インタネット 速度。 インターネットの通信速度はどれくらい出れば正常?上手な無線LANと回線選び

快適なインターネットの回線速度とは?

インタネット 速度

自分のインターネット回線に快適なスピードが出ているか分かりますね! これから、それぞれの測定サイトを具体的に紹介します。 測定の簡単さを「お手軽度」 測定結果の精度を「正確度」 見た目のカッコ良さを「Cool度」として表しています。 1.Googleスピードテスト お手軽度 4. 0 正確度 3. 0 Cool度 1. 0 Googleに備わっている、初心者でも簡単にできるスピード測定ツールです。 すると、「インターネット速度テスト」と出てきます。 右下の「速度テストを実行」をクリックすると回線速度の測定が始まり、30秒くらいで結果が表示されます。 ダウンロード・アップロード速度だけでなく、その速度を評価してくれるためネット初心者でも分かりやすいのが特長です。 たとえば「この速度では1つのデバイスで動画再生はできるけど、複数のデバイスを接続すると遅くなるよ」などと教えてくれます。 ネット回線速度を気軽に知りたいなら、まずはGoogleスピードテストを試すといいでしょう。 2.Fast. com お手軽度 5. 0 正確度 3. 0 Cool度 4. 0 (ファストドットコム)は、Netflixが提供する速度チェックサイトです。 ページを開くとすぐに測定がスタートするという手軽さが特長。 ダウンロード速度の結果のみ表示されますが、「詳細を表示」をクリックすることでアップロード速度とレイテンシが表示されます。 広告など一切表示されないシンプルな画面で見やすいのもGOOD。 とりあえずパッと速度を知りたい時には一番おすすめのサイトです。 ブラウザのブックマークに登録しておけば、ワンクリックで回線速度を計測できて便利ですよ。 このFast. 0 正確度 5. 0 Cool度 3. 0 は、1998年に回線速度の測定サービスを開始した王道サイトです。 郵便番号や回線種類、プロバイダなどを選択する手間がいる代わりに、より正確な結果を得ることができます。 なるべく正確な速度を計測したいならイチオシのサイトといえるでしょう。 さらにRBB SPEED TESTでは、光やスマホ(LTE)など回線別の平均速度やランキングといったデータも公開しています。 自分のインターネット回線のスピードが平均に比べて速いのか遅いのかチェックするのもいいですね。 なお、無料のアプリをダウンロードすればスマホからでも速度を計測できます。 4.速度. jp お手軽度 4. 0 正確度 3. 0 Cool度 2. 0 は、ワンクリックでスピード測定できるだけでなく、自分が住んでいる地域の平均速度も知ることができる便利な速度測定サイトです。 ただしブラウザページは広告が多く表示されるため、見づらいと感じるかもしれません。 jpには、自分のウェブサイトやブログに貼り付けて使えるタコメーター風スピードチェッカーを入手できる無料サービスもあります。 いちいちページにアクセスするのが面倒くさいという人におすすめですよ。 5.SPPEDTEST お手軽度 4. 0 正確度 4. 0 Cool度 5. 0 手軽さと測定精度、カッコ良さのバランスが一番優れている速度測定サイトが、このです。 英語表示でクールな感じにまず目が行きますが、通信速度が最も速くなるサーバーを自動選択してくれる特徴にも注目。 この機能のおかげで、より正確な速度を知ることができるんです。 SPPEDTESTはインターネット上級者や通信のプロでも使っている速度測定サイトなので、信用度も高いといえます。 なお、スマホ用の無料アプリをダウンロードすればLTE回線の速度も計測できて便利ですよ。 私はいつもこのSPPEDTESTを愛用しているよ。 何事もバランスが大事だからね。 インターネット回線速度に関するQ&A ここから、インターネット回線速度についての様々な疑問に答えていきます。 分からないことはスッキリ解決しましょう! 回線速度の上り下りって何のこと? 下り データのダウンロード 上り データのアップロード インターネット回線でデータをダウンロードする通信のことを「下り」、データをアップロードする通信のことを「上り」といいます。 たとえば、ウェブサイトを開いたりyoutubeで動画を再生したりするのは下り通信、メールを送信したり写真や動画をSNSに投稿したりするのは上り通信になります。 基本的には下り通信のほうがよく使われるため、主に下り速度が大事といえるでしょう。 快適な回線スピードの目安は? インターネットで高画質の動画を観たり、大容量のデータをダウンロードしたりするのを快適にこなせる下り速度は20Mbps。 これは、超高精細の4K動画も詰まらず再生できるだけのスピードです。 もっと言うと、下り5MbpsもあればyoutubeでHD動画(1080p)の再生に支障がないレベルといえます。 また上り速度は10Mbpsもあれば、写真や動画をアップロードする際に不満を感じることはないでしょう。 ping(レイテンシ)って何? pingまたはレイテンシとは、データを送信して応答が返ってくる速度を表しています。 主にオンラインゲームをする際に大事になってくる数値です。 pingの単位はms(ミリセカンドという)で表し、数値が小さければ小さいほど応答速度が速いということになります。 オンラインゲームを快適に遊べる目安は、50ms以下です。 速度測定サイトごとに数値が異なるのはなぜ? 速度測定サイトごとに、測定方法やつながるサーバーが異なるからです。 サーバーというのはインターネット時の接続先コンピューターのことで、サーバーへの距離やサーバーの混雑具合によって通信速度が上下します。 より正確な速度を知りたいなら、最適なサーバーを自動選択してくれるSPEEDTESTなどがおすすめですよ。 回線スピードが最大速度とかけ離れているんだけど? インターネットサービスの広告に表記されている最大速度はベストエフォートといって、理論上の最大値です。 これは、スピードが落ちる色んな要因を無視した数値なので、実際にそのスピードが出ることはあり得ません。 たとえば、最大速度1Gbpsの光回線やWiMAX回線なら実効速度は10~100Mbpsの範囲となります。 実際に出る速度がどれくらいなのか調べたほうがいいんですね。 回線速度が夜に遅くなる理由は? インターネット回線の使用率が上がれば上がるほど、回線の混雑によって速度は遅くなります。 そして、インターネットの使用が一番多いのは夜の時間帯です。 日中は仕事をしている沢山の人が、夜のリラックスタイムにインターネットを使うのも当然ですよね。 そのため、日中に比べて夜は速度がガクッと落ちるのはよくあることなんです。 特に、ユーザーが一番多いNTTフレッツ光や光コラボは夜の速度低下が著しく、マンションなど集合住宅では10Mbpsを下回ることも。 それに対して、どんなときもWiFiなどのWiFiサービス系は最大速度こそ光回線に及ばないものの、夜でもあまり速度が落ちず快適に使えると評判です。 光回線なのに遅いのはなんで? 光回線だからイコール速い、というわけではありません。 上でも説明した通りユーザーが多ければ多いほど遅くなりますし、プロバイダによってもスピードは変わります。 スピードを追求するのであれば、NURO光やauひかりなどがおすすめですよ。 また光コラボの中でもIPv6接続に対応しているところは速度があまり落ちません。 これらについては後ほど解説します。 やっぱりユーザーが多過ぎるとスピードに影響するんですね・・・ WiMAXルーターを置く場所によって速度が変わるのはなぜ? WiMAXを使っている方なら、WiMAXルーターを置く場所によって速度がかなり変わることにお気づきでしょう。 これは、WiMAXの電波が敏感で干渉されやすいためです。 できれば窓側や高い位置にルーターを置くことで電波が入りやすくなり、速度も上昇します。 また、家の近くに大きな山があったり、鉄筋コンクリートのマンションが周りを取り囲んでいたりすると、WiMAXの電波が改善されないこともあります。 ちなみにモバイルWiFiはWiMAX回線ではなくスマホと同じLTE回線を使用しています。 そのため電波が強くて干渉されにくく、使用する場所を選びません。 速度が速いおすすめの光インターネット回線 「実際にスピード測定サイトで計測したら速度が遅かった・・・」という方のために、速度が速くておすすめの光インターネット回線を紹介します。 ここに挙げるもの以外でも、たとえば地域限定の光回線などは速いですが、この記事で全て取り上げることはできません。 そこで、全国的に申し込める光回線を紹介しています。 最大速度は下り2Gbpsと、他の光回線の2倍になっています。 「でも実効速度はどうせ落ちるからあまり変わらないんでしょ」と思われるかもしれませんね。 ところが、NURO光はNTTフレッツ光ではなく独自の光回線を使用しているため回線混雑がほとんどなく、速度があまり低下しないんです。 NURO光の平均速度は250Mbps以上で、600~700Mbps出ることもざらにあります。 これだけの爆速であれば、どんなに重いオンラインゲームや大容量ファイルのダウンロードも軽々ですね。 ただし、NURO光に対応していない県やエリアもあります。 NURO光の公式ホームページにて、お住まいの場所が対応しているかどうかまず確認することをおすすめします。 auひかりもフレッツ光とは異なる独自回線を使用しており、スピードがとても速いことで知られています。 最大速度は1Gbpsなら全国で申し込めますが、関東エリアの一部では5Gbpsまたは10Gbpsという超速も選ぶことが可能。 また、高額キャッシュバックなどのキャンペーンを実施しているのも魅力的です。 auスマホと併用することでさらに割引もあるので、auユーザーなら見逃せない光インターネットサービスといえるでしょう。 以前はIPv4とPPPoE接続方式が一般的でしたが、IPv6とIPoE接続方式は新しい通信技術として登場しました。 早い話が、「IPv6」「IPoE」「v6プラス」などと付いていれば速度低下が少なく、より快適なインターネットができるわけです。 以下はIPv6・IPoEに無料対応している主な光コラボです。 光コラボ名 サービス特徴 ドコモ光(GMOとくとくBB) ・ドコモのスマホユーザーは月額料金が割引になる ・キャッシュバックやdポイントプレゼント特典あり ・WiFiルーターのレンタル無料 Softbank光 ・Softbankのスマホユーザーなら毎月1,000円割引 ・Softbankの多彩なサービスが付いてくる @nifty光 ・auスマートバリュー対応でauスマホが割引 ・キャッシュバックや月額料金割引特典あり ・セキュリティソフト1年間無料 ビッグローブ光 ・auスマホまたはBIGLOBEモバイルと併用で割引 ・キャッシュバックや月額料金割引特典あり ・WiFiルーターのレンタル1年間無料 So-net光 ・3年間は基本料金が大幅割引 ・WiFiルーターのレンタル永年無料 ・auスマートバリュー対応でauスマホが割引 ・セキュリティソフトが無料 ・訪問設定サポートが端末1台分無料 速度が速いおすすめのモバイルWiFi回線 ルーターをどこにでも持ち歩いて高速インターネットが使えるモバイルWiFi(ポケットWi-Fi)。 光回線のように固定回線ではなく無線なので、通信スピードが気になりますよね。 しかも最近は、新たなモバイルWiFiが次々に登場しているので、どれを選んだらいいのか分からない人もいることでしょう。 そこで、実効速度が速いことで知られている2つのモバイルWiFiを紹介します。 ネット回線 ドコモ/Softbank/au いずれかのLTE回線 WiMAX回線 通信速度制限の条件 著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をした場合、概ね384Kbpsに制限 直近3日間で10GBを超過すると翌日18時~翌2時まで概ね1Mbpsに制限 最大速度(下り) 150Mbps 440Mbps~1. 45Mbps 53. 2Mbps(HOME L02) 32. ドコモ・au・Softbankという3キャリアの中で、最適な回線に自動的につながるという特徴があります。 そのため屋外・室内ともに電波が強く、どこにいても快適な通信ができるのが強みといえるでしょう。 どんなときもWiFiの平均速度も、快適な通信速度の目安といえる20Mbpsをクリアしています。 また通信速度制限が事実上なく、1日10GBほどの大容量通信したとしても速度制限がかからないレベルです。 それでいて、月々の料金は税込みでも4,000円かからないのはすごいですね。 ただし最大速度が低い分、大人数で同時にネットにつなぐと遅さが気になってしまうかもしれません。 ですので、どんなときもWiFiは1~2人で使うのに適したモバイルWiFiといえるでしょう。 新卒くんが海外出張する日はまだまだ来ないと思うけどね。 ルーターもポケットサイズのモバイルルーターと、室内で安定して速いホームルーターの2種類あります。 主に外出先で高速インターネットを使いたい人はモバイルルーター、室内で固定回線の代わりに使いたいならホームルーターを選ぶといいでしょう。 平均の実効速度はホームルーターが50Mbps超、モバイルルーターでも30Mbps超と、十分なスピードが出ます。 ただし、3日10GBという速度制限の壁があります。 ということは、1日平均3. 3GBまでは快適に使えるものの、それを超えると速度が遅くなってしまうわけです。 つまりUQ WiMAXは、通信スピードはスポーツカー並みですが、通信量が多すぎると自動ブレーキがかかって遅くなるリスクがあるといえますね。 ですので、インターネット使用はヘビーユーザーまでいかず、そこそこ使うレベルの方におすすめです。

次の

▷ インターネットのスピードテスト

インタネット 速度

WEBサイト閲覧・メールの送受信 10Mbps 動画を見る・音楽をダウンロードする 50Mbps 高画質動画を見る・オンラインゲームをする・ビデオチャットをする 100Mbps 表を見てわかるように、インターネットの速度は 100Mbpsあれば充分です。 このことから、1Gbpsはめちゃくちゃ速い速度だとわかります。 そして、100Mbpsあれば快適にインターネットを利用することができるでしょう。 ただ、インターネットの速度が 10Mbpsを切ってしまうと、遅さが気になるかもしれません。 インターネットの速度は最低でも10Mbpsくらいは欲しいところです。 そこで、インターネット速度が100Mbps以上出やすいオススメのインターネット回線を紹介します。 ソフトバンク光 1Gbps ドコモ光 1Gbps ビッグローブ光 1Gbps NURO光 2Gbps このようにインターネット回線は最高速度があります。 実のところ、インターネットを利用するにあたって1Gbps以上の速度は必要ありません。 なぜなら、最初にお話しした通り100Mbpsで充分インターネットを利用できるからです。 そもそも、1Gbpsなんて速度はまず出ないので安心してください。 この最高速度1Gbpsはベストエフォート方式の数値です。 ベストエフォートとは、最大の結果を得られるように努力することをいいます。 要するに、妨害するものが何もない立地条件・最高のパソコン性能・最高のLANケーブル・・・そんな好条件が整ってこそ実現できる速度のことです。 それに、仮に1Gbps出せたところで体感的には100Mbpsとほとんど変わりません。 肉眼で両新幹線を見ても速さの違いなんてわかりません。 それと同じで1Gbpsと100Mbpsは体感的にはほんのわずかな差でしかありません。 最高速度1Gbpsが出なくてだまされたとなげくより、インターネットを快適に利用できる速度100Mbpsを目指したほうがいいでしょう。 インターネット速度100Mbpsならゲームも問題なし! あなたがインターネットでオンラインゲームをしたいと考えているなら速度が気になることでしょう。 オンラインゲームをする場合、100Mbpsの速度が出せれば問題なく楽しむことができます。 実際は、100Mbpsまでいかなくても30Mbpsくらいでもオンラインゲームをすることができます。 しかし、30Mbpsだとゲームがカクカクしたり、止まったりなど少し心配なところがあります。 やはり、オンラインゲームをする場合、インターネットの速度は100Mbpsあったほうが安心です。 ちなみに、100Mbpsでオンラインゲームが問題なくできるなら、高画質動画もビデオチャットも余裕です。 100Mbpsを境にインターネットの可能性を体感できるでしょう。 インターネット速度50Mbpsなら動画が余裕 動画といえばYouTube・Hulu・NETFLIX・Amazonプライムビデオなど様々なサービスがあります。 動画は主に画質の種類が4種類あります。 SD(480P):DVDくらいの画質• HD(720P):ブルーレイくらいの画質• フルHD(1080P):ブルーレイより良い画質• 4K(2160P):めちゃくちゃ鮮明な画質 画質が良いほどデータ容量が重くなります。 そのため、インターネット速度が遅いと動画を見るのに、途中で止まったり、ブツッブツッと切れたりします。 しかし、50Mbpsのインターネット速度ならフルHDの画質も余裕で見ることができます。 4K画質となると、50Mbpsは少し厳しいかもしれません。 ただ、動画やテレビによっては4Kに対応していないものがあります。 したがって、4Kで動画を見る機会は少ないです。 50Mbpsで4K動画の視聴が厳しいとしても気にしなくて良いでしょう。 また、オンラインゲームも50Mbpsなら快適にできます。 ただし、時間帯によってはインターネットが混雑し速度が低下することがあります。 そのような時間帯は50Mbpsでもオンラインゲームが厳しくなる可能性があります。 インターネット速度10MbpsはWEBサイトの閲覧が目安 インターネット速度が10Mbpsだと何ができるでしょうか?• WEBサイトの閲覧• メールの送受信• Amazonや楽天市場などのネットショッピング このようなことであれば問題なく利用できます。 また、画質がSDやHDの動画であれば10Mbpsでも見ることができます。 ただ、フルHD以上の画質となると、10Mbpsではスムーズに見ることが厳しくなります。 オンラインゲームも例外ではなく、10Mbpsだと遊びづらさを感じるでしょう。 インターネット速度を少しでも1Gbpsに近づける方法 インターネットの速度は10Mbpsあれば、大抵のことはできます。 とはいえ、インターネットの速度は速いに越したことはありません。 そこで、インターネットの速度を1Gbpsに簡単に近づける方法を紹介します。 それは、IPv6接続に切り替えることです。 IPv6接続は、インターネット回線の混雑を緩和するための通信方式のことです。 IPv6接続にすると、まるで東京の道路が北海道の道路に変わったかのようにスイスイとインターネットができるようになります。 つまり、インターネット速度を1Gbpsに近づけることができます。 もちろん、IPv6接続にすればインターネットをサクサク利用できる速度100Mbpsに心配しなくても到達できるでしょう。 IPv6接続に切り替えられるインターネット回線をまとめました。 ソフトバンク光:IPv6高速ハイブリッド• ドコモ光:v6プラス• ビッグローブ光:IPv6オプション• NURO光 それぞれ、IPv6接続についてご紹介します。 ソフトバンク光の速度を速くするサービス:IPv6高速ハイブリッド キャッシュバック 新規 34,000円 転用・事業者変更 15,000円 ソフトバンク光は、IPv6高速ハイブリッドを利用することでIPv6接続に切り替えることができます。 IPv6高速ハイブリッドを利用するにはおうち割光セット(500円/月)に契約します。 おうち割光セットに契約すると光BBユニットがレンタルできます。 光BBユニットでソフトバンク光に接続することでIPv6高速ハイブリッドが利用できます。 おうち割光セットはソフトバンクスマホの料金を安くするサービスでもあります。 おうち割光セットはインターネットの速度が速くなって、スマホの料金が安くなる、一石二鳥のサービスです。 その理由は、「おうち割光セット」をソフトバンク光と一緒に契約することでキャッシュバック額が高くなるからです。 キャッシュバック 新規 20,000円 転用・事業者変更 20,000円 ドコモ光に契約すればv6プラスが利用できます。 ドコモ光のv6プラスがIPv6接続に切り替えるサービスです。 v6プラスを利用するためには、v6プラス対応のWi-Fiルーターが必要です。 v6プラスを利用するために、v6プラス対応のWi-Fiルーターを購入してもいいです。 しかし、電気屋へ行ってv6プラス対応のルーターを探すのも一苦労です。 せっかく、購入したルーターがv6プラスに対応していなかったら最悪です。 しかも、GMOとくとくBBはWi-Fiルーターに力をいれており、かなり高機能のWi-Fiルーターです。 新規特典B(キャッシュバック+Wi-Fiルーター進呈) キャッシュバック額 条件 18,000円+Wi-Fiルーター 光回線のみ 22,000円+Wi-Fiルーター 光回線 + ビッグローブ光電話 23,000円+Wi-Fiルーター 光回線 + ビッグローブ光テレビ 27,000円+Wi-Fiルーター 光回線 + ビッグローブ光電話 + ビッグローブ光テレビ ビッグローブ光に契約すれば、IPv6オプションを利用することができます。 ビッグローブ光のIPv6オプションがIPv6接続へ切り替えられるサービスです。 IPv6オプションを利用するには2種類の方法があります。 ひかり電話に契約する方法• 自分でIPv6オプション対応ルーターを用意する方法 ビッグローブ光+ひかり電話に契約すればauスマートバリューが使えます。 したがって、auユーザーは簡単にauスマートバリューとIPv6オプションを利用できます。 もちろん、auユーザーでなくてもひかり電話に契約すればIPv6オプションの利用が可能です。 ひかり電話に契約する必要がないならビッグローブ光代理店NNコミュニケーションズがオススメです。 なぜなら、キャンペーン特典にIPv6オプション対応ルーターがあるからです。 つまり、NNコミュニケーションズなら2番の「自分でIPv6オプション対応ルーターを用意する方法」を満たすことができます。 ビッグローブ光代理店NNコミュニケーションズで契約すれば無料でIPv6接続に切り替えることができ、インターネットの速度を速くすることができます。 インターネット速度簡単測定 また、現在のインターネット回線の通信速度ではなく、これから契約するインターネット回線の速度がどのくらいか知りたくないですか? 新しくインターネット回線に契約したら、以前のインターネット回線より遅くて契約に失敗したなんてこともあります。 そこで現住所、あるいは新住所で新しくインターネットを契約したらどのくらいの速度が出るかある程度予測できますのでその方法をご紹介します。 上記をクリックすると日本地図が表示されます。 あらかじめ知りたい場所の住所を入力していき、インターネット回線を選びましょう。 そうするとインターネット回線を契約した際の通信速度を知ることができます。 まとめ 以上、インターネットの速度を紹介しました。 インターネットの速度は100Mbpsあれば完璧です。 100Mbpsあれば、「WEBサイトの閲覧・メールの送受信・高画質動画の視聴・音楽のダウンロード・オンラインゲーム」など何でもできます。 50Mbpsなら4Kの高画質動画やオンラインゲームによっては支障が出るかもしれません。 しかし、50Mbpsの速度を出せれば、まず問題なくインターネットを快適に利用できます。 10Mbpsは動画やオンラインゲームで心配な面があります。 サイトの閲覧やメールの送受信、低画質動画の視聴は10Mbpsでも大丈夫です。 したがって、1Gbpsの速度ともなると想像もつかないくらい快適にインターネットが使えそうです。 しかし、1Gbpsの大半はベストエフォート方式なので、1Gbpsを出すのは無理だと割り切りましょう。 少しでも1Gbpsに近づけたいなら以下のインターネット回線がオススメ!.

次の

もう嫌!ネット速度が遅い原因【5つ】と【4つ】の改善裏技

インタネット 速度

自分のインターネット回線に快適なスピードが出ているか分かりますね! これから、それぞれの測定サイトを具体的に紹介します。 測定の簡単さを「お手軽度」 測定結果の精度を「正確度」 見た目のカッコ良さを「Cool度」として表しています。 1.Googleスピードテスト お手軽度 4. 0 正確度 3. 0 Cool度 1. 0 Googleに備わっている、初心者でも簡単にできるスピード測定ツールです。 すると、「インターネット速度テスト」と出てきます。 右下の「速度テストを実行」をクリックすると回線速度の測定が始まり、30秒くらいで結果が表示されます。 ダウンロード・アップロード速度だけでなく、その速度を評価してくれるためネット初心者でも分かりやすいのが特長です。 たとえば「この速度では1つのデバイスで動画再生はできるけど、複数のデバイスを接続すると遅くなるよ」などと教えてくれます。 ネット回線速度を気軽に知りたいなら、まずはGoogleスピードテストを試すといいでしょう。 2.Fast. com お手軽度 5. 0 正確度 3. 0 Cool度 4. 0 (ファストドットコム)は、Netflixが提供する速度チェックサイトです。 ページを開くとすぐに測定がスタートするという手軽さが特長。 ダウンロード速度の結果のみ表示されますが、「詳細を表示」をクリックすることでアップロード速度とレイテンシが表示されます。 広告など一切表示されないシンプルな画面で見やすいのもGOOD。 とりあえずパッと速度を知りたい時には一番おすすめのサイトです。 ブラウザのブックマークに登録しておけば、ワンクリックで回線速度を計測できて便利ですよ。 このFast. 0 正確度 5. 0 Cool度 3. 0 は、1998年に回線速度の測定サービスを開始した王道サイトです。 郵便番号や回線種類、プロバイダなどを選択する手間がいる代わりに、より正確な結果を得ることができます。 なるべく正確な速度を計測したいならイチオシのサイトといえるでしょう。 さらにRBB SPEED TESTでは、光やスマホ(LTE)など回線別の平均速度やランキングといったデータも公開しています。 自分のインターネット回線のスピードが平均に比べて速いのか遅いのかチェックするのもいいですね。 なお、無料のアプリをダウンロードすればスマホからでも速度を計測できます。 4.速度. jp お手軽度 4. 0 正確度 3. 0 Cool度 2. 0 は、ワンクリックでスピード測定できるだけでなく、自分が住んでいる地域の平均速度も知ることができる便利な速度測定サイトです。 ただしブラウザページは広告が多く表示されるため、見づらいと感じるかもしれません。 jpには、自分のウェブサイトやブログに貼り付けて使えるタコメーター風スピードチェッカーを入手できる無料サービスもあります。 いちいちページにアクセスするのが面倒くさいという人におすすめですよ。 5.SPPEDTEST お手軽度 4. 0 正確度 4. 0 Cool度 5. 0 手軽さと測定精度、カッコ良さのバランスが一番優れている速度測定サイトが、このです。 英語表示でクールな感じにまず目が行きますが、通信速度が最も速くなるサーバーを自動選択してくれる特徴にも注目。 この機能のおかげで、より正確な速度を知ることができるんです。 SPPEDTESTはインターネット上級者や通信のプロでも使っている速度測定サイトなので、信用度も高いといえます。 なお、スマホ用の無料アプリをダウンロードすればLTE回線の速度も計測できて便利ですよ。 私はいつもこのSPPEDTESTを愛用しているよ。 何事もバランスが大事だからね。 インターネット回線速度に関するQ&A ここから、インターネット回線速度についての様々な疑問に答えていきます。 分からないことはスッキリ解決しましょう! 回線速度の上り下りって何のこと? 下り データのダウンロード 上り データのアップロード インターネット回線でデータをダウンロードする通信のことを「下り」、データをアップロードする通信のことを「上り」といいます。 たとえば、ウェブサイトを開いたりyoutubeで動画を再生したりするのは下り通信、メールを送信したり写真や動画をSNSに投稿したりするのは上り通信になります。 基本的には下り通信のほうがよく使われるため、主に下り速度が大事といえるでしょう。 快適な回線スピードの目安は? インターネットで高画質の動画を観たり、大容量のデータをダウンロードしたりするのを快適にこなせる下り速度は20Mbps。 これは、超高精細の4K動画も詰まらず再生できるだけのスピードです。 もっと言うと、下り5MbpsもあればyoutubeでHD動画(1080p)の再生に支障がないレベルといえます。 また上り速度は10Mbpsもあれば、写真や動画をアップロードする際に不満を感じることはないでしょう。 ping(レイテンシ)って何? pingまたはレイテンシとは、データを送信して応答が返ってくる速度を表しています。 主にオンラインゲームをする際に大事になってくる数値です。 pingの単位はms(ミリセカンドという)で表し、数値が小さければ小さいほど応答速度が速いということになります。 オンラインゲームを快適に遊べる目安は、50ms以下です。 速度測定サイトごとに数値が異なるのはなぜ? 速度測定サイトごとに、測定方法やつながるサーバーが異なるからです。 サーバーというのはインターネット時の接続先コンピューターのことで、サーバーへの距離やサーバーの混雑具合によって通信速度が上下します。 より正確な速度を知りたいなら、最適なサーバーを自動選択してくれるSPEEDTESTなどがおすすめですよ。 回線スピードが最大速度とかけ離れているんだけど? インターネットサービスの広告に表記されている最大速度はベストエフォートといって、理論上の最大値です。 これは、スピードが落ちる色んな要因を無視した数値なので、実際にそのスピードが出ることはあり得ません。 たとえば、最大速度1Gbpsの光回線やWiMAX回線なら実効速度は10~100Mbpsの範囲となります。 実際に出る速度がどれくらいなのか調べたほうがいいんですね。 回線速度が夜に遅くなる理由は? インターネット回線の使用率が上がれば上がるほど、回線の混雑によって速度は遅くなります。 そして、インターネットの使用が一番多いのは夜の時間帯です。 日中は仕事をしている沢山の人が、夜のリラックスタイムにインターネットを使うのも当然ですよね。 そのため、日中に比べて夜は速度がガクッと落ちるのはよくあることなんです。 特に、ユーザーが一番多いNTTフレッツ光や光コラボは夜の速度低下が著しく、マンションなど集合住宅では10Mbpsを下回ることも。 それに対して、どんなときもWiFiなどのWiFiサービス系は最大速度こそ光回線に及ばないものの、夜でもあまり速度が落ちず快適に使えると評判です。 光回線なのに遅いのはなんで? 光回線だからイコール速い、というわけではありません。 上でも説明した通りユーザーが多ければ多いほど遅くなりますし、プロバイダによってもスピードは変わります。 スピードを追求するのであれば、NURO光やauひかりなどがおすすめですよ。 また光コラボの中でもIPv6接続に対応しているところは速度があまり落ちません。 これらについては後ほど解説します。 やっぱりユーザーが多過ぎるとスピードに影響するんですね・・・ WiMAXルーターを置く場所によって速度が変わるのはなぜ? WiMAXを使っている方なら、WiMAXルーターを置く場所によって速度がかなり変わることにお気づきでしょう。 これは、WiMAXの電波が敏感で干渉されやすいためです。 できれば窓側や高い位置にルーターを置くことで電波が入りやすくなり、速度も上昇します。 また、家の近くに大きな山があったり、鉄筋コンクリートのマンションが周りを取り囲んでいたりすると、WiMAXの電波が改善されないこともあります。 ちなみにモバイルWiFiはWiMAX回線ではなくスマホと同じLTE回線を使用しています。 そのため電波が強くて干渉されにくく、使用する場所を選びません。 速度が速いおすすめの光インターネット回線 「実際にスピード測定サイトで計測したら速度が遅かった・・・」という方のために、速度が速くておすすめの光インターネット回線を紹介します。 ここに挙げるもの以外でも、たとえば地域限定の光回線などは速いですが、この記事で全て取り上げることはできません。 そこで、全国的に申し込める光回線を紹介しています。 最大速度は下り2Gbpsと、他の光回線の2倍になっています。 「でも実効速度はどうせ落ちるからあまり変わらないんでしょ」と思われるかもしれませんね。 ところが、NURO光はNTTフレッツ光ではなく独自の光回線を使用しているため回線混雑がほとんどなく、速度があまり低下しないんです。 NURO光の平均速度は250Mbps以上で、600~700Mbps出ることもざらにあります。 これだけの爆速であれば、どんなに重いオンラインゲームや大容量ファイルのダウンロードも軽々ですね。 ただし、NURO光に対応していない県やエリアもあります。 NURO光の公式ホームページにて、お住まいの場所が対応しているかどうかまず確認することをおすすめします。 auひかりもフレッツ光とは異なる独自回線を使用しており、スピードがとても速いことで知られています。 最大速度は1Gbpsなら全国で申し込めますが、関東エリアの一部では5Gbpsまたは10Gbpsという超速も選ぶことが可能。 また、高額キャッシュバックなどのキャンペーンを実施しているのも魅力的です。 auスマホと併用することでさらに割引もあるので、auユーザーなら見逃せない光インターネットサービスといえるでしょう。 以前はIPv4とPPPoE接続方式が一般的でしたが、IPv6とIPoE接続方式は新しい通信技術として登場しました。 早い話が、「IPv6」「IPoE」「v6プラス」などと付いていれば速度低下が少なく、より快適なインターネットができるわけです。 以下はIPv6・IPoEに無料対応している主な光コラボです。 光コラボ名 サービス特徴 ドコモ光(GMOとくとくBB) ・ドコモのスマホユーザーは月額料金が割引になる ・キャッシュバックやdポイントプレゼント特典あり ・WiFiルーターのレンタル無料 Softbank光 ・Softbankのスマホユーザーなら毎月1,000円割引 ・Softbankの多彩なサービスが付いてくる @nifty光 ・auスマートバリュー対応でauスマホが割引 ・キャッシュバックや月額料金割引特典あり ・セキュリティソフト1年間無料 ビッグローブ光 ・auスマホまたはBIGLOBEモバイルと併用で割引 ・キャッシュバックや月額料金割引特典あり ・WiFiルーターのレンタル1年間無料 So-net光 ・3年間は基本料金が大幅割引 ・WiFiルーターのレンタル永年無料 ・auスマートバリュー対応でauスマホが割引 ・セキュリティソフトが無料 ・訪問設定サポートが端末1台分無料 速度が速いおすすめのモバイルWiFi回線 ルーターをどこにでも持ち歩いて高速インターネットが使えるモバイルWiFi(ポケットWi-Fi)。 光回線のように固定回線ではなく無線なので、通信スピードが気になりますよね。 しかも最近は、新たなモバイルWiFiが次々に登場しているので、どれを選んだらいいのか分からない人もいることでしょう。 そこで、実効速度が速いことで知られている2つのモバイルWiFiを紹介します。 ネット回線 ドコモ/Softbank/au いずれかのLTE回線 WiMAX回線 通信速度制限の条件 著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をした場合、概ね384Kbpsに制限 直近3日間で10GBを超過すると翌日18時~翌2時まで概ね1Mbpsに制限 最大速度(下り) 150Mbps 440Mbps~1. 45Mbps 53. 2Mbps(HOME L02) 32. ドコモ・au・Softbankという3キャリアの中で、最適な回線に自動的につながるという特徴があります。 そのため屋外・室内ともに電波が強く、どこにいても快適な通信ができるのが強みといえるでしょう。 どんなときもWiFiの平均速度も、快適な通信速度の目安といえる20Mbpsをクリアしています。 また通信速度制限が事実上なく、1日10GBほどの大容量通信したとしても速度制限がかからないレベルです。 それでいて、月々の料金は税込みでも4,000円かからないのはすごいですね。 ただし最大速度が低い分、大人数で同時にネットにつなぐと遅さが気になってしまうかもしれません。 ですので、どんなときもWiFiは1~2人で使うのに適したモバイルWiFiといえるでしょう。 新卒くんが海外出張する日はまだまだ来ないと思うけどね。 ルーターもポケットサイズのモバイルルーターと、室内で安定して速いホームルーターの2種類あります。 主に外出先で高速インターネットを使いたい人はモバイルルーター、室内で固定回線の代わりに使いたいならホームルーターを選ぶといいでしょう。 平均の実効速度はホームルーターが50Mbps超、モバイルルーターでも30Mbps超と、十分なスピードが出ます。 ただし、3日10GBという速度制限の壁があります。 ということは、1日平均3. 3GBまでは快適に使えるものの、それを超えると速度が遅くなってしまうわけです。 つまりUQ WiMAXは、通信スピードはスポーツカー並みですが、通信量が多すぎると自動ブレーキがかかって遅くなるリスクがあるといえますね。 ですので、インターネット使用はヘビーユーザーまでいかず、そこそこ使うレベルの方におすすめです。

次の