オスマン 帝国 外伝 シーズン 4。 オスマン帝国外伝の舞台裏や、ドラマシーン以外での出演者たち

海外ドラマ【オスマン帝国外伝シーズン3】相関図とキャスト情報 | 海外ドラマ情報室|あらすじ、相関図やキャスト情報をお届け!

オスマン 帝国 外伝 シーズン 4

「オスマン帝国外伝・愛と欲望のハレム」はトルコ版大奥のようなドラマ。 ドロドロの人間関係が描かれる昼ドラのようです。 現代と違い、争いに負ければ死が待っているという厳しい現実がさらに登場人物を過激に白熱した争いにかりたてます。 トルコ人の感性は欧米人より日本人に近いといわれます。 外国のドラマですが日本人が見ても面白い。 でもトルコの歴史や人物は知らない人も多いと思います。 そこでドラマのシーズン3に出てくる人々について簡単にわかりやすく紹介します。 ネタバレ要素も含まれているので先のことを知りたくない方は注意してください。 シーズン3で描かれる時代はオスマン帝国とサファビー朝イランの戦いが始まる1533年ごろから、メフメト王子が死去する1543年ごろまでです。 オスマン帝国の人々 主要人物 皇帝スレイマン1世 オスマン帝国第10代皇帝。 領土を広げ法律をつくりオスマン帝国の最盛期を作った人。 トルコの歴史では偉大な皇帝として知られています。 遠征好きで何度も外国と戦って領土を広げました。 その一方でハレムでは問題が多く、ハレムの人々が政治に口出しするきっかけを作ったともいわれます。 詩が大好き。 ムヒッピー(恋する者)というペンネームで詩を書いていました。 シーズン3ではサファビー朝との戦争が始まったあたり。 シーズン3で新しくやってきた側女がお気に入り。 シーズン2までのヒュッレムへの甘さは影を潜めています。 スレイマン1世の詳しい説明はこちら ・ 皇后ヒュッレム 本名はアレクサンドラ・アナスタシア・リソフスカ。 ルテニア地方(現在のウクライナ)出身。 故郷がクリミア・タタール人に襲われ奴隷として売られ宮廷に来ます。 イスラム教に改宗してヒュッレムと呼ばれました。 スレイマンの寵愛を独占。 皇后(ハセキ・スルタン)になります。 政治にも口を出して「スレイマン皇帝が魔法にかけられた」といわれるくらい影響力をもちました。 5男1女を出産。 シーズン3では名実ともにハレムのトップ。 しかし皇太子ムスタファの母マヒデブランは健在だし、スレイマンは新しい側女に夢中。 シーズン3でも女同士のバトルは止まりません。 かなり気が強くて嫉妬深い性格。 周囲の人を疑いがち。 感がするどく策略を考えるのが得意です。 ヒュッレムの詳しい説明はこちら ・ 大宰相イブラヒム ヴェネツイアのパルガ出身(現在のギリシャ)。 子供時代に徴用され皇太子時代のスレイマンと出会い仕えます。 スレイマンが皇帝になると大宰相に出世。 皇帝の代理人として大きな権力を得ました。 宰相としても優秀でヨーロッパ諸国との交渉で活躍。 ムスタファ皇子を次の皇帝にしようと支持していました。 皮肉にも最終的にはスレイマンの命令で処刑されます。 処刑の理由は諸説ありはっきりしません。 ドラマでは皇女ハティジェと結婚しましたが女官のニギャールと不倫関係に。 夫婦仲は最悪の状態からシーズン3が始まります。 あいかわらずヒュレムとは対立、次第にスレイマンとの関係に溝ができて・・・シーズン3ではついに彼の最期がやってきます。 イブラヒムの詳しい説明はこちら ・ 皇帝妃マヒデブラン マヒデブランは「美しい人」という意味。 ギュルバハル(春の薔薇)の別名も持ちます。 スレイマン1世の夫人。 ドラマでは2人め(歴史上は3人目)の夫人。 スレイマン1世がマニサで皇太子をしているときにハレムに来ました。 息子のムスタファを産んだことで後継ぎの母親として地位を高めました。 シーズン3ではムスタファの赴任先のマニサで暮らしています。 息子ムスタファを皇帝にするために恐ろしい計画をたてます。 マヒデブランの詳しい説明はこちら。 ・ 王族 ハティジェ皇女 スレイマンの妹。 大宰相イブラヒムと結婚していますがイブラヒムが不倫したため夫婦仲は最悪に。 シーズン2からヒステリックな面が目立つようになりました。 シーズン3でも機嫌の悪いところから始まります。 ・ 皇帝妃ギュルフェム スレイマンの皇帝妃。 ドラマでは1人目(歴史上は2人目)。 ハティジェと仲がよく良い相談役。 王子を出産したものの幼い頃に死亡。 現在は妃というよりハレムの管理人のような存在に。 ドラマの宮廷では数少ない常識人。 ・ ムスタファ皇子 スレイマンとマヒデブランとの間に産まれた唯一の皇子。 皇太子としてスレイマンからの信頼も大きかったのですが、ヒュッレムの策略や父との意見の違いで次第に親子の仲が微妙になってきます。 歴史上は兵士たちに人気のある皇子でした。 シーズン3始まりの時点ではマニサの知事。 女性問題で母マヒデブランを悩ませます。 ・ メフメド皇子 スレイマンとヒュレムの間に産まれた1番目の皇子。 兄ムスタファとは仲がいい。 自分を皇太子にしようする母ヒュッレムに戸惑っています。 シーズン3では物語の鍵を握る重要人物です。 終盤では王位継承問題が激しくなってついには帰らぬ人に。 ・ ミフリマーフ皇女 スレイマンとヒュレムの間に産まれた皇女。 17歳でリュステムと結婚します。 このときリュステムは39歳。 22歳の年の差婚です。 ・ セリム皇子 スレイマンとヒュレムの間に産まれた2番目の皇子。 後の皇帝セリム2世。 弟のバヤズィットとは仲が悪い。 ・ バヤズィット皇子 スレイマンとヒュレムの間に産まれた3番目の皇子。 すぐ上の兄セリムとは仲が悪い。 ジハンギル皇子 スレイマンとヒュレムの間に産まれた4番目の皇子。 病弱なところがあります。 ・ ベイハン皇女 スレイマンの妹。 夫が不正を働いたため、兄スレイマン1世によって処刑されました。 兄を憎んでいますが妹のハティジェとは仲がいいです。 ・ シャー皇女 スレイマンとハティジェの妹。 ハティジェが宮廷に呼び寄せます。 エスメハン皇女 シャー皇女の娘。 ハレムの人々 ここに載せているハレムの人々の多くは架空の人物です。 ハレムの出来事は外に伝わることがほとんどないので記録がないからです。 トプカプ宮殿 フィルーゼ 海で遭難しているところをフズル船長に助けられスレイマンのハレムで暮らすことになります。 スレイマンのお気に入りになってヒュッレムの新たなライバルになります。 実はサファビー朝の王女。 アフィフェ 新しくハレムにやって来た出納係。 皇帝の乳母でスレイマンの信頼も厚い。 ハレムの管理職は架空の人物が多いですが、珍しく実在の人物。 ・ スンビュル・アー 宦官長。 ハレムで側女達をまとめる役人。 ヒュレムたちの間に挟まれていつも苦労している。 ニギャールとは喧嘩友達。 ギュルシャー・ハトゥン ヒュッレム付きの使用人。 元マヒデブラン付きの使用人。 やりすぎることもあり問題を起こします。 マニサの人々 ファトマ・ハトゥン 元マヒデブラン付きの侍女でしたが皇太子ムスタファの側女になりました。 歴史上はムスタファの子供を最初に生んだ女性。 ・ リュメイサ・ハトゥン ムスタファの側女。 ムスタファのハレムでは最も影響力をもっていた女性といわれます。 ・ ヘレナ・ハトゥン ムスタファの側女。 ムスタファを皇子とは知らず恋してしまう。 架空の人物。 アイシェ・ハトゥン ムスタファの側女。 オスマン帝国の政治家・役人 イスケンダー・チェレビ オスマン帝国の財務大臣。 大宰相イブラヒムとともにスレイマンを補佐します。 サファビー朝の戦争中にイブラヒムとの関係が悪化して最後は処刑されることに。 ・ マトラークチェ 宮廷史家。 歴史書の編纂や記録用の絵画をかいていたオスマン帝国の役人。 出身国のボスニアでは有名な人物。 ボスニアのレオナルドダヴィンチといわれます。 ・ アヤス・パシャ 宰相。 イブラヒムの死後、大宰相になります。 ・ ヤヒヤ・ベイ オスマン帝国軍人であり詩人。 ムスタファの支持者。 フズル・ハイレッディン提督 オスマン帝国海軍提督。 キリスト教国ではバルバロス(赤ひげ)のあだ名で恐れられました。 ・ リュトフィ・パシャ シャー・スルタンの夫、後に大宰相になります。 エブッスード・エフェンディ スレイマンが信頼するイスラム教の法学者。 実在の人物。 ・ オスマン帝国の人々 ニギャール 架空の人物。 元女官長。 イブラヒムと不倫関係になって娘を出産。 ミマール・シナン オスマン帝国で有名な建築家 ドラマの演出は面白くしているので歴史と違うこともあります。 背景がわかってるともっとドラマが楽しめるのは間違いありませんよ。

次の

オスマン帝国外伝〜愛と欲望のハレム〜

オスマン 帝国 外伝 シーズン 4

すみません… シーズン3もすべて見たものの、 忙しくあらすじネタバレ記事の更新が大幅に遅れてしまいました。 が、シーズン3を見終わった感想として、 オスマン帝国外伝は2020年の「最も面白い海外ドラマ」といえるということです! こんなに夢中になれるドラマ、本当にありませんでした。 時系列で史実をもとにしたフィクションを、魅力ある役者たちが名演技で、豪奢なトルコの服飾品とともにストーリーを再現する。 幼いころから思いを寄せていたマルコチョールに求愛するも… 結局母・ヒュッレムの勢力争いに巻き込まれて、好きでもないリュステムとの結婚をすすめられます。 リュステムはニギャールを簡単に捨て、淡い思いを抱いていたミフリマーフとの結婚話に夢中。 己の野心のためだけに、ヒュッレムの腰ぎんちゃくとして暗躍を続けます。 優秀な人材としてスレイマンの覚えもめでたく、頭角を現し始めます。 私はリュステムが好きになれないので、マルコチョールを応援しつづけました。 ミフリマーフの結婚はいかに?!! 後宮の勢力争いに巻き込まれた幼い少女は、やがてどっぷりと、後宮のブラックホールに吸い込まれていきます。 そして、母を超える「政治を操る女性」へと、成長していくのです。 マルコチョールの苦悩 シーズン2では大人気だったマルコチョール。 シーズン3でも帝国軍人として忠実な皇帝の側近として活躍します。 実直でうそのないマルコチョールをスレイマンも気に入り重宝しますが… ミフリマーフからの求愛や、 ミフリマーフの想い人として、リュステムから数々の嫌がらせを受け、後宮にうんざり… シーズン3のラストでは、勇気ある決断をスレイマンに申し出ることになります。 後宮にいながら、後宮のどろどろに一切無縁だった珍しい清い心を持った人で、イケメン…。 ますますファンが増えそうな予感です笑 マルコチョールとミフリマーフとの恋愛劇も、シーズン3の大きな見どころの一つとなっております! ムスタファの苦悩 歩兵部隊に大人気で、次期国王として期待が集中するムスタファ。 突出した指導者としての才能を、マニサの県知事として発揮し始めます。 が、行き過ぎた采配は、スレイマンの不信を買うことに…。 父から諫められ、冷蔑され、子どもの頃の父への思いを募らせて苦悩します。 なんとか皇帝スレイマンに忠実であることを示そうとするも、すべて裏目に出てしまい、ついには継承者にあるまじき沙汰をくだされ、失意のどん底に落とされます。 これはつらい…ムスタファは優秀だし品性もあるし(イケメンだし)、次期皇帝として立派に継いでほしかったのに… メフメトとの兄弟のきずなが危ういこともつらいです。 シーズン3ではムスタファと家族の間の亀裂も見どころ。 シーズン4では、ムスタファとスレイマンの対立も見どころとなってくるでしょう。 マヒデブランの苦悩 愛しの息子、ムスタファがどんどん苦境に立たされて、気が気じゃないマヒデブラン。 スレイマンに息子の忠誠心を訴えるも… 同時にヒュッレムの陰口をふきこみ、かえってスレイマンを怒らせるなどして苦悩します。 後宮から離れているものの、ムスタファという優秀な息子ゆえに権力争いの火の粉をいやでもかぶり、頼みのイブラヒムは死亡。 ハティジェは半狂乱。 シャーは、ムスタファよりも保身優先で苦境に立たされます。 ハティジェの復讐 イブラハムの処刑を受け、復讐心に燃えるハティジェ… 心が卑屈になり、言われるままに次の宰相の嫁に行くも、復讐心はやむことがありませんでした。 味方であるはずの姉のシャーに対する敵対心も手伝い、どんどん暗い表情へ。 新しい夫とも全く打ち解けず、苦しみは続きます。 ハイレディンもどこかで一回大宰相をやっていた気がします。 大航海時代(ゲーム)でそんなこと言ってたようなwうろ覚えなので確かじゃありません>< シャーの行く末 母后にかわるヒュッレムの強力ライバルとしてシーズン3より登場した、スレイマンの妹シャー。 権謀術数に長けて頭もよく行動力もあり。 優秀な部下もいて、威厳も品性もあり。 ヒュッレムに強気の作戦を数々繰り広げ、一度はヒュッレムを後宮から追放するのに成功しました。 が… 若いころに淡い思いを寄せていたイブラヒムの妻だった妹のハティジェとも、気持ちの上で対立。 好きでもないのに強制結婚させられた夫とも不仲がどんどん進行。 結局、夫が失脚。 ハティジェが復讐の炎に焼かれ… 一人残ったシャーは、それでも皇族として後宮を支配しようとするも… そんなシャーに鉄槌を下したのは、ヒュッレムではありませんでした。 ヒュッレムをも上回る、新たな後宮の支配者が、シャーをいとも簡単に後宮から追い出したのです。 忠実な僕のメルジャンと、心を通わせる場面が何度もあり、かなわぬ恋に打ちひしがられる2人の姿には胸を打たれました。 ヒュッレムの災難と強運 ヒュッレムは相変わらず四面楚歌の敵ばかり。 イブラヒムの復讐に燃えるハティジェ。 後宮の秩序を皇室に取り戻そうと、罠をたくさんしかけてくるシャー。 幾度もの災難に見舞われ、シーズン3では一時後宮を追放されます。 このまま後宮から離れたまま? と思いきや、策略をめぐらし…、再び後宮の支配者として返り咲くことになりました。 スレイマンとの強い情愛も変わらず。 ただ、シーズン3のクライマックスで、未だかつてない厄災がヒュッレムに降りかかります。 そして強力な母であるヒュッレムがいなくなった子どもにも、厄災がふりかかることに… バヤジトとセリム ヒュッレムの次男と3男の、年子であるバヤジトとセリム。 2人は年齢の近い男児として、なにかと対立をしています。 子どものうちは兄弟げんかで片付いた対立も、大きくなるとただごとじゃありません。 「1個年上である」というだけで威張り散らすセリムに対し、負けん気が強く優秀なバヤジトは反抗し…何度もスレイマンの怒りを買うことに。 私は断然バヤジト派です。 (かわいらしいから。 セリム、憎たらしいです笑) 2人の大人になってからの様子は、 にすべて書きました。 ネタバレ覚悟で史実を見たい!という方のみ、ご覧ください。 オスマン帝国外伝のシーズン4は、大人になったセリムとバヤジト、そしてムスタファとの対立が、豪快に描かれていくことになると思います! ミフリマーフの権力 ヒュッレムの美貌と性格をそのまま受け継ぎ、さらには「皇族」であるミフリマーフ。 奴隷上がりの母と違って、生まれながらの品性と権力を持っています。 度重なるヒュッレムへの厄災に腹を立て、ついには伯母たちにかみつくミフリマーフ。 シャー「私を誰だと思っているの?」 ミフリマーフ 「伯母様こそ、私を誰だと思っているんですか?皇帝スレイマンの一人娘よ?」 スレイマンの妹たちよりも大きな寵愛を受け育ったミフリマーフは、母ヒュッレムへの数々の嫌がらせに、ついに怒りが爆発します。 そして 振るった鞭の効果は絶大… 後宮でミフリマーフに逆らえる人は、だれもいませんでした… 怖すぎマジで。 あかーん!ミフリマーフ、権力の鞭ふるったら、あかーん メフメトの苦悩 ヒュッレムの長男で、スレイマンの一番のお気に入りの息子、メフメト。 父にも兄ムスタファにも忠実で誠実。 特にムスタファが苦境に立たされてからは何度も、スレイマンを説得するという兄想いの優しい弟。 ムスタファが苦境に立たされるたびに、兄の名誉を思い心の底から苦悩しました。 いじらしくムスタファに和解を求めに行くなど、メフメトなりに自分に野心はないことを釈明します。 メフメトは誰よりもムスタファも父も母も愛する素朴な青年でした。 が… 母ヒュッレムが突然苦境に立たされ… 怒ったメフメトは、思わず敵対勢力のムスタファにつめよります。 「母に何をした?嫌がらせもいい加減にしろ!」と… 兄弟の仲が完全に決別した瞬間でした。 無実のムスタファは絶望とともに、母のマヒデブランとともに宮殿を去り…。 メフメトは、かねてから希望だった県知事に赴任します。 そして、悲劇が待っていました… さいごに 特に取り上げる話題は一個もなかったけど、マトラークチュもずーっと出ていました。 マトラークチュ、史実の人物で有名なんですよね。 役者さんも平和で害のない顔立ちだし、優しさも正義もあるし、剣術も強いし。 権力争いにも不思議と巻き込まれず、イブラヒム死後もスレイマンに重宝され続け… なのに、ここまで後宮の争いに巻き込まれずに来るって、もう天才です。 存在が崇高です。

次の

【8月3日よりチャンネル銀河で日本初放送決定!】「オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~」シーズン4 世界90カ国で大ヒットのトルコドラマ、ここに完結!|チャンネル銀河 歴史ドラマ・サスペンス・日本のうたのプレスリリース

オスマン 帝国 外伝 シーズン 4

ドロドロの愛憎劇にハマる人続出! CSエンターテインメントチャンネル「チャンネル銀河 歴史ドラマ・サスペンス・日本のうた」(チャンネル銀河 株式会社、東京都千代田区、代表取締役社長:住田和嘉子)は、4シリーズ計312本の超大作であるトルコドラマ「オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~」シーズン4(以下「オスマン帝国外伝」)を8月3日(月)より日本で初放送することを決定いたしました。 [] 特集ページ: 女たちの闘いは遂に最終章へ!後継者争いの結末は? チャンネル銀河では、2017年に日本で初めてトルコドラマ「オスマン帝国外伝」を放送し、熱狂的なファンを生み、ハマる人が続出した。 オスマン帝国を46年という長きにわたり支配し、最盛期に導いた第10代皇帝スレイマンと、皇帝の寵愛を受け、奴隷から皇帝妃にまで上り詰めたヒュッレムを中心に、嫉妬と欲望、そして愛憎渦巻く宮廷を舞台に繰り広げられる、まさにトルコ版「大奥」ともいえる超大作。 人気の秘密は、日本でも好評の中国や韓国の愛憎劇をも超えるドロドロのストーリー展開である。 さらに、トルコを中心に東地中海を支配したオスマン帝国の最盛期を圧倒的な迫力と豪華絢爛な映像美で描き、歴史ドラマ好きを含む多くの視聴者を釘付けにした。 [] シーズン4では、老境を迎えた皇帝スレイマンの皇子たちが、皇帝の後継者の座を巡る骨肉の争いを繰り広げていく。 そんな中、皇帝妃マヒデブランの息子で才気に富む最年長の皇子ムスタファを次期皇帝に望む謎の組織が出現。 一方で、ヒュッレムは我が子を玉座に就けるため、全力でムスタファを潰しにかかる。 後継者争いを制するのは誰か?壮麗王スレイマンの治世を描いた壮大な物語がここに完結する。 [] 駐日トルコ共和国特命全権大使 H. ムラット メルジャン氏より「オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~」シーズン4日本初放送に寄せて 「オスマン帝国外伝」最終シーズンの放映を、心より祝福いたします。 世界上位のドラマ輸出国であるトルコから、90カ国以上に輸出された「オスマン帝国外伝」が日本の皆様にも好まれて視聴され、ついに最終シーズンを迎えたことは嬉しい限りです。 ドラマを通して、視聴者の皆様がトルコの壮大な歴史、豊かな自然、美しい芸術に興味をもっていただけたらなによりです。 それでは皆様、「オスマン帝国外伝」のクライマックスをお楽しみください。 同じ頃、ルテニアではアレクサンドラ(後のヒュッレム)が家族と婚約者を殺され、タタール人の奴隷商人に捕えられていた。 その後、スレイマンのハレム(後宮)に奴隷として献上されたアレクサンドラは、スレイマンの寵愛を得て男子を産めば、ハレムで絶対的な権力を得て生き残れるということを知る。 皇帝妃マヒデブランによる嫉妬と陰謀の渦に巻き込まれながらも次々とスレイマンの子供を産み、寵妃としてハレム内での存在感を増していく。 やがて奴隷の身分から解放され、スレイマンと正式に結婚。 さらにハレムを管理していた母后ハフサが亡くなると、スレイマンからハレムの長に任命されるのだった。 ハレムの統治者となったヒュッレムの次なる野望は、最愛の息子メフメトを玉座に就かせること。 しかし、同じくムスタファを玉座に就かせようとするマヒデブランの陰謀により、メフメトは命を落としてしまうのだった……。

次の