にゃんこ大戦争 超メタルカバちゃん。 【にゃんこ大戦争】レジェンドストーリー 各ステージの敵キャラまとめ

【にゃんこ大戦争】「超メタルカバちゃん」 敵キャラ情報と倒し方

にゃんこ大戦争 超メタルカバちゃん

編成(名前は左から右の順番)• 1ページ目:ネコモヒカン、ゴムネコ、ねこジュラシッター、ネコジェンヌ、ネコ島• 2ページ目:スターもねこ、芸術のネコスタチュ、ネコライオン、ネコキングドラゴン、狂乱のネコムート• にゃんコンボ:なし• 壁役:ネコモヒカン、ゴムネコ• 範囲攻撃キャラクター:ネコジェンヌ• ハイ・エナジー対策:狂乱のネコムート• メタルな敵対策:ねこジュラシッター、ネコ島、スターもねこ、芸術のネコスタチュ• メタル系の敵が壁になり、遠距離の範囲攻撃以外ではダメージを与えにくくなってしまう。 ネコムートのような、遠距離からまとめて攻撃できるキャラクターも必ず入れておこう。 ねこジュラシッター:ガチャ限定のレアキャラクター「ねこジュラ」の第2形態。 ごくたまにクリティカル攻撃を出す特殊能力を持っている。 攻撃速度、移動速度が速く、量産しやすいところがメリット。 攻撃射程は短いものの、複数で殴ることでカバーしていける。 ネコ島:基本キャラクター「ネコフィッシュ」の第3形態。 赤い敵に強いところはそのままに、クリティカル攻撃が追加されている。 体力や攻撃力が高く、前線で長持ちしてくれるところがメリット。 メタルではない敵にもそれなりにダメージを与えてくれる。 このステージの場合、序盤に複数迫ってくる赤い敵である「ゴマさま」の処理でも活躍してくれる。 スターもねこ:日本編第1章の西表島クリアで入手できるEXキャラクター「もねこ」の第2形態。 無課金で入手できる中では、かなりクリティカル発動率の高いキャラクター。 再生産まで時間がかかるのがネックなので、できるだけ前線にいられるように、壁役で守っていこう。 芸術のネコスタチュ:暴風系ステージ「ダークネスヘブン」クリアで入手できるレアキャラクター「ネコブ・ロンズ」の第2形態。 たまにメタルな敵をふっとばす能力を持っている。 範囲攻撃持ちでもあるので、複数のメタルな敵を押し返せる点が魅力だ。 このパーティーでの戦術 ハイ・エナジーにはネコムートで攻撃:体力の高い「ハイ・エナジー(ハイエナのような見た目の敵)」が定期的に出現することが、このステージの難しさのひとつ。 メタルゴマさまがいる状態でハイ・エナジーが複数体合流すると、長期戦になりかねない。 ネコムートでまとめて攻撃していこう。 メタルゴマさま撃破後はネコドラゴンなどで攻め込む:メタルな敵は強敵だが、前線のネコジェンヌがなかなか倒されないので、削りきって倒すことも可能。 特にメタルゴマさまがいない場合は、無理に対策キャラクターを出さなくても問題ないだろう。 その分、ネコドラゴンなどにお金を使い、ハイ・エナジーに少しでもダメージを与えられるようにしておこう。 メタルゴマさま:ゴマさまのメタルバージョン。 射程は短いが、高攻撃力のかみつきを行いながら、徐々に近づいてくる。 メタルな敵の中では非常に体力が高く、クリティカル攻撃以外で倒すことは現実的に難しい。 さらに攻撃が高速であるため、射程の短いキャラクターではキャンセルされることも少なくない。 可能なら、遠距離からクリティカル攻撃できるキャラクターを編成したいところだ。 前述のニャア少佐(ネコと宇宙)やガチャ限定キャラクターの「ネコシュバリエ」がいると対応しやすい。 ハイ・エナジー:ハイエナのような見た目のキャラクター。 高い体力と長めの範囲攻撃を持つ他、ふっとばす特殊能力も備えている強敵。 とはいえ、ネコジェンヌやネコムートなら範囲外から攻撃することが可能。 壁役でしっかり距離を保ちつつ、遠距離攻撃で削っていこう。 メタルカバちゃん:カバちゃんのメタルバージョン。 目立った攻撃などはないが、非常に硬いのが特徴。 今回のステージでは、メタルゴマさまやハイ・エナジーの壁役のような役割をするため、攻撃しにくくなる要因のひとつ。 体力自体はそれほど高くないため、通常攻撃でも削り倒すことができる。 ネコジェンヌなどの範囲攻撃キャラクターで、ほかの敵もろとも攻撃してしまおう。

次の

超メタルカバちゃんにクリティカルなしでいった結果

にゃんこ大戦争 超メタルカバちゃん

編成(名前は左から右の順番)• 1ページ目:ネコモヒカン、ゴムネコ、ねこジュラシッター、ネコジェンヌ、ネコ島• 2ページ目:スターもねこ、芸術のネコスタチュ、ネコライオン、ネコキングドラゴン、狂乱のネコムート• にゃんコンボ:なし• 壁役:ネコモヒカン、ゴムネコ• 範囲攻撃キャラクター:ネコジェンヌ• ハイ・エナジー対策:狂乱のネコムート• メタルな敵対策:ねこジュラシッター、ネコ島、スターもねこ、芸術のネコスタチュ• メタル系の敵が壁になり、遠距離の範囲攻撃以外ではダメージを与えにくくなってしまう。 ネコムートのような、遠距離からまとめて攻撃できるキャラクターも必ず入れておこう。 ねこジュラシッター:ガチャ限定のレアキャラクター「ねこジュラ」の第2形態。 ごくたまにクリティカル攻撃を出す特殊能力を持っている。 攻撃速度、移動速度が速く、量産しやすいところがメリット。 攻撃射程は短いものの、複数で殴ることでカバーしていける。 ネコ島:基本キャラクター「ネコフィッシュ」の第3形態。 赤い敵に強いところはそのままに、クリティカル攻撃が追加されている。 体力や攻撃力が高く、前線で長持ちしてくれるところがメリット。 メタルではない敵にもそれなりにダメージを与えてくれる。 このステージの場合、序盤に複数迫ってくる赤い敵である「ゴマさま」の処理でも活躍してくれる。 スターもねこ:日本編第1章の西表島クリアで入手できるEXキャラクター「もねこ」の第2形態。 無課金で入手できる中では、かなりクリティカル発動率の高いキャラクター。 再生産まで時間がかかるのがネックなので、できるだけ前線にいられるように、壁役で守っていこう。 芸術のネコスタチュ:暴風系ステージ「ダークネスヘブン」クリアで入手できるレアキャラクター「ネコブ・ロンズ」の第2形態。 たまにメタルな敵をふっとばす能力を持っている。 範囲攻撃持ちでもあるので、複数のメタルな敵を押し返せる点が魅力だ。 このパーティーでの戦術 ハイ・エナジーにはネコムートで攻撃:体力の高い「ハイ・エナジー(ハイエナのような見た目の敵)」が定期的に出現することが、このステージの難しさのひとつ。 メタルゴマさまがいる状態でハイ・エナジーが複数体合流すると、長期戦になりかねない。 ネコムートでまとめて攻撃していこう。 メタルゴマさま撃破後はネコドラゴンなどで攻め込む:メタルな敵は強敵だが、前線のネコジェンヌがなかなか倒されないので、削りきって倒すことも可能。 特にメタルゴマさまがいない場合は、無理に対策キャラクターを出さなくても問題ないだろう。 その分、ネコドラゴンなどにお金を使い、ハイ・エナジーに少しでもダメージを与えられるようにしておこう。 メタルゴマさま:ゴマさまのメタルバージョン。 射程は短いが、高攻撃力のかみつきを行いながら、徐々に近づいてくる。 メタルな敵の中では非常に体力が高く、クリティカル攻撃以外で倒すことは現実的に難しい。 さらに攻撃が高速であるため、射程の短いキャラクターではキャンセルされることも少なくない。 可能なら、遠距離からクリティカル攻撃できるキャラクターを編成したいところだ。 前述のニャア少佐(ネコと宇宙)やガチャ限定キャラクターの「ネコシュバリエ」がいると対応しやすい。 ハイ・エナジー:ハイエナのような見た目のキャラクター。 高い体力と長めの範囲攻撃を持つ他、ふっとばす特殊能力も備えている強敵。 とはいえ、ネコジェンヌやネコムートなら範囲外から攻撃することが可能。 壁役でしっかり距離を保ちつつ、遠距離攻撃で削っていこう。 メタルカバちゃん:カバちゃんのメタルバージョン。 目立った攻撃などはないが、非常に硬いのが特徴。 今回のステージでは、メタルゴマさまやハイ・エナジーの壁役のような役割をするため、攻撃しにくくなる要因のひとつ。 体力自体はそれほど高くないため、通常攻撃でも削り倒すことができる。 ネコジェンヌなどの範囲攻撃キャラクターで、ほかの敵もろとも攻撃してしまおう。

次の

にゃんこ大戦争 対メタル最強キャラランキング! クリティカルだけじゃない!

にゃんこ大戦争 超メタルカバちゃん

本日のメニュー• VSメタルカバちゃん にゃんこ編成• 狂乱のネコビルダー• ネコビルダー• ネコカーニバル• 狂乱のネコカベ• ネコカベ• ネコドラゴン• 狂乱のネコムート• ハートフルネコネース• クリティカル以外 全てのダメージが『1』になる• 攻撃回数が多いネコで戦う• あきらめてクリティカルを入れる•

次の