生理前 体重増加 3kg。 わかっているけどやっぱりショック!生理前の体重増加の原因や対策

ダイエット中は要注意!生理前に太らないための方法

生理前 体重増加 3kg

はじめまして。 むくみも気になっています。 顔と、下半身。 あと、手の指も。。 これは体内に水分を溜め込み易い為、この時期は2キロ前後の水分貯蓄は普通におこります。 よってその分、体重も増加される訳ですが、これは「脂肪が増えた」という事ではありません。 生理が終わると元の体重に戻りますので、焦る必要はないのです。 ただ厄介なのが食欲が増進すること。 これもホルモンの関係なのですが、食べ過ぎた結果、体重が増えてしまう事にも…。 この間も脂肪は燃焼されていますので、気をぬかずにダイエットを続けましょう。 逆に生理が終わって、約2週間は、水分や老廃物の排出を促す卵胞ホルモンが多く分泌されるので、痩せやすい時期なんですよ。 生理の予定はある程度分かるとおもいますので、ホルモンの関係と上手に付き合あえば、ダイエットもスムーズになります。 異常なくらいお腹すくし食べてもあんまり増えなかったのでラッキーと思っていましたが3か月たっても生理がきませんでした。 さすがにやばいのでジムにいくのを減らし食事もちゃんととるようにしたら5月になっていきなり2キロくらい増えて もしかして生理かなと思ったのですがきませんでした。 2週間前に婦人科いって注射したらようやく昨日きました。 体はずっと準備していたんだなと思ったらいじめて申し訳なくなりました。 今2日目で3キロくらい増えてやばいのですがこれからは無理ないダイエットしようと思います。

次の

生理前の体重増加の理由は?生理前の何日前から太るの?

生理前 体重増加 3kg

生理前・生理中にむくみやすいのはなぜ? 生理前や生理中はホルモンバランスが乱れることで身体に影響を与えます。 その中でも特に大きな変化は以下の3つです。 便秘がちになる 生理前になると便秘がちになる人は多いです。 ガスが溜まりやすくなり、おなかがぽっこりと膨らんでしまうこともあります。 これは生理の影響で腸の働きが弱くなっていることが原因です。 食欲の増加 生理前はプロゲステロンという黄体ホルモンが増加します。 プロゲステロンはインスリンの働きを弱めてしまい、大量に分泌するように促す作用のあるホルモンのため、血糖値のコントロールがうまくできなくなることで食欲が増進されてしまいます。 むくみ 一説によると 約70%の女性が生理中にむくんでしまうと推測されているようです。 生理前、生理中は体内の水分量が増加する傾向にあります。 プロゲステロンの増加による栄養や水分を溜めこむ働きや、エストロゲンによる肌の水分を保持しようとする働きが主な原因です。 さらに1の腸の働きが弱くなることや、マグネシウム不足も水分量の増加の原因となります。 体内に余分な水分が溜まってしまうことによりむくみが引き起こされてしまうのです。 今回は生理前から多くの女性を悩ませるむくみについて原因や解消方法を詳しく説明していきます。 生理前や生理中に体重が増加するのはむくみが原因だった? むくみに悩まされているとき、体内は余分な水分や老廃物を溜めこんでしまっている状態です。 排出できないことが原因で体重が増加してしまうのはもちろんですが、原因はそれだけではないのです。 代謝の悪化 プロゲステロンは妊娠に備えて栄養や水分を溜めこむ働きがあります。 水分の排出や脂肪の代謝が悪くなることでむくみを引き起こすだけでなく、痩せにくく太りやすい状態になってしまいます。 血糖値の低下 プロゲステロンのインスリンの分泌を促す作用により血糖値が急激に下がります。 低血糖状態になってしまうことで甘いものを食べたくなってしまい、食べ過ぎが原因で太ってしまっているということもあります。 マグネシウムの不足 生理前から子宮は収縮し始めます。 このとき子宮の筋肉を緩めるためにマグネシウムを使うことで不足してしまいます。 マグネシウムはインスリンの分泌を抑制する働きがあるため、食欲の増進に関係してきます。 体重の増加はプロゲステロンの分泌が増加し始める 排卵日から始まります。 生理の始まる4~5日前からむくみや食欲の増進がはっきりとし、生理が始まると徐々に収まっていきます。 生理が始まって2~3日でエストロゲンが増えると、 体重が減少し始めます。 一般的にはこの生理前から生理中の体重の増加は1~3kgと言われています。 個人差はあるものの、 1~3kg以内ならば正常なのであまり気にする必要はありません。 生理におけるむくみの解消方法 生理前や生理中の体重増加とむくみは大きく関係があるようですね。 生理が始まれば徐々にむくみは解消されていきますが、自分でもケアをきちんとすることでより早くむくみを解消していくことができます。 マッサージ マッサージで血流やリンパの流れを良くしてむくみを解消しましょう。 身体を温めてから行うとより効果的です。 きつくない程度に継続して毎日行うようにすると効果的です。 身体を温める 身体が冷えてしまうと血液の流れが悪くなり、老廃物も溜まりやすくなってしまいます。 身体を温めることで冷えを予防し、むくみの解消だけでなく肌荒れや便秘の悪化も予防しましょう。 夜は特に湯船にゆっくり浸かることを意識しましょう。 生理中は特に身体が冷えやすいため、腹巻やレッグウォーマーなど防寒着を着用し、カイロなども使用するといいでしょう。 食事や飲み物も温かいものにして内臓から冷やさないようにしましょう。 睡眠 睡眠中は 水分代謝が促進されます。 そのため、むくみの解消には十分な睡眠が必要となります。 さらに22時~2時には成長ホルモンが多く分泌され、より代謝を高めてくれます。 早めの就寝を心がけましょう。 睡眠の質を上げるためにも、寝る前のパソコンやスマホのブルーライトはなるべく避けるようにし ラベンダーなどのアロマでリラックス効果も高めるとより効果的です。 また、クッションや座布団を足元に置き、足を心臓より高くして寝るのも良いでしょう。 食生活 塩分やアルコール、カフェインなどは控え、カリウムを摂取することを心がけましょう。 塩分やアルコールは体内に余分な水分を溜めやすくしてしまいます。 外食や加工食品、スナック菓子などは塩分濃度が高いためできるだけ控えるようにし、アルコールは避けるのが無難です。 炭酸や砂糖の多く含まれるスポーツ飲料なども避けるようにしましょう。 カリウムは体内の余分な塩分を排出する働きがあり、水分代謝を改善してくれます。 バナナやアボカド、ジャガイモ、かぼちゃ、トマト、きゅうり、セロリ、スイカ、りんごなどの野菜や果物に多く含まれています。 小豆や海藻類、きのこ類にも含まれているので積極的に摂り入れるようにしましょう。 着圧ソックス 着圧ソックスは足に圧をかけて余分な水分を溜めないようにしてくれます。 ストッキングタイプなどで昼間に使用するのもいいですし、就寝中に履ける夜用のタイプも効果的です。 圧が強すぎると逆に血行が悪くなってしまうため、自分に合った強さのものを選ぶようにしましょう。 ついでに生理前・生理中に太らないための方法も! 生理前や生理中は太りやすくなる原因がたくさんあります。 少しでも太りにくくするための方法4選! 1. 体重記録 生理のサイクルや体重の増減には個人差があります。 自分のリズムを理解し、体重の変化を把握するようにしましょう。 生理による影響で増減する数値を把握していると、そこから出てしまった時に食生活や生活習慣を見直すことができます。 まずは自分の身体のことを知ると、太りにくく意識して生活することができます。 緩やかに血糖値を上昇させるために、食物繊維(野菜)から先に食べるようにしましょう。 かぼちゃやさつまいもは甘みもあり、お腹に溜まりやすいため満足感を得やすいです。 ダイエットフードとして有名なチアシードは水分を吸収することで10倍に膨れ満足感を得られるだけでなく、栄養も満点です。 豆乳に含まれる大豆イソフラボンが食欲の増加を抑え、大豆サポニンが脂肪の吸収を抑えてくれます。 さらにカリウムはむくみの解消に、オリゴ糖は便秘の改善に効果が期待でき、ダイエットには最適です。 軽い運動 運動不足の女性の方がPMSの影響が出やすいと言われています。 PMSのイライラが原因で過食やストレスなどダイエットへ負の影響を与えかねません。 激しい運動ではなく、軽い運動(ストレッチやウォーキング)をするとPMSを軽減することができます。 また、運動をすることで血行も良くなり、筋肉を鍛えることで腸の働きも活発になるため、便秘の予防にもなります。 サプリメント 生理前に過食したり、気持ちのコントロールがうまくできなくなるのはPMSが原因の可能性があります。 病院で薬を処方してもらうこともできますが、サプリメントでも症状を緩和させることもできます。 PMSの医薬品と同じチェストツリーが配合されている製品などもあります。 ビタミンB6やカリウムの不足している人もPMSの症状がでやすいため、場合によってはサプリメントで補っていくようにしましょう。 生理前は気持ちが滅入りやすく、感情のコントロールがしづらくなります。 普段から運動などでストレスを解消しておくことが1番大切です。 まとめ 主に食生活を改善することで生理前や生理中の体重の増加は軽減・解消できるようです。 私自身も生理の時期はむくみやダイエットの停滞期で悩まされてきました。 これを機に生理前後の悩みと決別できるような生活に改善していきましょう!.

次の

生理前や生理中にむくむのはなぜ?体重増加はむくみが原因だった?

生理前 体重増加 3kg

生理前の体重増加の原因とおすすめの対策法! ダイエットを開始して順調に体重が落ちていたのに、 生理前になると減るどころか逆に増えていた、なんてことはありませんか? また、普段の食生活から栄養バランスを考え、暴飲暴食などはしていないにも関わらず、 生理前だけはなぜか 体重が増えてしまう・・という悩みを抱えている方はいないでしょうか? せっかく頑張っていたダイエットが無駄になったり、これといった理由もわからない状態で体重が増えるのは、なんだか納得がいかないですよね。 2つに共通しているのは、どちらも 生理前に体重が増えるということ。 確かに生理前は食欲が増してつい食べ過ぎてしまう・・なんてこともあるかもしれませんが、実は原因はそれだけではないのです。 そこで今回は、 生理前に体重が増える原因と、体重増加を防ぐ対策法を調べてみました。 生理前になると体重が増える原因や理由 生理前になると体重が増えてしまい困っている、という女性は多いのではないかと思います。 これには、 生理前に分泌量がピークになる黄体ホルモン(プロゲステロン)が関係しています。 プロゲステロンは、排卵から生理前にかけて徐々に分泌量が増えていくホルモンです。 プロゲステロンには、妊娠に備えて体の水分や栄養を蓄えるという重要な役割があるため、水分の排出や脂肪の代謝が鈍くなり、太りやすくなってしまうのです。 とは言え、この場合の太るは、体脂肪が蓄積するのではなく、あくまでも妊娠に備えたプロゲステロンの作用によるものですので、生理が終わると自然と元に戻るのが通常です。 しかし、プロゲステロンには、食事をした際に膵臓から分泌されるインスリンというホルモンの働きを弱めてしまう、という作用があります。 インスリンは、食べ物に含まれる糖を分解することで、食後の血糖値を抑える働きを行っていますが、この働きが滞ってしまうと血糖値が下がらずに急激に上がってしまうため、それを下げようと大量のインスリンが分泌されてしまいます。 血糖値が急激に上がり、なおかつインスリンによって今度は急激に下がってしまうと、低血糖状態と認識した脳が「もっと糖分を摂りなさい」と体に指令を出します。 生理前によく甘いものが無性に食べたくなると言いますが、それにはこのような働きが関係していると言われています。 当然ながら、甘いものを食べ過ぎてしまえば太ってしまいますし、この場合はそのまま脂肪となってしまうため、生理が終わったからといって元に戻ることはありません。 生理と女性ホルモンの関係 生理前になると体重が増えてしまうのは、女性ホルモンの働きが深く関係しています。 そもそも、生理は2つの女性ホルモン( 卵胞ホルモンと 黄体ホルモン)の作用によって起こるもの。 卵胞ホルモンは、エストロゲンとも呼ばれるもので、生理後に分泌量が増えていき排卵前にピークを迎えます。 エストロゲンは、卵巣から排出された卵胞を成熟させ、子宮内膜を厚くするなどの働きによって妊娠しやすい環境を作るために欠かせないホルモンですが、同時に肌のハリやツヤ、女性らしい丸みを帯びた体つき、仕事や勉強などに対し積極的な意欲を持つなどの作用も持っています。 生理後から排卵日頃までは、比較的体調がよく、ダイエットも上手くいくように感じている方も多いのではないでしょうか。 一方のプロゲステロンは、先述した通り、水分や栄養を溜めこむため、体がむくんだり体重が増えやすい時期です。 また、気分的にもイライラしたり不安定になったりと、排卵から生理前は体調がよくないと感じる方も多いはずです。 こんなに調子が悪くなるなら、「ずっとエストロゲンだけ分泌されていればいいのに」と思ってしまいますが、プロゲステロンは妊娠を継続させるためには必要不可欠なホルモン。 この2つのホルモンが交互に分泌量を増減させることで、生理が起こるのです。 生理の何日前から体重が増えるの?3~5キロ増える人もいるってホント? 生理前に体重が増えてしまう仕組みについてはわかったものの、それでは生理のどれくらい前から上記のような症状が現れるのでしょうか。 これについては個人差があり、一概に何日前とは言えないようですが、 おおよそ生理が始まる一週間前からプロゲステロンの作用によって体がむくんだり、食欲が旺盛になるようです。 なお、この時期に体内で増える水分は、2000mlと言われています。 これを重さに換算すると1~3kg程度。 つまり、それくらいの増加であれば許容範囲というわけです。 しかし、プロゲステロンにはインスリンの働きを弱めることで過剰分泌を促し、甘い物を摂りたいという欲求を強く起こさせ、イライラや気分の浮き沈みからストレスによる過食を促すなど、食欲を増強させてしまう作用もあります。 そのため、生理前後の体重の変動が3kg以上ある場合は、生理が終われば自然に元に戻る水分などの他に、食べ過ぎによって蓄積した脂肪である可能性もあります。 生理前・生理中に太るのを防ぐには?その対策法! 生理前や生理中に太ってしまうのは、プロゲステロンというホルモンの作用によるもの。 そのため、「生理前や生理中は絶対に過食をしないようにする!」などのように意思を持っても、実際にそれを守るのはかなり大変と言えます。 とは言え、食欲をコントロールできないことには、太っていく一方ですよね。 そこで提案したいのが、 食べても太りにくいものを食べる、という方法です。 例えば、血糖値が上がりやすいお菓子やご飯、パンなどは、食べてしばらくすると血糖値が下がることで、すぐに空腹を感じてしまします。 それよりも、食物繊維が豊富な食品を選ぶことで、血糖値の急激な上昇を防ぎ、長く胃腸に留まるので満腹感が持続させることができます。 食物繊維が多く含まれる食品は数多くありますが、女性ならばサツマイモやカボチャはいかがでしょうか? 食物繊維が多いだけでなく甘みも十分にあるので、満足しやすいと思います。 豆乳で生理前の体重増加を防ぐ方法とそのやり方 生理開始の7~10日ほど前から、一日200mlの豆乳を食前かもしくは間食時に飲むようにします。 豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、エストロゲンに似た働きをすることから、プロゲステロンによる食欲の増加を抑える効果が期待できます。 また、同じく豆乳に含まれる大豆サポニンには脂肪の吸収を抑える働きがあり、その他にもむくみに効果のあるカリウムや、腸内環境を整えお通じを改善する効果があるオリゴ糖など、豆乳には体重の増加を抑える働きが数多くあります。 生理前からむくみにくい体を作るにはどうすればいいの? 体のむくみを解消したり、むくみにくく予防するには、下半身の筋肉をつけることが大切です。 人の体の筋肉の7割は下半身にあると言われており、下半身の筋肉が少ないと血液やリンパ液などの流れが悪くなって、むくみが起こりやすくなります。 むくみを解消、予防するのは運動が最もよい方法です。 とは言え、ハードな筋トレを行う必要はなく、ウォーキングやジョギング、水泳など、手軽に始められることを楽しみながら行うことが大切です。 もし、運動をする時間がとれないということであれば、通勤や通学、スーパーへの買い物の時に自転車に乗るなど、工夫をしてみましょう。 生理前に体重が増える理由と生理前の体重増加を防ぐには?のまとめ 生理前の体重増加は女性として気になるところですが、1~3kg程度は生理が終われば自然と減っていくため、特に気にする必要はありません。 それよりも、生理前は気持ちが滅入りやすい時期ですので、普段から運動をしてストレスの解消を行い、生理前でもいつも通り過ごせるよう、心身を整えておくことが大切です。

次の