エクスセンス。 エクスセンスのリールはシーバスアングラー憧れの1台!?特徴と口コミまとめ|TSURI HACK[釣りハック]

エクスセンス[EXSENCE]|スピニングリール|リール|製品情報|シマノ

エクスセンス

62 2 134. 5 109 1. 7 4~28 0. 4~1. 69 2 138. 6 124 1. 6 5~32 0. 5~1. 79 3 98. 0 126 1. 5 4~32 0. 4~1. 90 3 102. 0 127 1. 4 5~40 0. 6~1. 90 2 149. 2 135 1. 5 6~40 0. 6~1. 00 2 154. 2 144 1. 5 6~40 0. 6~1. 74 2 141. 3 132 1. 6 8~48 0. 8~2. 92 2 150. 1 143 1. 5 8~48 0. 8~2. 05 2 156. 3 152 1. 8 8~48 0. 8~2. 0 64,500 39262 6 *• アジングロッドと錯覚するほどの金属的でキレ味のあるブランクス。 ティップは繊細、ベリーからバットはシャープに仕上げた、メリハリの効いたロッドアクションを採用。 流れやボトムタッチに対する感度など、あらゆるものに対して敏感。 そして明暗部や流れの変化など狙ったゾーンの中で、アングラー意図通りにルアーを操れる精度が特長。 ラインがスムーズに出やすいテーパーによって、フッキングした瞬間からドラグがサウンドするエキサイティングなファイトを実現。 1はソリッドに迫るしなやかさを備えた[ソフチューブトップ]を搭載し、軽めのルアーや波動の弱いワームなどを水の流れになじませてナチュラルに操ることができ、ショートバイトにもしっかり追従。 2は硬さのギャップがある 1と 3を綺麗に繋げる役目。 体幹となる 3は30gクラスや波動の強いルアーを正確に操り、掛けてからは粘り強く曲がってシーバスの引きを吸収し最後まで安定したファイトをサポート。 特殊な3ピース構造を採用。 1はソフトティップを重視しつつ重めのルアーに対応する適度な張りも兼備し、ナチュラルかつレスポンス良くルアーを操ることができ、ショートバイトにも追従。 2は硬さのギャップがある 1と 3を綺麗に繋げる役目。 体幹となる 3は30gオーバーや波動の強いルアーを正確に操り、掛けてからは粘り強く曲がってシーバスの引きを吸収し最後まで安定したファイトをサポート。 シーバスやフィールドとの対話を楽しめる極上の曲がりを追求し、鞭のようにしなやかで強く、ロッド全身が躍動的に曲がるレギュラーテーパーを採用。 あらゆるキャストモーションに対してロッドが正確に追従し、ウェーディングで身体の動きが制限された状態などでも高精度のキャストをサポート。 いったんシーバスが掛かるとバット部までスムーズに曲がり込み、シーバスのクイックな動きにも絶妙なサスペンション効果を発揮して、バラシやラインブレイクのミスを抑制する。 例えば橋脚下の暗部に潜むランカーシーバスの攻略。 簡単にバイトしてこない上にランディングの難易度が高く、繊細さやパワーだけのロッドでは攻略が困難である。 このロッドは、ティップは柔軟でありながらベリーからバットを強靭に仕上げたメリハリの効いた設計を採用。 水の流れに同調したナチュラルなルアーアクションを狙い通りのコースにトレースできる緻密さ、明暗部の境目などでルアーを正確にターンできる操作性、バイトがあれば一気にフックを貫通させてそのまま強引にストラクチャー際から引きずり出す暴力的なパワーを高次元に実現。 向かい風をも切り裂くキャスト性能、少ないモーションでルアーを緻密に操れるリニアな操作性、水中にあるルアーが今どんな状態なのかを鮮明に伝える金属的な感度、バイトがあれば速攻でフッキングを決めてスピーディーに引き寄せられる瞬発的なパワーなど、攻めの動作をサポート。 タメきれ、ブランクス 高強度素材の採用で進化した、次世代の基本構造「スパイラルX コア」 シマノ独自の設計・製造方法により、曲げ、ネジレ、つぶれなど、あらゆる方向に対して、さらなる高強度化を徹底追求。 選りすぐりの素材でさらなる高強度化を実現しました。 一般的な構造との比較で、ネジリ強度1. 4 倍、つぶれ強度2. 5 倍を達成(当社比)。 さらにスパイラルX との比較でも、ネジリ強度10%アップ、つぶれ強度15%アップを達成(当社比)しました。 キャストフィールの向上と飛距離アップに貢献 ラインのダメージも低減するシマノオリジナル高性能ガイド ロッドメーカーの観点から、ブランクスが備える潜在能力を十二分に引き出すために誕生したX ガイド。 「エクスセンスGENOS」のバットガイドに採用されるX ガイド エアロチタンは、軽量チタン中空フレームに、シマノオリジナルの特殊表面仕上げを施した、高強度・高耐摩耗の軽量薄肉金属リングを搭載。 角や凹凸のない滑らかなラウンド形状のフレームはライン抵抗が滑らかで、トラブルを低減し、キャスト時にフレームへラインが当たった場合でも、ラインへのダメージを減らします。 さらに3D テクノロジーにより設計されたコンパクトなフレームに大口径のリングを搭載することで、ラインの放出抵抗とキャスト時の空気抵抗を低減し、キャストフィールと飛距離性能が向上。 軽さ、トラブルレス、キャスト性能を高次元に融合させたシマノオリジナルの高性能ガイドです 劇的進化の 個性派集団 シーバスゲームにおける極上の感覚、感性、感動…。 根幹となるコンセプトはそのままに、時代に先駆けた先進テクノロジーを取り入れることで変貌を遂げてきた。 各アイテムは、それぞれのコンセプトに応じ、幾年もかけて磨き上げてきたOne by One の独自設計を採用。 戦闘能力を特化させた個性派集団が、極みを追い求めるアングラーに本物の一本を提案する。

次の

【ブログ】 アンタレスDCMDとエクスセンスDC

エクスセンス

先日の大分釣行の時は、18ステラのレビューになりましたが、ランカーGETの裏にはエクスセンスジェノスの能力の凄さがありました。 先般からジェノスの凄さは、いくつか記載してきましたが、実釣的な目線で書いてみたいと思います。 これまでエクスセンスは前シリーズの910ML Respect the Sanctuary)を使用しています。 まず長さも比重も違うので、対象比較にはなりせんが、前作のエクスセンス910MLはロッドを曲げてルアーの飛距離を出し、リッドを曲げて魚を取るような感覚です。 デメリットは20g以上のルアーになってくると、竿を使ってロッドアクションをするのに力が伝わっていない所です。 特にバイブレーションを70m~90m遠投した状態は、ロッドアクションでルアーに変化を与えるのは難しいです。 別府湾でランカーを取る直前に、奥さんが撮影した写真。 無風にも関わらず、すごい水の動き。 笑 ガチでチャンスタイムでした。 やっぱりサイズを求めると、流れの中でのルアーの動きは本当に重要で、ココ一番でアクションさせて食わせの間を取りたい時は、ロッドにパワーが必要です。 特に前回釣りをした、広大なエリアで遠投を伴う場合は、特にパワーが欲しいところです。 今までは、パワーを求めると感度や軽さが損なわれるロッドが多かった気がしますが、ジェノスは見事に全てカバーしてきました。 これからもっと軽くなっていくのかと、想像するだけでワクワクします。 ステラとの組み合わせも完璧でした。 人やモノから影響を受けやすい人いますか? 僕の友達で福岡でラーメン屋を夫婦でやってる友達がいます。 旦那はラーメン屋の大将。 その嫁は僕の幼馴染です。 旦那は元ヤンキーで、死ぬほど攻撃的な性格で、よく分かり合えていない状態で会うと、敵意を出しながら来るので、危険な奴でした。 笑 でも分かり合うと、本当に優しく、実はネガティブだったり、上昇志向の強い奴だったり。。。 色んな一面が見えてくる奴なのです。 そんな大将の凄いところを紹介したいと思います。 この男は人から影響を受けやすい男と言って間違いないです。 例えば、立派な男になりたい!ラーメン屋を繁盛させまくって2号店を出す! みたいな野望は昔からありましたが、実際の現実とのギャップが訪れるとストレスになって、イライラしているのを何度か見たことがあります。 しかし、変化はいきなり訪れました。 死んだ先代大将の味を、ここに残す。 その原点としっかり向き合い、目の色が変わり、変化しまくっています。 何が彼の心を動かしたか分かりませんが、ここまで変化出来る事そのものに感動します。 開店前に並ぶ客を見て舌打ちをするような不愛想な男が。。。 今や口から出る言葉も、表情もすべて愛と感謝で溢れかえってしまっています。 僕は完全に変化しきった彼を見て、どんな状態でも変わる事の出来る『素直さ』を持ち合わせた人間が幸せになるんだと思いました。 僕も彼を見るたびに、良い情報からいっぱい影響を受けて、幸せになろうと思います。 ちなみにその店の名前は福津市の『楽亭』というラーメン屋です。 顔は怖いけど、愛と感謝でいっぱいなので幸せな気持ちになれます。 笑 皆も変化しませんか? 悪いところがあるから、変わるのではありません。 幸せになるために、変化しましょう。 人の体は食べたもので作られます。 なら人の心は??? 人の心は、聞いた言葉で創られます。 良い情報や、良い言葉を持ってる本や人に会って、心を動かしましょう。 そして未来はどうやって創られるか??? 未来はあなたが発した言葉で創られます。 皆、誰がなんと言おうと、キレイゴトだけで生きていくべきです。 俺は今日も、会社関係者や奥さんの前でキレイゴトしか言わない! 皆さんも最高の一日になりますように!!!!.

次の

エクスセンス S1110M/RF インプレ

エクスセンス

20エクスセンスBBと19ストラディック 2020年に発売されたエクスセンスBB(左手)、19ストラディックは19年夏に発売されたモデルです。 エクスセンスBB、ストラディックともにモデルチェンジという形でした。 あとから出たのがエクスセンスBBになるのですが、ストラディックよりも良い面もあるのですが、スペックではストラディックのほうが良さそうです。 エクスセンスBBはシーバス専用機という形でリリースされており、4機種出ています。 ストラディックは汎用機というだけあって、ライトゲーム・トラウトに適したモデルから、ライトショアジギングまで使えそうな中型機まであります。 今回、主に比較するモデルは4000MHGです。 スペック比較 4000MHGのスペックを比較します。 ストラディックはロングストロークスプールを採用しています。 ストラディックはロングストロークスプールを採用 エクスセンスBBはダメ? ストラディックに比べて見劣りするのか?と言えば、価格もストラディックに比べて抑えられています。 そう考えると、決してエクスセンスBBはダメだと言いません!! エクスセンスの良い点としては、ライントラブルを減らすワンピースベールの採用しています。 これはストラディックも採用されています。 ねじ込み式ハンドルの採用など、スペック的には魅力的です。 こちらもストラディックも同様にねじ込み式です。 また、エクスセンスBBは高級感がずいぶんとあります! ベールの止めているネジを見比べても、なんだかエクスセンスBBのほうが、高級そうに見えます・・・。 笑 全体の黒に色調とマッチしていて、良い感じです。 ほんとだね。 笑 ストラディックの魅力 こちらはストラディックC2000Sですが、プラグやフロートを用いた釣りにPEを使っています。 遠投用という使い方では、やはり強度もあってラインを細く出来るPEは魅力的です。 PEに限らず、フロロを投げたとしても・・・ ちょっとでも飛ぶとするなら?釣果は長い目でみれば飛躍的に上がる可能性はあるでしょう。 青物を狙っている際も、やはり沖のナブラを撃つ時も遠投性能というのは本当に魅力です。 ストラディックは青物を中心に狙おうと思っていたので、4000MHGは右巻きで使っています。 ハンドルノブはEVAのラウンドタイプに交換しています。 まぁ、C2000S、C3000HG、4000MHGと使っていますが・・・。 本当、よくできていて満足度が高いです。 飛距離=釣果アップを考えるならストラディックがオススメです!コスト面では上がりますが、期待度は高いです。 両リールは悪い点が無いのか?? エクスセンスBBに関しては、巻き心地はボチボチ・・・。 と言ったところです。 この辺の巻き心地はストラディックのほうが良いです。 見た目も良いのですが、全体的が黒なので傷などは目立ちそうです。 ストラディックに関しては、んー・・・。 あんまり無いと言うのが正直なところです。 ブラックのスプールエッジ部分は、どこかで擦ったのか当たったのかで傷が入っています。 なので、ん~・・・。 使い方が悪いと言えばそれまでですが、傷が付きにくそうな素材が良かったかなぁ。 と思います。 さいごに 4000MHGを比較で用いましたが、4000MHG以外の番手でも言えることがあります。 ただ、ロッドに関して黒色基調の竿と合わせるとなると・・エクスセンスBBは見た目が非常にカッコいいと思います。 値段も抑えられているため、予算・デザインに合わせて使うのも良しです! 少しでも参考になれば幸いです。

次の