コウ ウラキ その後。 コウ・ウラキ [機動戦士ガンダム 0083 STARDUST MEMORY

コウ・ウラキ [機動戦士ガンダム 0083 STARDUST MEMORY

コウ ウラキ その後

機動戦士ガンダム主人公 アムロレイその後 初代ガンダムの主人公。 ファーストガンダム、Zガンダム、逆襲のシャアと登場し、ユニコーンガンダムなど後の宇宙世紀ガンダム作品にも元祖ニュータイプとして影響をあたえている。 ガンダムのアムロレイ(15歳)その後 シャアとの激闘後、アバオアクーからの脱出を半ばあきらめる中、ララァに導かれコアファイターで脱出。 ホワイトベースを脱出したクルーたちと再会し生還。 Zガンダムへ続く。 Zガンダムのアムロレイ(22歳)その後 一年戦争終戦後(U. 0080)は大尉に昇進するも、連邦から「こいつヤバいかもしれん。 」と事実上の軟禁状態。 一年戦争のトラウマを引きずったまま孤独に過ごす。 その後(Zガンダム U. 0087年)再会したカツの説得により脱走、シャアと再会。 エゥーゴを援助する活動を行う。 Zガンダムでの登場はカラバとの絡みの時のみでその後は明確になっていない。 アーガマ隊が宇宙に上がった後は、カラバの戦闘隊長となったとも言われる。 Zガンダムの後(U. 0088年)は、消息不明となったシャアの行方を探す為にコロニーで内偵を進める。 0092年、シャアがネオ・ジオンの総帥となった事がわかり、ロンド・ベルに戦闘隊長として編入される。 逆襲のシャアへ続く。 逆襲のシャアのアムロレイその後 シャアの新生ネオ・ジオンによるフィフス・ルナ落としを阻止しようとするが失敗。 さらに追い打ちをかけるようアクシズを落とそうとするシャアを撃破し、アクシズの軌道を変える奇跡を起こすが、消息不明となる。 「消息不明となっているので死亡とは言い切れない」、「いやいや死んだでしょ」などさまざま解釈の余地はある状態ではあるが。。。 ユニコーンガンダムでは、ブライトの部屋に『逆襲のシャア』の時のアムロの写真が飾られている。 また、バナージとフロンタルの最終決戦ではララァ、シャアとともに問いかけるような声で登場する。 シロー・アマダ(23歳) 左脚の膝から下を失いながらもアイナとの間に子供を授かり、山奥の小屋で平穏に暮らしている。 その後は不明。 画像: ガンダム サンダーボルト主人公 イオ、ダリルその後 機動戦士ガンダム サンダーボルトの主人公たち。 連邦側のイオ視点、ジオン側のダリル視点とそれぞれ描かれている。 2017年8月の時点で、連載中のため保留。 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争の主人公 アル、クリスチーナ・マッケンジー 少年アルの視点の物語ではあるが、アレックスのパイロット クリスのその後も。 バーニィは言わずもがな。。。 クリスは『ポケットの中の戦争』の最終話で、一年戦争が終戦を迎えた後に軍務のためサイド6を離れ地球へ赴任する。 コウ・ウラキ(19歳) 少尉として北米オークリー基地に赴任。 その後は不明。 画像: 機動戦士Zガンダムの主人公 カミーユ・ビダンその後 改めてTV版見てみましたが、そもそも気性が激しく不安定のヤバいヤツですね。 0070年(一説によれば0069年)11月11日誕生。 Zガンダムのカミーユ(16歳か17歳)その後 U. 0087年3月2日、ブライトを尊敬していた面があり彼に会いに行ったところ、戦闘に巻き込まれ・・・Zガンダム本編へ。 0087年2月21日、グリプス最終決戦でシロッコの悪意まで取り込み精神を病み終了。 ZZガンダムへ続く。 ZZガンダムのカミーユ(16歳か17歳)その後 精神的に病んでいる状態ではあるがファに介護されながら、ちょいちょい登場。 最終話では、ファと2人で走るシーンがあるほど回復が見られる。 ジュドー・アーシタ(14歳) ダサい服でルーと木星圏へ旅立つ。 その後は不明。 画像: ジュドーのその後 憶測 『GUNDAM EVOLVE.. これらの作品に地球と木星を往復するヘリウム船団のリーダーで、自前のMSガンプのパイロットとしても優れた腕前を持つグレイ・ストークというニュータイプの男性が登場します。 この「木星じいさん」を自称するこの人物が、ジュドーの可能性が示唆されています。 機動戦士ガンダムユニコーンの主人公 バナージ・リンクスその後 フロンタルとの闘いの後で、ユニコーンガンダムと一体化したかのように見えたがリディの呼びかけで自我を取り戻す。 後日作品となる『機動戦士ガンダムNT』にも登場。 シーブック・アノー(17歳) カロッゾのラフレシアを撃破し、投げ出されたセシリーを探しだす。 その後は不明。 画像: シーブックのその後 憶測 『機動戦士クロスボーン・ガンダム』、『機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート』、『機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人』、『機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト』にキンケドゥとして登場。 これらの作品は、F91その後の話で、シーブック、セシリー(ベラ・ロナ)とも死亡したこととなっているためキンケドゥと名乗る。 クロスボーンガンダムでは、ザビーネとの戦いで右手を失うが、その後手術で復帰。 ザビーネを倒し姿を消す。 その後、セシリーと結婚して1児の親となり、パン屋を営んでいることが判明する。 ドモン・カッシュ(20歳) 「石破ラブラブ天驚拳」でデビルガンダムを撃破し、レインと地球へと凱旋。 その後は不明。 画像: 新機動戦記ガンダムWの主人公 ヒイロ・ユイその後 任務遂行の障害になるようならば、敵味方かまわず殺そうとするが、「殺す」と断言した人物は、結果的に誰も殺していない(死んでいない)という、「お前を殺す」詐欺を繰り返す。 ちなみに、ヒイロ・ユイという名は暗殺されたコロニー指導者の名前からつけられたコードネームであり彼の本名ではない。 新機動戦記ガンダムW ヒイロ・ユイその後 「お前を殺す」詐欺を繰り返したヒイロは、エピオンとの最終決戦を制し地球に落下するリーブラの破片を撃破。 地球を核の冬から守る。 その後は映像から確認できない。 Endless Waltzへ続く。 新機動戦記ガンダムW Endless Waltz ヒイロ・ユイその後 ガンダムWとEndless Waltzの間の作品として、『新機動戦記ガンダムW グランドゼロ』、『新機動戦記ガンダムW BATTLEFIELD OF PACIFIST』とありますが、ヒイロはどこからともなくやってきて、どこかへ消えていくでだけなので省略。 Endless Waltzでは、自らの役目が終わったことを考えリリーナの演説を聞いた後に、街の中へと消えていきます。 (漫画版ではその後、リリーナのボディーガードとしてサングラスをかけて活動している姿が見られるらしい。 ) ヒイロ・ユイ(15歳) 自らの役目が終わったことを考えリリーナの演説を聞いた後に、街の中へと消える。 その後は不明。 画像: Endless Waltzから、さらにその後 エンドレスワルツのさらにその後として『PREVENTER 5』、『新機動戦記ガンダムW Frozen Teardrop』とういに作品があります。 『PREVENTER 5』についてはA. 197らしく、作品としては特筆するような事もないような。 リリーナが立てこもり事件に巻き込まれそれをヒイロ達が解決!ってなもんだ。 『新機動戦記ガンダムW Frozen Teardrop』については、エンドレスワルツからの具体的な経過年数は示されていない。 ヒイロ、リリーナともにコールドスリープしてましたー、コールドスリープしていたので容姿は少年のままですー、というご都合主義で始まる作品。 ヒイロの搭乗機の名前が「白雪姫(スノーホワイト)」とかもう中二病満載で震えが止まらない!ガンダムエースで連載されていました。 このあたりは、公式あつかいなのかしら。 ロラン・セアック(17歳 定かではない) 平和の戻った地球で、ディアナの隠棲に付き添った。 その後については不明。 ソシエとの関係は小説、コミックさまざま解釈があるようで、受け手に委ねられるような結末となっている。 画像: 機動戦士ガンダムSEEDの主人公キラ・ヤマト、アスラン・ザラその後 ガンダムSEEDはキラ・ヤマト、アスラン・ザラの2人が主人公ってことでいいのかしら。 ガンダムSEED キラ・ヤマトのその後 最終決戦でクルーゼのプロヴィデンスを撃破するもフリーダムは半壊。 コクピットから投げ出され宇宙空間を漂っていたところをアスランとカガリに発見され生還。 機動戦士ガンダムSEED DESTINYへ続く。 ガンダムSEED DESTINY キラ・ヤマトのその後 戦争が終わった後は、ラクスと共にオーブに渡り、カガリより貸与されたオーブ本島近海の島にあるアスハ邸でマルキオ導師と孤児たちと共に日々を過ごし、マリューやバルトフェルド、母カリダと一緒に暮らしす。 前作SEEDより2年間このような生活をしている。 オーブでの戦闘が終結すると、アークエンジェルはオーブ軍に正式に編入され、彼はアークエンジェルクルーの中では最も高い階級となる准将として任官。 メサイア戦終了後、オーブ軍准将であると同時にザフト軍白服の資格も与えられてプラントに渡る。 キラ・ヤマト(18歳) メサイア戦終了後、オーブ軍准将(アークエンジェルクルーの中では最も高い階級)であると同時にザフト軍白服の資格も与えられて、プラントに渡る。 その後は不明。 画像: ガンダムSEED アスラン・ザラのその後 最終決戦でコックピットから投げ出され宇宙空間を漂っていたキラを発見し共に帰還。 機動戦士ガンダムSEED DESTINYへ続く。 ガンダムSEED DESTINY アスラン・ザラのその後 前作SEEDの戦後は「アレックス・ディノ」と名乗り、オーブ代表首長となったカガリのボディーガードを務めている。 メサイア戦終了後、オーブ軍准将に昇格しプラントに交渉に赴く姿が確認できる(スペシャルエディション4『自由の代償』のエピローグより) シン・アスカ(16歳) 「メサイア」陥落後ルナマリアと共にアスランによって回収される。 その後オーブの慰霊碑を再度来訪した時にキラと再び出会う。 戸惑いもあったがキラとの握手を受け入れ和解。 プラントに交渉に赴くアスランに同行する姿が確認できる。 画像: 機動戦士ガンダム00の主人公 刹那・F・セイエイその後 もう人じゃなくなったよ! ガンダム00 刹那・F・セイエイ(16歳)のその後 西暦2307年の物語。 グラハム・エーカーと交戦し、ただ世界の歪みとして破壊しようとするも相打ちに。 それでも何とか生き延び、大破したエクシアを改修しつつ世界を放浪する。 セカンドシーズンへ続く。 ガンダム00 セカンドシーズン 刹那・F・セイエイ(21歳)のその後 西暦2312年と前作から、5年後の世界。 ダブルオーライザーのツインドライヴシステムの影響で、純粋種のイノベイターへと変革。 リボンズとの最終決戦に勝利した後は、マリナの「自分の幸せを探して欲しい」という願いに背を向け、新たな争いに備え、戦争根絶を体現するガンダムマイスター『刹那・F・セイエイ』としての宿命に生きる。 劇場版へ続く。 ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer- 刹那・F・セイエイ(23歳)のその後 セカンドシーズンから2年後の西暦2314年が舞台。 地球へ襲来した地球外変異性金属体「ELS」との話。 なんやかんやで、ELFとも相互理解することができイノベイターとELS両者の特性を併せ持った存在となる。

次の

ニナ・パープルトン

コウ ウラキ その後

コウ・ウラキとは、「」の登場人物である。 :(旧:) 概要 コウ・ウラキは「」の登場人物で、である。 初登場時の階級は、年齢は19歳。 のとしては年長の部類である。 士官後、にとして配属された。 ビが基地に寄港中、試作機が に強奪され、基地に残されていた試作機に乗り込み、と対決をする。 その後もを追いかけ、幾度も闘を繰り広げる。 「才はあるが運が悪い」と言われる。 新人なのにと戦わされたり、惚れた女を敵に奪われたり、されかけたり、じゃあないと言われたり、いろいろとかわいそうなやつである・・・。 けっこう強いんだけどね・・・。 に対する知識や洞察は優れており、一で試作機が核装備であることを見抜いたりしている。 しかしにおいては、若い熱血と言う事もあり、熟練のに手玉に取られたり、女とので地上用の機でに出ちゃったり等など、相手のほうが一枚上手、と言うが多い。 最終的にはをして「二度と忘れん」と言わしめる程の立なへと成長していくが、結局と決着を着けられず、のを止めるには至らなかった。 試作機の断使用をはじめとした様々なを取らされる形で法廷で裁かれ、1年間の懲役刑を言い渡されるが、や事件自体を軍がもみ消した為に罪状が消滅し、釈放された。 劇中では釈放後にリー基地に赴任した後のは不明だが、そのまま軍に在籍し、かに入隊した、という噂がある。 そこでは罪状と同時に消滅した戦果を揶揄されて「幻の撃墜王」と呼ばれたとか。 においてはの関係で扱いされることが多い。 なにかと不遇でに勝てないという点は確かに似ているかも。 主な搭乗機• -Fb• S () 関連動画 関連商品 関連項目•

次の

コウ・ウラキ (こううらき)とは【ピクシブ百科事典】

コウ ウラキ その後

その後、ニナの方からコウに近づいて2人は交際するようになるが、負い目のあるニナはコウの為に尽くす。 コウに筆下ろしをして、その後も身体で奉仕を続けるニナ。 コウ「す…凄いよニナ、こんなテクニックがあったなんて。 どこで覚えたの?まさか、そういうお店でバイトしてたとか?」 ニナ「違うわ、勘違いしないで。 元彼に開発されたのよ。 」 と、思わずシャぶっていた口を滑らせてしまうニナ。 元彼? ガトーが脳裏をよぎるコウ… ガトーに戦いで敗北し、恋愛でも敗北したコウは、またしてもガトーの呪縛から離れられない自分にイラつく! 結局は身体のみの関係で心に隔たりがあるコウとニナは別れてしまう。 コウはキースと共にエゥーゴに参加。 そのままブライト・ノアに付いていき、ロンド・ベルへ所属していく。 傷心したままのニナはアナハイム社の幹部を約束されたビスト家の若頭、アルベルト・ビストと知り合い、自分の才能を高く評価してくれたことに存在価値を見いだすニナ。 そのまま、アルベルトと付き合い始めるが、結婚はせず、関係は続かせている。 さん 別に二人が肉体関係を持つのは不自然なことでは無いし、個人が脳内で妄想するのは自由だと思います。 しかしこういう不特定多数が利用する、本来アダルトな内容とは無関係な場では、性行為の描写は控えるのがマナーではないでしょうか。 トピック自体がアダルト指向なら別ですが。 特に下記の部分は許容範囲とは思えません。 『コウに筆下ろしをして、その後も身体で奉仕を続けるニナ。 コウ「す…凄いよニナ、こんなテクニックがあったなんて。 どこで覚えたの?まさか、そういうお店でバイトしてたとか?」 ニナ「違うわ、勘違いしないで。 元彼に開発されたのよ。 」 と、思わずシャぶっていた口を滑らせてしまうニナ。 』 くどいと思われるかもしれませんが、意図を理解して頂けてないようでしたので再度書き込みました。 あくまで一個人の考えですので、全く気にしていない方に対してはお邪魔いたしました。

次の