ビック エコー joysound。 カラオケ ビッグエコー上野駅前店

カラオケで、JOYSOUNDで歌いたいのですが、何をすればJOYSOUNDになる...

ビック エコー joysound

カラオケ店で受付待ちをしていると必ず耳にするワードがあります。 「機種はいかがしますか?」 言うのは店員さんです。 それに対するお客さんの答えもさまざまで 「JOYSOUNDで」「DAMでお願いします」「LIVE DAMのSTADIUMって空いてますか?」 と、なにやらよく分からない言葉がでてきます。 機種そのものの総数は多いのですが、現在はどの機種であっても上記のいずれかのシリーズに必ず属します。 ゆえに、この2つのシリーズの違いを押さえておけば皆さんにあった機種というのが分かります。 それぞれで違っている部分が多いので、ぜひとも参考にして下さい! DAMシリーズとJOYSOUNDシリーズの違いは? DAMシリーズとJOYSOUNDシリーズ、その違いをまとめると以下のようになります。 どれだけ音が良くてもそもそも歌いたい曲が歌えなければ意味がありません。 曲数に関してはJOYSOUNDが30万曲という膨大な数を収録しています。 DAMは23万曲と記載しましたが、こちらはLIVE DAM STADIUMのときのデータであり、LIVE DAM Aiではさらに多くなっていることが予想されます。 おそらくですが収録数ではDAM、JOYSOUNDでそこまで差はないでしょう。 ただし、JOYSOUNDにしかない曲もあれば、DAMにしかない曲というのもありますのでそこは注意が必要です。 そして大事なことですが、 メジャーな曲はどちらのシリーズも収録しています。 過去のオリコン上位曲はもちろん、最近ではある程度の認知度があれば収録されていると考えて間違いないでしょう。 ただ、マイナーなアニメソングやボーカロイド曲、東方曲やアルバム収録曲、インディーズ曲などを見てみるとJOYSOUNDに軍配が上がりやすいです。 ですが最近はDAMもこういった方面の曲に力を入れています。 DAMで「東方系」「ボーカロイド系」というジャンルを見たことがあるかもしれません。 DAMが力を入れている証拠ですね。 また、ネット上ではDAMシリーズ、JOYSOUNDシリーズ共に歌が機種に入っているかどうか検索するページがあります。 心配な曲は事前に調べておくとカラオケで焦ることも少ないのでオススメですね。 DAM楽曲検索ページ LIVE DAM用。 他の機種ではない場合あり JOY楽曲検索ページ それぞれの機種の採点機能の違いについて カラオケと言えば採点機能!と言われるほどに知名度の上がってきた項目です。 最近は一人カラオケ専門店も増えてきて、そういったところを利用する人の目的の1つでもあります。 テレビでもよく使われていますね。 さて、そんな 採点機能ですが、機能としての違いはあまりありません。 以前のJOYSOUNDの採点機能は酷いもので、ビブラートを入れるだけで98点が出る、という謎の仕様だったのですが、JOYSOUND MAXになってから一新されました。 DAM、JOYSOUNDどちらも精密(分析)採点、ランキング採点共に保持していますし、採点項目も今はそこまで違いはないです。 ですが、JOYSOUND f1以前の機種の場合は上に述べたような謎の仕様の採点となりますので注意してください。 また、知名度に関してはDAMシリーズに軍配が上がります。 では、採点での難易度はどうかというと、体感になってしまいますがDAMのほうが難しいと私は感じました。 一般的にもDAMの精密採点の方が難しいと思います。 同じ曲でもDAMの精密採点DXでの平均点は81点、JOYSOUNDの分析採点マスターでは平均点は88点だったりします。 このくらいの点差は多くの曲で見られます。 DAMよりもJOYのほうが7点高いので、 JOYSOUNDの採点の方が易しいということになります。 どちらの採点で高得点を取った方が嬉しいか、あるいは周りが騒いでくれるかというのもありますが、それぞれの違いは簡単におさえておくと良いでしょう。 それぞれの機種の音質の違いについて 音質についても気にする人が多い部分かと思います。 一覧にも書きましたが、DAMシリーズの音質は基本的にどの曲も良好です。 原曲を聴いているのとあまり変わらない音質ですし、LIVEコンテンツではあまりの再現度に驚くくらいです。 また、生音演奏というプロの方が演奏した音質の曲や、原音をそのまま利用した曲など種類も多いです。 一つの曲で生音演奏、まま音、ノーマル、良音、など多数のバージョンがあるのも特徴です。 一方、JOYSOUNDについても音質は良いのですが、曲によってはあれ?と気になることもあります。 有名な曲については問題ないのですが、マイナーな曲やロックバンド系の曲になると音が軽く聴こえることもあります。 おそらくですが、伴奏に使用している楽器の種類にそもそも差があるのではないか?と感じています。 そのため、個人的な感想となりますが、音質はDAMシリーズの勝利です。 またネットを見ていても、友人に聞いてみても DAMの方が音質は良いという声は多いです。 逆にJOYの方が音質は良い、という声は残念ながら耳にしません。 とはいえその人その人によるものでもありますので、一度JOYSOUND、DAM両方を利用してみて良い音質と思う方を利用するのが1番かと思われます。 それぞれの機種の専門店について これは違いというわけではないのですが、2つの機種にはそれぞれ専門店があります。 専門店というのはその機種しか置いていない(あるいはその機種が圧倒的多い)お店の事を言います。 DAMシリーズの場合はビックエコー、JOYSOUNDシリーズの場合はカラオケ JOYSOUNDがそれにあたります。 これらの店に行った場合はそもそも機種のシリーズは決まっているので特に指定する必要はありません。 そのシリーズのどの機種か、というのは言われるかもしれませんが、その場合は上の表を頼りに、どのくらい古い機種なのかを判断すると良いです。 ちなみにビックエコーは全国400店舗以上、カラオケ JOUSOUNDは100店舗以上あるそうです。 お近くの店舗を探してみるのも良いかもしれません。 ビックエコー店舗検索 カラオケJOYSOUND店舗検索 カラオケの機種の違いまとめ ~おわりに~ DAMシリーズ、JOYSOUNDシリーズの機種での大きな違いというのは「収録曲数」および「伴奏の音質」になります。 前者に関してはJOYSOUNDが、後者に関してはDAMが全体的には一歩リードしているように思えますが、一概にどちらの機種が優れているか、ということは断言できないと思います。 ただ、JOYSOUNDシリーズを好むのか、DAMシリーズを好むのかは人によるところだと思いますので、実際にどちらも試してみて決めるのが良いでしょう。 前回はDAMだったから今回はJOYSOUNDにしよう、というふうに交互に指定していくのも楽しいかもしれませんね。

次の

カラオケで歌ったものを残したい!カラオケの録音方法まとめ

ビック エコー joysound

ども、TONY編集部です! 皆さんは、カラオケに行ったらどこに行きますか? カラオケ館、まねきねこ、歌広場、シダックス... いっつもテキトーに選んでる、なんて方も多いですよね。 そんなカラオケ店の中でも、全国で一番の店舗数を誇るのが、カラオケ【ビックエコー】 今回は、「ビックエコーをもっとお得に!」というコンセプトで、 料金やクーポンなどの基本情報からお得な情報をドンッとピックアップしてご紹介! BIG ECHO ビックエコー)って? 精密採点などで有名なあのカラオケ機種、 DAMシリーズを出している第一興商が運営しているカラオケ店です。 BIG ECHOといったら、特徴は何といってもその店舗数。 基本料金 そんなビックエコーですが、基本料金は店舗によって少し変わってきます。 23:00~5:00 1ドリンク制 日~木・祝 会員:1,150円 一般:1,550円 金・土・祝前日 会員:1550円 一般:1800円 他のカラオケ店と比較すると、料金は少し高目ですね! ただ、DAM機種の充実ぶりや、設備の清潔さなどを考慮すると、少し料金が高めでも満足できるカラオケ店です! 会員登録 BIG ECHO(ビックエコー)は会員登録することで、基本料金を安く使うことができます! 会員と一般だと、料金が30分100円前後変わってきます! 3時間いたら、会員と一般の料金は600円も変わってきますね! ビックエコーを使うなら、是非会員登録をして利用することをオススメします! 会員の種類には ・アプリ会員(会員登録費:無料) ・カード会員(会員登録費:500円) があります。 DAMの取り扱いにおいて右に出るものはいません。 数あるDAMシリーズの中でも、 昨年10月に登場した最新機種 【LIVE DAM STADIUM STAGE】はすごい。 新しく搭載された「精密採点DXミリオン」はついに評価の点数がついに100点を超えちゃいました笑 他にも、圧倒的なライブサウンドや、学術的理論に基づいて英語をカタカナでネイティブに発音することができ「Nipponglish」など、カラオケ好きなら一度は体験しておきたい機能が満載です! シーン別に選ぼう!豊富な種類のコンセプトルーム ビックエコーにはコンセプトルームというものが存在し、 ・LIVE STAGE ROOM(ライブステージルーム) ・ELLEGANT ROOM(エレガントルーム) ・RESTAURANT ROOM(レストランルーム) ・LHIGTING ROOM(ライティングルーム) ・RECORDING ROOM(レコーディングルーム) ・フリカラ ROOM フリカラルーム) など、シーンに合わせた部屋をチョイスすることが可能。 RECORDING ROOM(レコーディングルーム)では、自分の歌った歌を高音質でCDにできたり、 フリカラ ROOM フリカラルーム)では、歌と一緒に振り付けの練習ができたり。 (飲み放題の場合は5%) 使い方は簡単。 下の公式リンクからクーポンを開いて店員さんに提示するだけ! 是非使ってみましょう! エポスカードの割引 ビックエコーはクレジットカード払いに対応していますが、 エポスカードを提示すると、なんと室料が 30%引きに!!! エポスカード会員の方であれば、使わない手はないでしょう。。 hotpepper. こちらのクーポンは、 ポテトフライやスナックバスケットが無料でつけられたり、 飲み放題プランが特別料金になったり。 まとめ いかがでしたでしょうか!! 料金は少し高めだけど、その分DAMの最新機種が使えたり、豊富なコンセプトルームから部屋を選べたり。

次の

カラオケ ビッグエコー上野駅前店

ビック エコー joysound

JR鶴見駅東口より徒歩3分• 小学生未満は無料となります。 小学生は学生料金となります。 シニア割引料金は60歳以上となります。 ゴールデンウィーク・夏休み期間・年末年始など時期により料金が異なる場合がございます。 当ページ記載料金と異なる場合がございますので、直接店舗へ問い合わせください。 「ヒトカラ(1名様)のご利用について」• 当店では、1名様のご利用につきましても お気軽にご利用頂けるようになっております。 ただし、金土日・祝前・祝日などの混雑日・混雑時間帯ではご利用人数に合わせたお部屋へのご案内となりますので、少人数様用のお部屋の空きがない場合はご案内時間が他のお客様より長くなることやご期待に添えない場合がございます。 予めご了承頂けますようお願いします。

次の