門松 いつまで。 門松の正しい飾り方は?いつからいつまで飾るの?

門松の意味とは?いつからいつまで飾る?正しい飾り方や処分方法について

門松 いつまで

お正月の期間はいつからいつまで? お正月の期間は、特に決められていません。 ですので「お正月の期間はこの日からこの日ですよ!」と言い切ることはできませんが、お正月の期間はとして考えられるものがいくつかありますのでひとつずつご説明します。 三が日(さんがにち) 期間:3日間 1月1日、2日、3日の3日間で、多くの企業や官公庁は三が日を「正月休み」とし、1月4日が仕事始めとなります。 松の内(まつのうち) 期間:7日間または15日間 松の内の始まりは1月1日で、終わりは地域によって異なり、関東では1月7日まで、関西では1月15日までとなっています。 松の内については後ほどご説明します。 二十日正月(はつかしょうがつ) 期間:20日間 二十日正月とは、1月20日のことです。 元日にお迎えした年神様(毎年お正月、各家にやってくる豊作や幸せをもたらす神様)がお帰りになる日で、正月料理や餅などを食べつくし、正月行事が全て終わる日と考えられています。 正月(しょうがつ) 期間:一ヶ月間 もともと「お正月」とは1月の事を指していました。 つまり、1月の1ヶ月間すべてが「お正月」だったのです。 正月飾りはいつ片付けるの? 正月飾りは、一般的には松の内が明けたら片付けます。 松の内とは、門松やしめ縄、正月花(縁起の良い花を活けたもの)などのお正月飾りを飾っておく期間のことをいいます。 年神様(毎年お正月、各家にやってくる豊作や幸せをもたらす神様)が迷うことなく家にいらっしゃるよう、目印になるのが 「門松」で、神様をお迎えするのにふさわしい場所であることを表すのが 「しめ縄」です。 また、年神様は 「鏡餅」に宿ると言われており、松の内は鏡餅をお供えして年神様をお迎えし、松の内が終わった後に鏡餅をお雑煮やお汁粉などにして、無病息災を願って食べるのが 「鏡開き」です。 松の内を1月7日までとする関東では1月11日に、1月15日までとする関西では1月15日または1月20日に鏡開きをすることが多いようです。 なぜ松の内が関東と関西で違うかというと、関東でも関西同様、もともと松の内は1月15日までで、鏡開きは二十日正月である1月20日に行われていました。 しかし、江戸時代の徳川三代将軍家光が慶安4年(1651年)4月20日に亡くなり、徳川幕府のお膝元である関東では月命日の20日を避けて、鏡開きが1月11日になったと言われています。 鏡開きが1月11日になったことで、松の内はまだ年神様がいらっしゃるのに鏡開きを行うのは、年神様に対して大変失礼なのではないか?ということになり、松の内を1月15日から1月7日に変更しました。 このように関東では鏡開きが1月11日に変更されましたが、全国的に広まらなかったため、地域によって鏡開きの日が異なるのです。 正月飾り処分方法は? 松の内が明け、片付けた正月飾りは一般的に、神社やお寺で行われる 「どんど焼き」で処分してもらいます。 どんど焼きは、年神様が空へ帰っていくのをお見送りし、無病息災や五穀豊穣などを祈願する行事です。 やぐらなどを組み火をつけ、お正月飾りや書き初めなどを燃やしますが、年神様はこの時の煙に乗って空へ帰っていくと考えられています。 松の内が明けて、どんど焼きまでに日数がある場合でも、正月飾りをそのまま飾りっぱなしにするのではなく、取り外して保管しておくのが作法です。 どんど焼きは、もともとは1月15日の小正月(こしょうがつ)に行われていましたが、松の内が1月7日の地域では、1月7日から1月15日ごろに行い、1月15日の地域では、1月15日から1月中に行われることが多いようです。 神社やお寺によって日程が異なりますので事前に確認しておきましょう。 また、どんど焼きを行わない神社やお寺でも「お焚き上げ(おたきあげ・不要になって処分する物に感謝し、燃やすことで空へ帰ってもらう儀式)」をしてくれますので問い合わせてみてください。 門松は縁起物ですので、ゴミとして処分するのはなるべく避けたいところですが、様々な事情でゴミとして処分することもあるかもしれません。 その際は、塩で清めてからゴミに出すようにしましょう。 また、門松は粗大ごみのサイズになることもありますので、お住いの自治体の粗大ごみ処理の方法を確認してください。 お正月の期間は特に決まっていないのですね。 官公庁や多くの企業では1月4日が仕事始めなので、三が日だけが「お正月」という人も多いかもしれませんが、7日間や15日間、20日間、31日間も「お正月」の期間なのですね。 正月飾りを片づけるのは、一般的には松の内なのですが、二十日正月に片付ける人もいるそうです。 地域やご家庭によって異なりますので、年配の方などに確認すると良いですね。 関連: 関連: 関連: -.

次の

門松の意味や由来とは?いつからいつまで飾る?処分方法について

門松 いつまで

お正月に松飾りを飾る風習は日本各地にみられます。 新年の縁起物ですが、お正月のいつまで飾るのが正しいのかご存じでしょうか。 今回は、松飾りを飾る時期や処分方法などを紹介します。 気持ちよく新年を迎えるために知っておきましょう。 そもそも松飾りを飾るのはなぜ? 松飾りは、お正月に玄関や門に飾っている松の枝の正月飾りのことをいいます。 子どもの頃からなじみのある人も多いのではないでしょうか。 しかし、そもそもお正月に松飾りを飾るのはなぜでしょう。 その目的や、なぜ『松』なのかという理由を紹介します。 なじみのある風習であっても、改めて学ぶと意外なことが見えてくるかもしれません。 年神様を迎えるため なぜ松飾りをお正月に玄関や門に飾るかというと、年神(歳神)様の依り代と考えられているためです。 つまり、松飾りがある間は『年神様がいらっしゃる』という意味合いを持ちます。 ちなみに、この『年神様』という呼び方は地方によって異なり、『お正月様』や『大年神』、『お歳徳さん』などとさまざまです。 年神様は、『穀物神』と呼ばれ、新しい年に福をもたらし、厄を払い、家族を幸せにすると信じられています。 古来、日本では年神様が気持ちよく来訪してくださるように、家を掃除して飾り付けを施してきました。 松を使う理由 松は常緑樹で冬も枯れずに青々としていることから、長寿を願う縁起物とされています。 さらに、松は『祀る(まつる)』に発音が似ているので、神様をまつる木としても親しまれてきました。 また昔から神様は木のこずえに宿るとされており、その中でも松は神様の依り代として考えられています。 そのため、松飾りだけでなく門松も、玄関や門に飾られるのです。 松飾りはいつからいつまで飾る? クリスマスが終わればあっという間にお正月ですが、松飾りはいつからいつまで飾るのが正しいのかご存じですか? 人によっては、クリスマスツリーをしまうのと同時にお正月の飾り付けをする人もいます。 気持ちよく新年を迎えようという気持ちが伝わるのですが、実は飾り付けをするのに避けるべき日があるのです。 この機会に知っておきましょう。 松の内以降から 松飾りだけでなく、鏡餅や門松、しめ飾りなどのお正月飾りは、松迎えと呼ばれ、12月13日以降に飾るのが一般的な習わしです。 この日から松飾りを玄関や門に飾ってよいとされています。 しかし、時期としてはやや早いと感じる人もいるかもしれませんね。 25日のクリスマスツリーを片付けてからお正月の飾り付けをするのも、松迎えを過ぎているので間違いともいいきれません。 とはいえ、飾り付けるには避けるべき日があるといわれるので、その点には留意しましょう。 避けるべき日がある お正月の飾り付けをするのに、実は12月29日、30日、31日は避けた方がよいとされています。 29日は『苦』を連想させる『9』が入っており、30日、31日は数え方によって『一夜飾り』となるからです。 一夜飾りだと、年神様に対して誠意に欠けるとされています。 12月28日までに飾り付けるのが難しいようならせめて31日を避け、30日を選ぶとよいでしょう。 そして、気持ちよく新年を迎えてはいかがでしょうか。 松の内が終わるときに片付ける 松飾りや鏡餅、しめ飾りなどのお正月の飾り付けは、松の内の期間が終わるときに片付けます。 ちなみに、松の内の期間が終わることを『松の内が明ける』と呼びます。 一般的に1月7日に松の内が終わりますが、地域によって差があるので、次で詳しく確認しましょう。 地域の習わしに合わせるがベターです。 いつまで飾るかは地域によって違う お正月の飾り付けを片付ける日は、地域によって違います。 一般的には、松の内が終わる1月7日までとされていますが、小正月(1月15日)や二十日正月(1月20日)までという地域もあるようです。 1月15日前後に、『どんど焼き』と呼ばれる火祭りが行われます。 地方によっては、『左義長(さぎちょう)』とも呼ばれていますが、中心に長い竹を立て、その周りに古いお札や正月飾り、書き初めなどを集めて火をつけて焼き上げるというものです。 このどんど焼きのタイミングで、松飾りやしめ飾りなどを片付ける人も多くなっています。 どんど焼きでは、炎や火の粉が高く舞い上がるほど縁起がよいとされており、無病息災を祈願して残り火で焼いた餅を食べる地域もあるようです。 東京は1月7日 東京では、1月7日まで松飾りを飾る家が多くなっています。 一般的に現在の暦では、7日までを松の内と呼ぶので、そのことを意識してのことでしょう。 松飾りを取り外す日時は、6日の深夜または7日の早朝というのが、一般的な風習とされます。 また、九州では、7日に『鬼夜』と呼ばれる行事が久留米市の大善寺玉垂宮で行われます。 日本三大火祭りのひとつともされているこの行事が 意識され、九州では松の内を7日までとすることが多いようです。 大阪は1月15日 大阪では、小正月である1月15日まで、という習わしがあります。 それは、どんど焼きが行われるからという理由もあるのですが、松の内は、もともと日本各地で15日までと決められていたことが影響しています。 そのころは、鏡開きも各地で20日に行われていました。 松の内は年神様が鏡餅に宿っていらっしゃるので、松の内が終わってから、鏡開きをするというわけです。 しかし、江戸時代の慶安4年4月20日に徳川三代将軍の家光が亡くなり、毎月20日は家光の月命日となりました。 そのため、『月命日に鏡開きはよくない』ということで1月20日を避け、鏡開きを1月11日に行うようになったと伝えられています。 とはいえ、1月11日は松の内です。 年神様がいらっしゃるときに鏡開きを行うのは失礼だと考え、徳川幕府が『1月7日をもって飾り納め』を指示する通達を出します。 そして、幕府のお膝元である関東では松の内が1月7日までとなり、正確に情報が伝わらなかった関西ではそれまで通りに松の内は1月15日までとなったといわれています。 地域によっては1月20日 岐阜県や石川県、群馬県などの一部では、二十日正月である1月20日まで、お正月飾りを飾る風習があります。 その地域によって、違いがあるので、その土地の風習に従うようにしましょう。 松飾りの処分方法 松飾りを飾り付けるなら処分方法を知らないといけません。 既にどんど焼きについて触れましたが、さらに詳しくお伝えします。 お住まいの地域で決まりがあれば、それを優先させることになりますが、一般的にはこれから紹介する方法で処分すれば問題ありません。 どんど焼き 昔から日本では小正月の1月15日に『どんど焼き』という火祭りで、集められた松飾りといった正月飾りを焼いて、奉納していました。 今でも、神社などでどんど焼きは行われています。 普通に処分するのはちょっとためらわれるものを処分するのに適しているでしょう。 『どんど焼き』という名前が付けられた由来は、 火を燃やすとき「尊と(とうと)尊と(とうと)」とはやし立てていたのがなまり、後にどんど焼きとなったという説や、 どんどん燃える様子からつけられたという説があります。 地方によって以下のように名称がさまざまです。 左義長• とんど焼き• どんと焼き• 鬼火焼き• さいと焼き• 道祖神祭 別の地方に引っ越しすると戸惑うかもしれませんね。 どんど焼きについて詳しくは、神社や古くから住んでいる人などに聞いてみてもよいでしょう。 自分で処分する場合 どんど焼きを行っていない地域では、自分で処分する必要があります。 庭のある一戸建てに住んでいるのであれば、庭の土を塩とお神酒で清め、その土の上で正月飾りを焼きましょう。 そのときに出た灰は、そのままにせず新聞紙で包んで捨てます。 マンションなど、自宅で燃やすことが難しい場合、大きめの紙を用意して、右・左・中と塩を置いたら、その紙で正月飾りを包み、他のゴミとは別にして、1つのゴミ袋に入れてゴミに出すという方法もあります。 少し手間に感じるかもしれませんが、正しい方法で丁寧に処分しましょう。 正月飾りを置く場所 番外編として、正月飾りを置く場所についてもお伝えします。 マンションの家庭も増えてきているので、簡略化されることもありますが、お正月らしく飾りましょう。 正月飾りを置く場所は知っておいて損はないですね。 門松・しめ縄は玄関に 一戸建ての場合、門松やしめ縄は玄関の外に飾るのが基本です。 とはいえマンションの場合、玄関ドアの前は共用部分にあたるので、正月飾りを置くことは避けた方がよいかもしれません。 とはいえ、各マンションの方針によっても異なるところなので、ルールを再確認することをおすすめします。 もし飾ることが禁止されているなら、玄関の内側に飾っても問題ありません。 最近では、さまざまな大きさのものが販売されているので、コンパクトなものを選べばインテリアの邪魔にならずに飾ることができます。 場所がなければ略式で 住宅スタイルの変化でお正月飾りは徐々に簡略化される傾向にあります。 小ぶりなものから手の平サイズまでいろいろあり、ミニ門松だけでなく門松風の寄せ植えも売られています。 中には、お正月飾りを自分で作る人もいるようです。 洋室にも合うような略式を選択する家庭も多くあります。 飾る場所がないように思えても、略式なら工夫次第でお正月らしさを味わえます。 鏡餅は神棚や床の間 一般的に鏡餅を飾る場所は神棚や床の間と決まっています。 三方に半紙または奉書紙を敷いて飾り付けます。 しかし、最近の住宅では一戸建てでも神棚や床の間が無いという場合も多いでしょう。 もし、置く場所がなければ、居間や玄関からなるべく離れた場所に飾るようにしてください。 飾り棚や小さなテーブルの上に置いて、お正月らしく改まった雰囲気で飾りましょう。 新年を心地よく迎える準備です。

次の

門松の意味や由来とは?いつからいつまで飾る?処分方法について

門松 いつまで

松~冬でも葉が落ちない常緑樹なので、古くは中国で生命力や長寿などの象徴で神が宿る木とされていました。 また 松は「祀る(まつる)」ともいわれている樹なのです。 竹~とても生命力が強く数年で真っ直ぐ大きく育ちます。 このことから 生命力や繁栄の意味があります。 梅~昔は新年の始まりが梅の花が咲く季節とされ、 紅白の花は縁起が良いとされていました。 竹の形が地方によって違いがあります。 竹の先端が斜めに切った形はよく見かける門松ですね。 「そぎ」と言うそうです。 地方によってはこの竹の先端部分が真横に切った形のものがあるそうです。 「寸胴(ずんどう)」と呼ばれています。 お正月に門松を飾る意味は?左右ある理由は? お正月に門松を飾る意味は? 松は昔から神が宿ると考えられていたようです。 そこで門松を立てることで、年神様を家にお迎えするための依り代として置かれるようになったとのことです。 年神様とは、毎年お正月に豊作や幸せを家にもたらしてくれる神様のことです。 門松が左右にある理由は? 門松を立てる時は必ず左右飾ってあります。 松の種類が2つあるというのをご存知ですか? 門松はそれを右と左の対にして飾るのですが、その2種類について説明しますね。 片方が 黒松「雄松」、もう片方が 赤松「雌松」と呼ばれているものです。 門松の飾り始めは、12月13日の「正月初め」という行事があり、煤払いなどをして清めた後に門松を飾るようになります。 ちなみに 12月29日は「二重に苦しむ」、12月31日は「一夜飾り」として縁起が良くない日として飾らないようにと言われています。 逆に 12月28日は「二重に末広がり」として縁起が良いとされていますので、この日の午前中に飾る方が多いようです。 松の内の終わりは地域によって違い関東は1月7日、関西は1月15日となっています。 門松の片付け方は? 今は毎年使いまわす家庭も増えているようです。 ですが門松は神が宿っているものとされていますので、 神社などのどんと焼きの時に持っていき、お清めしてからお焚きあげしてもらうのが正しいとされています。 来ていただいた神様にお帰りいただくという意味になりますね。 詳しいことは神社に相談して見るのが良いと思います。 門松を飾って年神様をお迎えしましょう。 ですが 年神様を迎えるという大事なお役目を持っている 門松です。 マンションにお住まいの方でも玄関先に小さくても飾って、気持ちよく年神様をお迎えする準備をしてみてはいかがでしょうか。

次の