アリスター オー フレイム 怪我。 アリスター・オーフレイムの豪腕炸裂、ドス・サントスにTKO勝利…UFC

アリスターオーフレイムの現在は?筋肉はステロイドでできた偽物だった?!

アリスター オー フレイム 怪我

・出身。 世界ランキング7位。 元世界王者。 元ヘビー級。 WORLD GP 2010王者。 日本でのニックネームは「 ダッチ・サイクロン」であり、時代にが考案した。 日本国外では「 デモリションマン」(「破壊者」の意)と呼ばれる。 総合格闘家のは実兄。 日本における芸能活動のマネージメントはとなっている。 ファイトスタイル [ ] 破壊力とスピードを兼ね備えた。 以前は大幅な減量のためにすぐにスタミナ切れを起こし、試合開始直後の数分間は攻撃的であるが、それを過ぎると途端に動きが悪くなることがあったがウェイトアップした現在では大幅に改善されてきている。 また勝敗にかかわらず一本・KO決着が多く、長い手足を生かしたパンチと膝蹴りで多くのKOを奪い、得意の打撃を活かしてルールでも活躍している。 K-1ルールの試合ではMMAルールの試合と同じように相手を投げ飛ばす反則を犯すことが多くあり、特に戦では故意に投げ技を連発したことで一部のファンから批判を浴びた。 運営側からは崩しであるとして問題はないとされていたが、業務停止処分中のに代わってK-1特別競技統括プロデューサーを務めたから「アリスターの投げ技は反則」と明言された。 また、膝蹴りを得意としているが、K-1ルールでは「からの膝蹴りは1回まで」と定められているため、戦、戦と2大会続けて首相撲に近い状態からの膝蹴りでKO勝ちしたことに対して、「アリスターの反則負けではないか」という抗議を受けている(一度手を離して首相撲をセットし直しているようにも見えるためか結果は覆らなかった)。 その後K-1はそういったアリスターやシュルトの体格を生かした膝蹴りの対策としてなのか立ち技格闘技としては異例中の異例ともいえる『首相撲からの膝蹴りが完全に禁止』となったが、それをものともせずにK-1王者となった。 の技術にも長けており、特に腕力と体格を活かしたを得意技とする。 2005年1月には欧州予選では全試合ギロチンチョークで一本勝ちし、優勝した (2005年5月の世界大会はPRIDE専念を理由に欠場した )。 来歴 [ ] 、ジャマイカ人の父とオランダ人の母の間に・に生まれる。 父母が離婚したため、6歳の頃、母と兄ヴァレンタインと共にオランダのに移住。 幼少期から、、などのスポーツを経験し、15歳のとき、兄の紹介で、の下で総合格闘技のトレーニングを開始した。 総合格闘技 [ ] 10月28日、KOKトーナメントで初来日。 に0-2の判定負け。 にゴールデン・グローリーに加入。 PRIDE・DREAM・Strikeforce [ ] 12月23日、初参戦となったでと対戦し、膝蹴りで2RKO勝ち。 8月10日、のミドル級(-93kg)グランプリ1回戦で代表のと対戦。 序盤は圧倒していたが、スタミナ切れを起こしてスタンドパンチ連打で逆転の1RKO負け。 4月23日、ミドル級グランプリ1回戦でと対戦し、で1R一本勝ち。 同年6月26日、2回戦でと対戦し、フロントチョークで1R一本勝ち。 同年8月28日、準決勝でと対戦し、マウントパンチで1RTKO負けを喫した。 2月26日、でと対戦し、試合開始直後にを奪取。 ここでハリトーノフは受身を取り損ねて肩を脱臼。 最後はグラウンドでの膝蹴りの連打で1RTKO勝ち。 しかし、その後のPRIDEでは、、、と総合格闘家相手に4戦全敗。 6月23日、(K-1 WORLD GP 2007 IN AMSTERDAMと同時開催)でMMAルールの試合を行ない、マイケル・クナップにで一本勝ち。 2007年9月17日、初参戦となったのスーパーファイトでと再戦し、右フックで1RTKO負け。 約1年半越しのリベンジを許した。 2007年11月16日、初代世界ヘビー級王座決定戦でと対戦し、ボディへの膝蹴りで2RTKO勝ちを収め王座獲得に成功した。 6月15日、初参戦となったでと対戦し、開始36秒にパンチラッシュでTKO勝ち。 試合後のリング上でとの対戦を要求した。 2008年7月21日、でと対戦し、ハントの打撃を受けそのままダウン気味になぎ倒されるが、追撃に来たハントに対し下からを極めて1R一本勝ち。 試合後のリング上で再度ミルコ・クロコップとの対戦を要求した。 2008年9月23日、でと対戦。 組みの状態からアリスターの膝蹴りが偶発的にミルコの下腹部へ入り試合がストップし、試合再開後も同じようにアリスターの膝蹴りがミルコの下腹部に再度入ったため、ミルコがこのアクシデントにより右の睾丸が体内に陥没してしまい手術を受けないといけないほどの重症を負ったため、試合続行不可能となりノーコンテストとなった。 10月25日、DREAM初のケージ開催となったのメインイベントでと対戦し、開始33秒にスタンドでので一本勝ち。 試合後には「2010年4月に選手と対戦したい」とコメントした。 2009年12月31日、のDREAM vs SRC 対抗戦でと対戦し、左膝蹴りで1RKO勝ち。 試合後、藤田はエプロンサイドから自力で起き上がれないほどのダメージを負った。 試合後の記者会見でとの対戦を希望した。 5月15日、のStrikeforce世界ヘビー級タイトルマッチでと対戦し、マウントパンチで1RTKO勝ちを収め王座初防衛に成功した。 2010年12月31日、で行なわれたDREAMヘビー級暫定王座決定戦でと対戦し、開始19秒にパンチラッシュでKO勝ちを収め王座獲得に成功した。 6月18日、のワールドグランプリ1回戦でと対戦。 互いに相手の長所を潰し合う展開となるが、ファブリシオが試合中に足をひねるなど負傷し、その結果アリスターの打撃を嫌い自らオクタゴンに寝転がるシーンも目立ったため3-0の判定勝ちを収めた。 しかし、この試合後に大会を運営するズッファ社と自身が所属するゴールデン・グローリーが選手の契約形態をめぐり対立し、SFを解雇される。 同時にアリスターが保持していたStrikeforce世界ヘビー級王座も剥奪となった。 2011年9月21日、ゴールデン・グローリーを離脱。 に移籍した。 UFC [ ] 2011年12月30日、初戦となったで元UFC世界ヘビー級王者のと対戦。 レスナーの腹に得意の膝蹴りを連打し、防戦一方のレスナーに左ミドルキックをヒットさせしゃがみこんだレスナーにパウンドを浴びせて1RTKO勝ち。 UFC世界ヘビー級王座への挑戦権を獲得した。 5月26日のでの持つUFC世界ヘビー級王座へ挑戦する予定だったが、抜き打ちで行われたドーピング検査で規定値の2倍のが検出されたため挑戦権を剥奪された。 これに対しアリスター側は医師の確認と了承を得て、テストステロンが含まれていた抗炎症薬を注射したと主張したが、はアリスター側の主張を退け、薬物検査日の3月27日にさかのぼり9ヶ月間の出場停止処分を課した。 2月2日、のヘビー級王座挑戦者決定戦でと対戦し、序盤から中盤にかけて優勢に試合を進めるものの、3R序盤にスタンドパンチ連打で逆転のKO負けを喫した。 2013年8月17日、でヘビー級ランキング8位のと対戦。 序盤3分間はパンチと膝蹴りのコンビネーションでブラウンを圧倒し、右膝蹴りをブラウンのボディに突き刺してダウンも奪ったが1R後半に突如失速。 脚が止まったところに左前蹴りを顎に受けてダウンを奪われ、追撃のパウンドで逆転の1RKO負けを喫した。 2月1日、でヘビー級ランキング10位のと対戦し、3-0の判定勝ち。 約2年2カ月ぶりの勝利となった。 2014年4月、に移籍した。 2014年9月5日、にてと対戦し、右フックからのパウンドで1RTKO負けを喫した。 2014年12月13日、 でヘビー級ランキング15位のと対戦し、パウンドで1RKO勝ち。 2015年3月14日、でヘビー級ランキング8位のと対戦し、3-0の判定勝ち。 12月19日、でヘビー級ランキング2位のと対戦し、左フックでダウンを奪ってからのパウンドで1RTKO勝ち。 5月8日、でヘビー級ランキング5位のと対戦し、パウンドでTKO勝ち。 パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。 9月10日、でUFC世界ヘビー級タイトルマッチで王者に挑戦。 序盤に左ストレートでダウンを奪うが徐々に巻き返され、最後はパウンドで1RKO負けを喫し王座獲得に失敗。 敗れはしたものの、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。 3月4日、でヘビー級ランキング8位のと約8年ぶりに再戦。 ハントのパンチを受け棒立ちとなる場面があったものの、3Rに右膝蹴りでKO勝ち。 2017年7月8日、でヘビー級ランキング1位のと再戦し、2-0の判定勝ち。 2017年12月2日、でヘビー級ランキング4位のと対戦し、左アッパーで失神KO負け。 6月9日、でヘビー級ランキング4位のと対戦し、グラウンドの肘打ち連打で大流血の3RTKO負け。 2018年11月24日、でセルゲイ・パブロビッチと対戦し、パウンドで1RTKO勝ち。 4月20日、でヘビー級ランキング9位のと対戦し、右膝蹴り連打でダウンを奪い、パウンドで1RTKO勝ち。 2019年12月7日、でヘビー級ランキング14位のと対戦。 テイクダウンとグラウンドで優位に試合を進めたものの、試合終了間際に飛び込んでの右フックで逆転のKO負け。 試合後、オーフレイムは唇を裂傷する重症を負った。 5月16日、でヘビー級ランキング9位のと対戦。 1R序盤にダウンを奪われ追撃のパウンドでKO寸前まで追い込まれるも、凌いだ後はハリスをグラウンドで圧倒し、2Rにパウンドで逆転TKO勝ち。 キックボクシング [ ] 2月4日、オランダ大会でエロル・パリスにKO負け。 5月30日、でと一撃キックルールで対戦し、右アッパーで1RKO負け。 12月31日、でとK-1ルールで対戦し、膝蹴りからの左フックでダウンを奪い、最後は左フックで再度ダウンを奪いKO勝ち。 3月28日、のスーパーファイトにて昨年の王者とK-1ルールで対戦。 1R、2Rとプレッシャーをかけペースを握るも、3Rにダウンを奪われ判定負け。 2009年9月26日、に推薦枠にて出場。 と対戦し、アーツの攻撃をくらいながらも怯むことなくパワーで圧倒して判定勝ちで準々決勝進出。 しかし、試合中に何度も反則の投げ技を連発したことに批判が起きた。 2009年12月5日、に出場。 この大会の開会式前にて、業務停止処分中のに代わってK-1特別競技統括プロデューサーを務めたによるルール説明が行なわれ、「開幕戦でアリスター選手がやったような投げ技は反則です」と明言した。 準々決勝でに左膝蹴りで1RKO勝ち。 続く準決勝では昨年の大晦日に対戦したと再戦。 1Rに2度のダウンを奪われKO負け。 大会後、イベントプロデューサーはテイシェイラ戦で掴んでから膝蹴りを2回繰り出しKOしたことについてテイシェイラ陣営から「からの膝蹴りを2回やったのだからアリスターの反則負けだ」という抗議を受けたことについて、「反則ギリギリだと思います。 掴んだまま二回の攻撃はダメなんで、微妙です。 」とコメントした。 その一方、は自身のブログで「二発の膝の間に間違いなく首相撲状態は一瞬解除されてるんであれは反則ではありません」と見解を載せている。 4月3日、でと対戦し、右膝蹴りでKO勝ち。 しかし、またしても首相撲からの膝蹴りだという抗議がポトラック陣営から寄せられたが、結果は覆らなかった。 2010年10月2日、でと対戦。 この大会から首相撲からの膝蹴りが完全に禁止となったが、パンチで3度のダウンを奪いKO勝ち。 2010年12月11日、で準々決勝の戦で序盤やや苦しんだものの、徐々にペースを掴んでスタンディングダウンを奪い判定勝ち。 準決勝の戦はオーフレイムの左ミドルキックでサキが右肘を負傷、試合続行不可能となりTKO勝ち。 決勝のでは開始1分でKO勝ちを収め優勝した。 人物・エピソード [ ] この節の外部リンクはに違反しているおそれがあります。 過度または不適切な外部リンクを整理し、を脚注で参照するよう記事の改善にご協力ください。 身の丈ほどもある巨大な「 木製のハンマー」を会見や試合の入場時に持参することも有名である。 本人はハンマーについて「デモリッションマンとして何でも破壊する自分のキャラクターのイメージ」だと語っている。 でのミルコ戦の直後にリングに上がったが「今日は抱き合ったりキスしたりするのしか見ていない。 」と総合格闘技そのものを否定するような発言をし、更には観客に「本物の闘いが見たければK-1に来い」と発言したことについてアリスターは「俺はMMAファイターだが、K-1をリスペクトしているのに、なぜ奴にはMMAをリスペクトする気持ちが無いんだ!」と激怒した。 その3か月後のにてK-1ルールでハリとの対戦が決定した際、アリスターは自身の公式サイトで「2009年早々にMMAルールで再戦することにも合意した」と発表した(DREAMの、K-1の、ハリ陣営はその契約を否定。 そして大晦日の対戦ではアリスターがKO勝利を収めた。 大会後にアリスターはハリについて「ハリ戦は作戦を立てていてそれが上手くハマった。 俺たちはハリを過小評価していたわけじゃないよ。 彼はイージーなレベルのファイターじゃない。 バダ・ハリは良い選手だと思うよ。 俺のように常にKOを狙うファイターだし、それは観客も望んでいるしね。 」とハリの実力を認めている一方で、「ただし団体とハリのマネージャーが彼のことをダメにしている。 バダ・ハリは最近5試合は毎回のようにダウンしていて、K-1 WORLD GP決勝で3試合も戦ってから3週間しか経っていないのに俺と戦わされたんだから、ハリのマネージャーもバカだったと思うよ。 それにバッドボーイのイメージが先行しすぎている。 との乱闘、でのへの反則の踏みつけ行為、MMAファイターをバカにした態度。 おかげで誰もがさいたまスーパーアリーナで彼がKOされたのを喜んでいた。 試合数の多さも問題だしダウンの数も多い」と指摘し、「ハリと彼のマネージャーはMMAルールで再戦する約束を守ろうとしないのも良くない」とコメントしている。 2009年のK-1本格参戦時に前年にバダ・ハリにK-1ルールで勝ったことに加えて「K-1は素晴らしいスポーツだが、MMAこそが最強だ。 MMAに比べたらK-1は楽だ」と語ったことから「K-1史上最強の外敵」と言われた。 しかし次第に「K-1のことは好きだし、K-1の選手としてここ(K-1 WORLD GP 2009 FINALの前日会見)にいる」(2009年12月) 、「K-1に対して本気になれた。 K-1が好きだね。 俺はK-1選手であり、MMAの選手でもある」(2010年4月)と語るなどK-1にも愛着を持つようになった。 決勝戦での戦で、レミーが足を掴まれ倒されたところにハリの反則の踏みつけ攻撃を受け、ダメージの回復のためのインターバルが取られたものの、レミーがダブルヴィジョンを訴えて反則勝ちによって優勝した件について、アリスターは「レミーは『フライング・ジェントルマン』って名乗っているみたいだけど、『フライング・アクター』にした方がいい。 バダとの決勝戦の演技は、最高だった。 彼も、あそこで立ち上がってバダをKOしていれば、真のヒーローだったのにね。 写真で判断しても演技としか思えない。 反則はいけないことだけど、あの場面で、あの演技はないだろう。 過去にもレミーはやと闘った時も、同じような演技をしたよね。 疑われても仕方がないよ」と語っており、レミーの戦い方についても「亀のようにガードを固めてローキックをペチンペチンと蹴るレミーのような戦い方は地味で、ファンも盛り上がらないし、アグレッシブじゃないからイライラする。 バダがレミーに対して怒りを感じる気持ちも理解できるね」とコメントしている。 レミーとの対戦を控えたの前日会見ではレミーの演技に対する皮肉を込めてオスカー像のレプリカをレミーにプレゼントするパフォーマンスを見せた。 2009年4月、兄のと共にオランダのダンスクラブに遊びに出かけた際、兄のヴァレンタインが小銭を持っていなかったためトイレのチップをトイレウーマンに払えず、口論の末にセキュリティガードに無理やり強制退場させられた。 その際セキュリティガードがヴァレンタインの頭を懐中電灯で殴打した上に3人がかりで襲い掛かったため、兄を助けようとしたアリスターによってセキュリティガード5人が病院送りとなった。 オーフレイム兄弟は逮捕されたが、セキュリティガード側に問題があったため、5人のうちの1人はダンスクラブを解雇され、オーフレイム兄弟はすぐに釈放された。 しかし、この際にアリスターは拳を負傷し、その傷口からバイ菌が入ってしまい、手を切断する寸前の状態にまで悪化したため、6月と8月に予定していたStrikeforce世界ヘビー級王座の防衛戦をキャンセルすることになった。 この事件を始めとして、ストリートファイトの経験も非常に多い。 2010年10月2日、K-1でのPVにて、との対戦については「ヒョードルは(に)負けた後でさえ俺との戦いを拒み続けた」と再三に渡り対戦をオファーしているのにもかかわらず、拒否されていることが明らかになった。 そのため「だからもう奴に興味は無い」とコメントした。 ヒョードルはオーフレイムについて「厳密なドーピング検査をパスしたのなら気にしないが、短期間にどうやって20キロも増量したのか」と疑問を呈し、「多くのスポーツ選手が強化やスピード補強のために薬物を使用していることは今や秘密ではない。 戦いは正直でなければならない」と コメントしていた。 ドーピング [ ] 2008年頃からの急激で異常な筋肉の発達ぶりから、格闘技ファンからはを指摘されている。 前述のレミー・ボンヤスキー戦の前日会見において、アリスターのパフォーマンスの直後にはレミーから直接「君は筋肉を作るためにずいぶんドラッグを飲んでいるようだが、ここで僕はアンチ・ドーピングを主張させてもらうよ」と挑発された。 これに対しアリスターは「オランダはドラッグにリベラルな国なんだ」と笑顔で応じた。 また、インタビューで、ドーピングの使用疑惑について聞かれた時には「俺は2006年頃まで93kg級で戦うために厳しい減量をしていた。 2007年からは本格的にに転向したことによって減量苦から解放されたし、体重を気にせず筋力トレーニングに励むことが出来るようになったから一気に筋肉が付いただけだ」とコメントしている。 また、ヘビー級専念後は一日8食という驚異的な量の食生活をしており、「3時間おきに食事をして、その合間に練習と睡眠をとっていることが俺の肉体の秘訣だ」と語っている。 なお、日本の格闘技大会ではアメリカの格闘技大会などと違って団体から独立した中立的なコミッションが存在しないため、ドーピング検査の甘さが指摘されており、アリスターはStrikeforce世界ヘビー級王者でありながら急激に筋肉が発達した2008年以降はアメリカの大会に出場していないため、ドーピング疑惑が深まっていた。 一部の人間はこの頃の発達した筋肉だった頃のアリスターを皮肉を込めてステロイドとアリスターをかけたステスターと呼んでいた。 2010年5月のStrikeforceで3年ぶりのアメリカでの試合となったが、大会開催地のアスレチック・コミッションは大会出場選手全員に薬物検査を義務付けてはおらず、出場選手の中からランダムで選ばれた選手だけが検査を受け、陽性反応が出た場合にのみ公表することになっているため、疑惑は晴れないまま終わった。 また、アリスターはこの試合の1か月前に日本での試合では体重121. 3kgだったが、この試合では減量が必要ないヘビー級契約にもかかわらず体重が114. 7kgと減っており筋肉も萎んでいた ため、検査を回避するためにこの時だけドーピングを止めたという疑惑が上がった。 その後、の抜き打ち薬物検査にてアリスターの尿サンプルから常人の14倍もの高濃度のが検出されてドーピングが発覚した。 また、の血液検査で検出されたアリスターのテストステロン値は1dlあたり179ngで、これは一般男性の平均の二分の一ほどであり、トレーニングさえままならないような数値である。 このように異常に低いテストステロン値が検出された理由として、ステロイド濫用による副作用によってアリスターのが損なわれてしまった事が推定されている。 トーナメント 優勝(2002年)• IMA世界95kg級王座(2004年)• 欧州予選 99kg未満級 優勝(2005年)• 初代世界王座(2007年)• WORLD GP 2010 優勝(2010年)• ヘビー級(2010年)• USC 〜史上最大ガチ相撲トーナメント 2011 秋〜 優勝 『』 表彰 [ ]• ファイト・オブ・ザ・ナイト(1回)• UFC パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト(1回)• 格闘技部門MVP(2010年、2011年) 入場テーマ曲 [ ]• Man on fire End theme() - イントロの部分を使用。 I Gotta Feeling() - 2009年に使用。 The Champ is here() - Strikeforceで使用。 脚注 [ ]• (現地での発音に近いもの)• UFC公式サイト• DREAMイベントプロデューサー 笹原圭一オフィシャルブログ 2009年12月2日• 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年12月24日• BoutReview 2005年1月24日• BoutReview 2005年4月25日• 2010年2月16日閲覧• スポーツナビ 2009年10月26日• nikkansuports. com 2012年4月26日• MMAPLANET 2013年8月17日• K-1公式サイト 2009年12月5日• 角田信朗オフィシャルブログ 2009年12月6日• スポーツナビ• スポーツナビ• 格闘技ウェブマガジン GBR 2010年3月6日. 2010年7月13日閲覧。 格闘技ウェブマガジン GBR 2009年12月4日. 2010年7月13日閲覧。 K-1公式サイト 2009年3月9日• K-1公式サイト 2009年3月26日• MMA cube• MMAPLANET 2010年5月15日• YAHOO! SPORTS 2012年4月4日• MMA Fighting 2013年2月28日 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - Internet Archive• - のプロフィール (英語) 前王者 王座新設 初代世界王者 2007年11月16日 - 2011年7月29日 次王者 王座廃止 前王者 王座新設 暫定王者 2010年12月31日 - 現在 次王者.

次の

【UFN26】アリスター・オーフレイム、復活を賭けてトラビス戦へ

アリスター オー フレイム 怪我

【写真】手数は少なかったが、戦略的に戦えるようになったアリスター。 2R4分43秒by TKO ジュニオール・ドスサントス(ブラジル/2位) サウスポーに構えたアリスター。 左の蹴りのフェイクを入れながら距離を取る。 シガノも右の拳を見せて威嚇。 ここか左ローを入れると左に回るアリスターも、左の拳を動かすフェイントを見せる。 シガノは右ストレートを伸ばし前に出ると、距離を取ったアリスターが左ミドルを繰り出す。 同時に右ローを放っていたシガノが、ガードの上から右ハイを蹴り込む。 アリスターは左ローを返し、左ストレートは空振りに。 アリスターの左ヒザにもシガノは右を合わせていこうとする。 アリスターの左フックを受けたシガノの顔つきが変わる。 それでもアリスターの手数は増えず、残り10秒で左ミドルを見せただけだった。 2R開始早々、シガノの左ローが急所に入り試合が中断する。 再開後、オーソに戻したアリスターが右ローを蹴り込む。 サウスポー中心のスイッチヒッターとなったアリスターはミドルやサイドと蹴り中心で組み立てていく。 左ミドルを受けつつ、右を返したシガノ。 続く後ろ回し蹴りは空振りに。 アリスターの左フックにシガノは右を合わせていく。 接近戦で右ヒザを突き上げたシガノに対し、アリスターは右ロー2発。 さらに左ローを入れ離れる。 踏み込んで右を繰り出すシガノだが、ローを受けるシーンが目立ってくる。 と残り70秒でアリスターの左がヒットし、シガノはこの一発で右目尻をカットする。 シガノは右オーバーハンドからボディにワンツー、離れた直後にアリスターの左フックがシガノの顔面を捉えダウンを奪う。 起き上がろうとしたところに鉄槌を2つ入れたアリスター、レフェリーがストップを掛け試合は決した。 「ジュニオールはとても危険な相手。 だから、まずは爆弾を貰わない作戦だった。 彼は危険だけど、試合中にリズムを掴み攻め手を見つけた」とアリスターは語った。

次の

【UFC FOX17】アリスター・オーフレイムが左フックで元世界王者ドスサントスをKO

アリスター オー フレイム 怪我

王者ケイン・ヴェラスケス、前王者ジュニオール・ドスサントスの2強時代となりつつあるヘビー級。 5月にヴェラスケスに挑戦したアントニオ・ペイザォン・シウバに敗れているのがアリスターとブラウンで、その両者の対戦となれば敗者はタイトル戦線から脱落と見なされるマッチメークだ。 ランキングはアリスターが5位、ブラウンが8位とアリスターが上位に位置しているが、UFCにおける実績はブラウンの方が上だ。 ブラウンはMMA戦績14勝1敗1分を誇り、UFCでも5勝1敗1分の好成績を残している。 アライアンスMMA時代は寝技で関節技のフィニッシュにトライすることもあり、同ジム所属のドミニク・クルーズの台頭と合わせて、ヘビー級ながら細かいスタンス変更とステップを駆使する試合展開も増えた。 ジャクソンズMMA移籍後は、より距離感に重きを置き、スタンド・グラウンドでもリスクを負わないスタイルに変化している。 前に出る圧力+連打の豪腕のイメージから、しっかり間合いを取りつつ距離で攻撃と守備をコントロールするのが今のブラウンといえる。 キーポイントになるスタンドの攻防においても、選択肢が多いのはブラウンの方だ。 ブラウンはシーク・コンゴやチャド・グリックスを首相撲でコントロールしており、アリスターが簡単に首相撲で主導権を握るとは予想しづらい。 その上でブラウンは自ら圧力をかけて前に出ることも出来れば、距離を取って待つことも可能だ。 さらにはテイクダウンからグラウンドでのフィニッシュも頭に入れた試合運びも出来るため、打撃でプレッシャーをかけられるかどうかが生命線のアリスターとは対照的だ。 その一方で、ブラウンは技の引き出しが豊富で選択肢が多いゆえに、個々の技術の精度が欠ける部分もある。 スタンドでは距離感を意識するようになったブラウンの構えはガードが低く、それでいて大振りのアッパーやフックをいきなり打つこともある。 は右フックにアッパー気味の右を合わされ、金網を背負ったところで右ストレートを打ち抜かれてマットに沈んだ。 ブラウンが不用意にパンチで飛び込むようなことがあれば、アリスターのカウンターがブラウンを捉える可能性は十分にある。 ブラウンとしては様々な攻撃手段を駆使してアリスターを翻ろうすることが出来るか。 逆にアリスターはブラウンの揺さぶりに動じず、ブラウンのスタンドの打撃における粗を突けるかどうかが、この一戦の焦点となる。 UFC Fight Night26「Shogun vs.

次の