用されています。 値が入力されているセルの背景色が緑に塗りつぶされている。 このような条件は、現状(2018年6月4日現在)19個用意されています。 空白セル• 空白ではないセル• 次を含むテキスト• 次を含まないテキスト• 次で始まるテキスト• 次で終わるテキスト• 完全一致するテキスト• 次より前の日付• 次より後の日付• 次より大きい• 次より小さい• 次と等しい• 次と等しくない• 次の間にある• 次の間にない• カスタム数式 実際に条件付き書式を使う場合は、この中から適したものを選択するという訳ですね。 まだ、あんまりイメージがつかないと思うので、3つほど具体例を紹介して、条件付き書式の便利さを実感していただこうと思います 土日と入力されたセルに色を付ける スプレッドシートでは、日々の売上管理や勤怠管理、タスク管理で日付データを取り扱うことって多いですよね。 「土日だと、ひと目でわかるように色付けしたい」そんなニーズに答えてみましょう。 STEP1:B列を選択する STEP2:セルの書式設定の条件で『次を含むテキスト』を選択 STEP3:土と入力し、書式設定のスタイルを文字色を青、背景色を白にする これで土曜日の設定が完了しました。 続けて日曜日の設定をしてみましょう。 STEP4:条件を追加を選択 STEP5:日と入力し、書式設定のスタイルを文字色を赤、背景色をなしにする 土曜日と同様に設定します。 条件付き書式設定ルールが2つ作成されていることを確認したら完成です。 特定の値以下のセルに色を付ける 条件付き書式では、ある値以上、以下、未満など値の大きさを比較して色付けすることができます。 STEP1:C列を選択する STEP2:セルの書式設定の条件で『次より小さい』を選択 STEP3:値を入力し、書式設定のスタイルを文字色を赤、背景色をなしにする 未完と入力されたら行全体に色を付ける いままでのやり方では、単一のセルだけしか色付け出来ませんでした。 今から紹介するやり方を実践すると 行全体を色付けすることが出来るようになります。 STEP1:A〜D列を選択する STEP2:セルの書式設定の条件で『カスタム数式』を選択 カスタム数式では、通常のシートで使っている 関数を使うことができます。 [aside] 使える関数の補足 計算結果をTrueもしくはFalseと返す関数のみ使用できます。 この例では、D1からD24にかけて値が未完であれば、その行に対してスタイルが適用されます。 ところが、 他の条件付き書式ルールが被っているところの背景色が変わっていません。 次に、これを直していきます。 STEP4:条件付き書式設定ルールの優先順位を入れ替える 優先順位設定のルールを入れ替え 条件の左の方にカーソルを当てるとカーソルが十字になって、 ドラッグ&ドロップすると入れ替えができます。 左の方じゃないと動かないので注意が必要です。 STEP5:土曜かつ未完のルールを作成する STEP3で作成したルールから『新しい条件を追加』を選択して、新たに条件を作成します。 『条件Aかつ条件B』という条件を実現したいときは、AND関数を使用します。 最後に書式設定ルールの優先順位を正しく入れ替える作業を行います。 STEP8:条件付き書式設定ルールの優先順位を入れ替えて完成 優先順位を入れ替え 最後に 今回は条件付き書式を使って、自分で設定した条件ごとに、セルや行に自動で色付けする方法を具体例3つと一緒に紹介しました。 見やすい表を高速で作成するのに欠かせない条件付き書式。 ぜひ使い方をマスターされてください〜。 結構使う頻度多めな機能なので、ショートカットキーがあればもっと便利なんだけどなあ。 それでは。

次の