ポケモン アニメ 時 系列。 テレビアニメ

ポケモン映画人気ランキング2018!歴代作品でファンに人気の作品は?

ポケモン アニメ 時 系列

そして、何故チゴラスがその中に選ばれたかというと、ポケモンの最大のキーワードであるティラノザウルスの化石がモチーフに選ばれている可能性があるためである。 これはポケモンの中で一番の矛盾に近い内容になっている。 その1つが、ポケモンの幻の3つ目のプロット。 ティラノの化石がついに世界を壊し始めるようなスタイルで、今自分達の世界は何なのかという問いかけに必要なものなのであった。 そして、その問いかけとは「自分の生きている世界は何なのか?」というところに集約する。 この世界には、ポケモンの中での矛盾【進化論】という存在をないがしろにしてはいないだろうか。 肉は何の肉を食べているか、ポケモンの歴史が進むとその話はそらされている。 「ダイヤモンド・パール」ではその肉に対しての描写はあるが、今度はポケモンの進化の過程がない。 いつ頃からポケモンの固体は存在したのか。 151匹といいつつ、過去の世界があるのならオーキド博士の151匹説はその時点で破綻している。 というように全ての設定が後付にされつつあるのだ。 延命の処置のようにしか見えない内容も存在する。 こういった世界観をまず逸らし、キャラクターとの友情や絆を描く作品になったというのが現在のポケってモンスターの作風なのである。 悲観や批判するつもりではないが、どうしても今のポケモンの構想は全てがパラレルワールドの様な世界線になっている以上、考察するのが膨大になってくる。 アニメやゲームの設定に対して違うだろうと思う人たちや懐古などの発言で一度荒れてしまうものも多いが、はっきり言えば本当に昔のポケモンと今のポケモンはかけ離れたものになってしまっているのである。 そしてメガシンカというポケモンの最大の謎であった進化論に対しての答えかのように進化した世界を過去にする事で新しい世界が生まれていることを作り上げたメガシンカ世代がその上に立つことになっている。 ポケモンは原作のゲームではこの3つの世界観に現在分かれており、似たような事件や問題は多少違うが世界に影響した何かに分類されているのが特徴である。 しかし、ここからかなり厄介な問題に直面する。 世界観を考察するに当たってアニメとゲームで分類する際に一番恐れていた関連性が次々と明らかになっている点だ。 基本的な事例としては近作のダイゴだろう。 初代ポケモンのムサシ・コジロウというのもあるが、実質的なファンサービスとメインキャラには全く関連性がなかったので少し異なる。 どの時代であれ、ポケモンは密接に世界観ではアニメとゲームでは関わることが多い。 しかし、サトシという存在はゲームでは抹消されているところから見るとレッドとサトシは同一線上に存在することが出来ないのかもしれない。 故に、oras世代ではまだサトシの存在になる同一人物が存在しない以上、可能性は大いにあるともいえる。 サトシ自身ポケモンゲームのヒロインとは会っているのだから、やはりパラレルワールドの何かという分類にされるのだろうが、ポケモンレンジャーやアランなどの番外編は実質繋がっている部分も多い。 何度も引き合いに出すが、ポケモンの番外編のアランがもしORASの作中のキャラであるとしたら、メガシンカ世代からは一方通行な世界観 アニメからゲームの逆輸入情報 が変わる可能性もあるのではないだろうか。 閑話休題だが、ポケモンの作者に聞いたところによるとこのような返答が返ってきたという。 初代世代のポケモンではまず大きな事例が2つある。 1つ目は ミュウツーのフジろうじんの事件 2つ目は ロケット団の壊滅 にあると過言ではない。 主人公がチャンピオンになるということも含まれるが、世代間でいうと2回も上書きされたことになる上、チャンピオン=ポケモンマスターか名誉トレーナーという象徴の為希少価値ではあるが、まだ数は多い部類に入っているので大きな事例には含まれないのではないかと推測した。 1つ目のミュウツーはそこまで大きな事例だったかと言えば違和感が大きいかもしれないが、後のゲノセクトなどの問題を含めると強ち過小評価では問題な感覚を受けたのだ。 ミュウツーがある意味ではポケモンの世界観では黒いほうで有名ではある。 その上、初代の世界観の中ではフジ老人はある意味で一番謎な存在だからだ。 この一件でなにかしら人工的な物事が起き始めた・ポケモン実験などの騒動の一角が露見したものだ。 また現実に密接に関係したギアナ高地・ポナヤツングスカなどローファンタジーさも出しているのも理由に入る。 2つ目は非常に重要な【金銀世代】に向けてのメッセージが向けられていた為だ。 3年後の問題は全てここから始まったのも過言ではない。 しかも、それに向けた数々の施設の低迷など近年では当たり前のようだが、カントー地方の繁栄のなさも伺える理由の1つである 後述。 経済の動きを見ると、リミックス作品・アニメ作品の監督は初代世代からの為アングラな内容を含めるとカントー地方はあまり恵まれている場所ではないことが予想されている。 世界的な大不況も設定上存在し ポケットモンスター The Animation 、ヤマブキシティはまずその時代ではリニアも通っていない事から、経済発展都市という側面が非常に強いのであろう。 偉大な仕事をいきなりの初心者に任せる等、人員不足も伺える。

次の

ポケットモンスター (アニメ)

ポケモン アニメ 時 系列

概要 [ ] を主人公とするポケモンアニメシリーズの第7シリーズ。 に発売されたゲーム『』の舞台であるを含む、全ての地方が舞台となっており、それぞれの地方のさまざまなも登場する。 タイトルは、アニメ『』シリーズの第1作目『』と同一。 過去のアニメシリーズはアニメ放送と同時期に発売された本編ゲームをベースにしていたが、本作は『ソード・シールド』をベースとせず、独自のアニメオリジナル作品となる。 これはや前作からの放送時間変更などの環境変化にゲーム・カード・玩具といったポケモンのコンテンツが対応していることに鑑みて、アニメも方向転換して原点に立ち返り、自由な発想で制作することになったためである。 それに伴い過去作にあったジム巡りはほとんどなくなっている。 また本作が放送される日曜日は視聴者が必ずしも毎週家に居られるわけではなく、連続するストーリーを欠かさず視聴するのは難しいという考えから、ストーリーは基本的に1話完結方式となる。 ただし、『ソード・シールド』以降に登場した人物や、ワンパチやヒバニーをはじめとした第8世代ポケモン、スマホロトム、キョダイマックス、同作のBGMアレンジ、といった要素は一部ストーリーに組み込まれている。 第1話ではまだだった頃のを描いたアニメポケットモンスターのすべてのはじまりの物語が描かれた。 ・クチバシティに新しくできたポケモン研究所である「サクラギ研究所」が、冒険の拠点となり 、サクラギ研究所のリサーチフェローとして住み込みでポケモンの様々な生態を調査することが本シリーズの大きな目的となる。 本作はダブル主人公となっており、サトシに加えて、新キャラクターのがもう一人の主人公として登場する。 ストーリーは基本的にサトシとゴウを軸とし(ピカチュウやロケット団が中心となる回もある)、リサーチフェローの仕事などで各地方に赴き、現地のポケモンと出会い冒険やバトルなどを行う。 第6話以降はゴウが出会い頭にポケモンをゲットする展開もよく描かれる。 第12・13話の回を発端として、第18話以降はポケモンワールドチャンピオンシップス内のポケモンバトルも描かれるようになる。 第1話ではサトシがピカチュウを貰うシーンが一部描かれており、第2話でサトシの部屋にカントー地方からで手に入れたバッジやトロフィーが置いてあることや、ピカチュウが前作で覚えたエレキネットを使用していることから、前作最終回でアローラ地方から帰還後のストーリーである。 演出面ではがにヒットした際に『』および『』と同様、「Good! 」等の音声が入るようになった。 また、バトルに慣れていないゴウは出会い頭にボールを投げる手法をとり、ポケモン同士を戦わせて弱らせてからボールを投げることはほとんど行わない。 Let's ポケなぞ!! 」がスタートする。 アバン前でを出し、ED後に答えを発表する。 クイズの答えは全てその回に登場するポケモンとなっている。 『』2019年12月号からの『』と交代する形で五味まちとによるコミカライズ版が連載されている。 沿革 [ ] 2019年にタイトル及び概要が明らかとなり 、系列で放送予定であることが発表された。 同年に登場キャラクターと放送開始日、メインスタッフが発表された。 2019年に、直前特番『と行く!アニメ『ポケットモンスター』の世界!〜アニポケ徹底解説スペシャル〜』が放送された。 番組初回となる2019年に、拡大スペシャルとして放送された。 あらすじ [ ] のとある場所にピチューが棲んでいた。 一人ぼっちだったピチューだが、ある時ガルーラ親子に出会い共に暮らすようになる。 一方、オーキド博士のキャンプにコハルと共にやってきたゴウはふとした事からミュウを目撃し、いつかミュウをゲットする事を誓う。 やがてピチューとガルーラの子供は大きくなっていき、ピチューは親のガルーラに負担がかかっている事を悟り、別れる事を決意。 ある夜ガルーラ親子が寝ている際に彼女らの元を離れたピチューは、直後ピカチュウへと進化し、どこかへ旅立っていった。 そして4年後にサトシと運命の出会いを果たすことになる。 その後、様々な地方を旅したサトシとピカチュウはオーキド博士に誘われ、クチバシティにあるサクラギ研究所のオープニングセレモニーに同行する。 セレモニーの最中、珍しいポケモンの出現をサクラギ博士が予測し、サトシはその出現したルギアを追いかけている際にゴウと出会う。 そして、サトシとゴウがルギアと出会った際の出来事を聞いたサクラギ博士は2人をリサーチフェローに任命し、新たな生活と冒険が始まった。 そして2人は、ガラル地方に赴いた際にダンデと出会ったことでサトシは新たな目標を定め、「ポケモンマスターになることと、チャンピオン・ダンデとのバトルを目指す」サトシと、「すべてのポケモンをゲットする」ゴウ、2人の物語が展開する。 登場人物 [ ] 「」を参照• 既存キャラクター• 前作から引き続きサトシ、サトシのピカチュウ、ロケット団、オーキド博士、ハナコらが登場しており、から登場しているキャラに関してはが変更されている。 ロケット団3人組は『BW』以降と同様に毎回は登場しなくなり、『SM』と同様に登場は第3話からとなった。 また前作まではソーナンス以外のポケモンはその地に赴いた際に入手したポケモンを使用していたが、本作では主に本部から支給されたロケット・ガチャットというメカから出たポケモンを使用している。 新キャラクター• 新主人公としてゴウ、仲間としてコハルとサクラギ博士といったオリジナルキャラクターが登場する。 ジョーイ、ジュンサーのデザインや声優は『BW』・『XY』・『SM』同様一新された。 またDP以前のデザインも登場する。 以下の人物・団体は個別項目を参照。 メインキャラクター• - ロケット団• - 林原めぐみ• - うえだゆうじ• - 犬山イヌコ 準メインキャラクター• - その他のキャラクター• - 堀内賢雄(サトシ)、(ゴウ)、大谷育江(ロケット団)• 用語 [ ] 本作独自の用語 [ ] ポケモンワールドチャンピオンシップス [ ] 世界最強のトレーナーを決める大会。 第18話の描写では、参加選手は10000人以上いる事が確認されている。 第12話ではガラル地方のシュートスタジアムで開催された決勝戦が描かれ、ワタルとダンデがポケモンバトルをした。 ルール ポケモンワールドチャンピオンシップスとしてのポケモンバトルはポケモンジムなど、様々な場所で行われている。 バトルをする場合はどこからかドローンロトムが現れ、その立ち合いの下でポケモンバトルを行う(ワタルとダンデのポケモンバトルを除く)。 クラス ポケモンワールドチャンピオンシップスの選手の称号。 「ノーマルクラス」「スーパークラス」「ハイパークラス」「マスタークラス」が存在する。 ノーマルクラス 最低クラス。 順位が1000位以下の選手の称号。 ポケモンワールドチャンピオンシップスの選手になる以前にどんな地位にいようと、選手としてデビューした時はこのクラスから始める事になる。 スーパークラス 順位が100位から999位までの選手の称号。 ハイパークラス 順位が9位から99位までの選手の称号。 マスタークラス 最高クラス。 順位が1位から8位までの選手の称号。 マスターズエイトとも呼ばれる。 ワタルやダンデなどが該当する。 順位 ポケモンワールドチャンピオンシップス内のバトルを1度でもすれば付けられるもの。 勝利すれば上がり、敗北すれば下がる。 上記のようにある程度まで順位が上がれば上のクラスになれる。 選手一覧 ランク 選手 順位(第20話現在) マスタークラス 8位以上 ノーマルクラス 1024位 1512位 2109位 不明 不明 その他 [ ] サクラギ研究所 本作の拠点。 第2話でクチバシティに新設されたポケモン研究所で、サクラギ博士が所長を務めている。 助手にキクナ、レンジがいる。 サクラギ博士・コハルの自宅からは離れた場所にあり、サクラギ博士は車で通っている。 リサーチフェロー 様々な地方・場所に赴き、その地のポケモンを調査する役職。 現在はサトシ・ゴウがリサーチフェローとなっている。 スクール コハルが通っている学校。 ゴウもスクールの生徒だが、最近は通っていない。 ロケット・ガチャット ロケット団3人組(ムサシ・コジロウ・ニャース)が本作でポケモンを使う状況で使用する風の機械。 中にはロケット団専用のポケモンが入ったモンスターボールが入っており、コインスロット・ハンドルが付いている。 ムサシ・コジロウが呼び出すことで、本部のが飛んできて、その口からロケット・ガチャットを落とす。 使用時はニャースの小判をコイン代わりにスロットに差し込み、ハンドルを回して中のボールを取り出す。 どのボールが出てくるかはランダムであり、基本は二個だが一個しか出ない場合もある。 ボールにはそのポケモンの使用技が書かれた紙も一緒に入っている。 強力なポケモンから、実力の読めないポケモン、大型のみならず小型のポケモン、一つの技しか覚えていないポケモン、同じポケモンが2匹入っていること等もおり、出てくるボールのランダム性と相まって滑稽な一面も見せている。 レイドバトル 1匹のポケモンに複数のトレーナー・ポケモンが挑むバトル。 劇中では5人のトレーナー・5匹のポケモンがルギア1匹にバトルを仕掛けていた。 第14話では、サトシやゴウ、他3名の5人で巨大を相手にレイドバトルを仕掛けた。 本編ゲームにもある用語 [ ] ここでは本作独自の設定について述べる。 クチバシティ サクラギ研究所やコハルの通うスクールが存在する。 シュートシティ ゴウがヒバニーと運命的な出会いを果たした場所。 名物はであり、ヒバニーと3匹のクスネが盗みを働いていた。 シュートスタジアム ポケモンワールドチャンピオンシップスが開催されたスタジアム。 にはカントー地方のバトルフロンティアとが登場していたが、本作では初めてホウエン地方のバトルフロンティアが登場する。 キッサキシティ 流氷レースが流行っている。 エンジュシティ 第9話でサトシ・ゴウが訪れる。 スマホロトム 本作における。 サトシとゴウのにが入り込んだことで誕生した。 これまでのシリーズ同様、ポケモンの説明だけでなく、建物や施設の説明、さらにゲットしたポケモンを一覧にする機能が追加された。 またスマートフォンなので通話も可能。 ロケット団も黒いスマホロトムを所持しているが、こちらはポケモンの名前、分類、タイプの説明だけで「以下省略」と大雑把な解説しかしないという図鑑らしからぬ一面や、投げやりで態度が悪い部分が目立つ。 ダイマックス 通常のダイマックスは第12話に登場。 キョダイマックス キョダイマックスは第5話から登場。 本作のキョダイマックスは赤い光を浴びて急にキョダイマックスしてしまったり、キョダイマックスしても慣れていないとまともに戦えない描写が存在する。 また、第13話ではスタジアム自体がダイマックスの現象が起こりやすい場所のためか、サトシのピカチュウはボールに入らなくてもキョダイマックスが出来た。 キョダイマックスしたポケモンの力は絶大であり、普通の状態のポケモンではまともにダメージを与えることができない。 キョダイマックスしたポケモンとまともに戦うには、基本的にダイマックス化かキョダイマックス化をして戦う必要がある。 メガシンカ メガストーンを持つポケモンとメガリングを持つトレーナーの強いキズナによる進化を超えた進化。 メガシンカしたポケモンは技が強力になる上に姿のみならず、一部のタイプが変わる。 本編ではジムリーダー・コルニのルカリオがメガルカリオにメガシンカする。 スタッフ [ ] 前作からスタッフ・役職が一部交代しており、前作まで一貫して総監督を務めたはクリエイティブスーパーバイザーとなり、前作の監督であったが総監督に、同じく副監督であったが監督に就任する。 撮影監督が折笠裕子から鈴木大倫に、音楽も過去のテレビシリーズを全て担当したからに交代。 は「シリーズコンストラクション」名義でが担当する。 前作まで存在した企画は本作では廃止された。 原案 - 、、• スーパーバイザー -• アソシエイトプロデューサー - 鈴木英里子• クリエイティブスーパーバイザー -• アニメーションコーディネーター - 、坂本鼓太郎• 総監督 -• 監督 -• シリーズコンストラクション -• 制作デスク - 久米村誠(第12話 - )• 設定制作 - 鈴木隆太郎• 設定協力 - 、• 原案協力 -• キャラクター設定 - 松島賢二、松宮稔展、中津井優、林千尋、西野弘二• キャラクター原案 - 吉田宏信、久我絵理佳、安藤絵美、、阿部杏子、、金子智美、、橘髙文美恵、、橋本美咲、、ジェイムスターナー、江尾可奈子、前田咲子、鶴田沙綾、山本裕輝、、海野隆雄、網、伊藤博人、水谷恵、菜花健作、、すべての『ポケットモンスター』シリーズのキャラクター原案スタッフ• キャラクターデザイン・総作画監督 - 安田周平• アニメポケモンデザイン - 、安田周平、、、山崎玲愛、香月麻衣子、中矢利子、田島瑞穂、片山美和、坂田愛子• 美術監督 - 武藤正敏• 色彩設計 - 吉野記通• 撮影監督 - 鈴木大倫• 編集 - 野川仁• 音響監督 -• 音楽 -• 一部原曲・作曲 - 、、(第13話 - )• 音楽プロデューサー - 南沢道義、西名武• 音楽協力 -• ナレーション - 堀内賢雄• 協力 -• アニメーション制作 -• 製作 - 、、 主題歌 [ ] オープニングテーマ [ ] 今回のオープニングはまふまふが手がけた「」を様々なアーティストが歌い繋ぐ形式となっている。 一部シーンは毎回の本編からのものだが、ガラル地方が舞台となる話ではザシアンとザマゼンタが登場するもので固定されている。 になっている。 YouTubeではオリジナル映像付のフルバージョンが視聴可能。 各話リスト [ ] 放送日は全てテレビ東京系列のもの。 話数はポケモン公式YouTubeチャンネルの見逃し配信から。 放送日 話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 2019年 11月17日 1 ピカチュウ誕生! 太田都 吉野真一 11月24日 2 サトシとゴウ、ルギアでゴー! 小平麻紀 中田誠 村田理 12月1日 3 フシギソウってフシギだね? 樋口香里 堀内良平 森口弘之 森悦史 浅田真里 松岡秀明 中田亜希子 池田早香 12月8日 4 行くぜガラル地方!ヒバニーとの出会い!! 中田誠 高木啓明 高橋優 高木麻穂 12月15日 5 カビゴン巨大化!? ダイマックスの謎!! 尼野浩正 野田泰宏 新城真 12月22日 6 ポケモン大量ゲットだぜ!ミュウへの道!! 米村正二 浅田裕二 志村泉 12月29日 7 激闘のホウエン地方!挑戦バトルフロンティア!! 赤尾でこ 齋藤徳明 村田尚樹 加藤祐子 大川駿 2020年 1月12日 8 負けるなポッチャマ!シンオウ地方の流氷レース!! 尼野浩正 ウヱノ史博 篠原隆 1月19日 9 あの日の誓い!ジョウト地方のホウオウ伝説!! でんさおり 酒井裕未 柳原好貴 1月26日 10 カイリューの楽園、ハクリューの試練! 樋口香里 牧野友映 岡昭彦 重松しんいち 2月2日 11 コハルとワンパチと、時々、ゲンガー 斉藤徳明 牧野吉高 八田木瀧 2月9日 12 ダイマックスバトル!最強王者ダンデ!! 米村正二 浅田裕二 岩根雅明 志村泉 2月16日 13 サトシ対ダンデ!最強への道!! 毛利和昭 山崎玲愛 2月23日 14 初イッシュ地方!遺跡でレイドバトル!! 尼野浩正 徐恵眞 新城真 夏目久仁彦 升谷有希 3月1日 15 雪の日、カラカラのホネはどこ? 吉田玲子 野田泰宏 土信田和幸 山縣亜紀 河野仁美 3月8日 16 呪われたサトシ…! 中田誠 大西雅也 3月15日 17 ヒバニー、炎のキック!明日に向かって!! 赤尾でこ 齋藤徳明 ウヱノ史博 篠原隆 3月22日 18 サトシ参戦!ポケモンワールドチャンピオンシップス! 冨岡淳広 浅田裕二 岩根雅明 志村泉 3月29日 19 ワタシはメタモン! 宮田由佳 尼野浩正 村田尚樹 高木麻穂 酒井裕未 鈴木敦 野村美妃 4月5日 20 夢へ向かってゴー!サトシとゴウ!! 米村正二 齋藤徳明 小柴純弥 八田木瀧 4月12日 21 とどけ波導!サトシと不思議なタマゴ!! 松井亜弥 樋口香里 牧野吉高 柳原好貴 4月19日 22 さよなら、ラビフット! 赤尾でこ 尼野浩正 野田泰宏 山崎玲愛 武内啓 海老沢咲希 坂田愛子 6月7日 23 大パニック!サクラギパーク!! 土屋理敬 齋藤徳明 中田誠 大西雅也 6月14日 24 休め!ロケット団!! 面出明美 浅田裕二 岩根雅明 志村泉 社会的出来事に伴う影響 [ ] 2020年4月19日に、の影響で制作作業の一部が見合わせとなったことにより、テレビ東京系列において2020年4月26日の放送分以降、しばらくは本作のになることが発表された。 これに伴い、第23話「大パニック!サクラギパーク!! 」以降の話は事実上の放送延期となり、データ放送も放送再開まで休止となった。 放送中のシリーズが本放送中に再放送されるのはこれが初となる。 その後5月31日に、制作作業と第23話以降の放送が6月7日から再開されることが発表された。 放送局 [ ]• まんたんウェブ. 2019年10月11日. 2019年10月13日閲覧。 まんたんウェブ. 2019年8月30日. 2019年9月3日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年9月1日. 2019年9月3日閲覧。 なお、第12話と第13話のように前後編になる場合もある。 ファミ通. com. 2019年11月17日. 2020年2月3日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年9月29日. 2019年10月3日閲覧。 アニメイトタイムズ 2019年10月27日. 2019年10月27日閲覧。 『日経エンタテインメント!』第23巻第15号、日経BP社、2019年11月、 52頁。 - 音楽ナタリー 2019年11月24日閲覧• 音楽ナタリー 2019年11月24日• ORICON NEWS. オリコン 2020年4月19日. 2020年4月19日閲覧。 外部リンク [ ]• - テレビ東京による公式サイト 前番組 番組名 次番組.

次の

ポケモン映画人気ランキング2018!歴代作品でファンに人気の作品は?

ポケモン アニメ 時 系列

予め理解したうえで読み進めてください。 考察や解釈によってはここが違うのではないか、ということも当然起こり得るため、極度に鵜呑みにはしない方が良いと思われます。 今回、時系列としては「太古の時代」「500年前」「10年前」「数年前」「2年前」「3ヶ月前」「現在」の7項目とし、その後「 時系列不明の出来事」 「 歴史に残された謎と考察」としました。 まずは「太古の時代」から見ていきましょう。 以下、読みやすくするために文体を崩します。 ・太古の時代 マリエシティ館にある古文書によると、突如として空に現れた穴から もしくは が現れ、持てる力全てを使い土地の守り神、土着神であったカプたちを従わせた。 当時のアローラの王 の先祖にあたる はやを敬い崇めた。 王朝における祭壇で太陽の笛、月の笛を吹くことでその太陽並びに月のへの感謝の気持ちを表す儀式としていた。 その後、との間にコスモッグが誕生し、カプたちはこれを見守っていくこととした。 また、別のには伝説のとカプが戦った際にカプたちが「未知なる力」を授かったとあり、この「未知なる力」がウルトラホールを通ってきたとによるZパワーだとするとこの時代以降にぬしが誕生、つまり島巡りの風習が出来上がったと考えられる。 なお、島巡りにはしまキングやしまクイーンの存在が必要不可欠であることから、島巡りが始まると同時にアローラ王朝は幕を閉じ、現在のしまキングたちが治めるへと変遷していったことがわかる。 ・500年前 が稀代の天才科学者の手によって造られる。 がの形に変形できることから、この時代には既に、あるいはその元となる道具が既に発明されていたことがうかがえる。 ・10年前 にアクジキングが現れる。 ただし当時はUBという呼称も存在せず生物としても名前を認識されていなかったため、名もなき危険生物だった。 ハンサムと、そして詳細不明の女性の尽力によりアクジキングはから排除され、代償としてその女性は命を落とした。 その時、の海岸にリラが流れ着く。 国際警察にて保護されるが、後に彼女自身も国際警察の一員となる。 この時開いたウルトラホールから地上に降り注いだZパワーで新たなぬしが誕生。 おそらく主人公が戦ったぬしたちはここでZパワーを浴びたと推測できる。 ・数年前 モーン博士がウルトラホールに関する論文を発表する。 このことから、ウルトラホールに関する研究そのものはこの時点よりもかなり前、且つ10年前よりも後より進行していたことがわかる。 また、ポニ島の前しまキングでありハプウの祖父であった男性が死去。 死因は不明。 これによりポニ島は数年間しまキングが不在の状態となった。 ・2年前 グラジオがパラダイスのシークレットラボAから1体のタイプ:ヌルを連れて脱走する。 このことから、タイプ:フル計画が失敗に終わった後もタイプ:ヌル自体は生かされているということがわかる。 ・3ヶ月前 リーリエがパラダイスからコスモッグを連れて脱走。 ただし脱走できたのはコスモッグのテレポート能力のおかげ。 なお、このテレポートでリーリエがバーネット博士と出会うことができたのは事前にビッケが密かにバーネット博士のことを教えていたから、というのがククイ博士の研究所に残されたリーリエの日記からわかる。 ・現在 ご存じの通り、から主人公がやって来る。 そして、コスモッグとの旅を経てリーリエはへの旅立ちを決め、マサキを訪ねるのであった。 また、最新の出来事としてはにが誕生するという動きも見られた。 これらの出来事を含め、全体的にこれから先の未来をほのめかす内容が多かったようにも感じられる。 ただし、10年前はUBの認識が全く存在しなかったことから少なくとも10年前よりも後であるということがわかる。 これはのミオシティまで資料を探しに財団が出かけているため、場合によってはDPリメイク 予定 で遭遇するということも考えられる。 カプの怒りに関しては特に情報が少なく、いつ怒りを買ったのかという他にも怒りを受けたしまキングとはどんな人間だったのか、現在メガやす跡地のある場所には元々守り神の大事な場所があったとされているが、具体的にどんな場所だったのかなど明かされない部分が多い。 元々スカル団は昔のしまキングを中心とした集団だったが、上記のカプの怒りを受けて壊滅。 グズマを中心として再び結成されたスカル団に財団が近づいたのか、それとも財団の差し金でスカル団が復活したのか等の詳細ないきさつは不明。 リーリエの発言や残された手紙から、リーリエが元々の人間ではないということが示唆されている。 パラダイスも、あくまで「アローラ支部」であるため財団の本拠地は別にあると見える。 そのため、少なくともリーリエが物心つく頃までは別の場所にいたということがわかる。 グラジオが脱走したのが2年前であることからその頃には既にに来ていたことがわかるが、同時にリーリエの手紙では3ヶ月前まで家からに出る機会がなかったらしいこともうかがえる。 ウルトラホールを直接通ったーネやグズマにも記憶の障害が見られないことから、ウルトラホールそのものではなくそれ以外の要因で記憶を失くしている可能性があるが詳しい内容は不明。 ただし、まるでウルトラスペースにも似た「やぶれたせかい」を自由に行き来でき、尚且つ目を合わせた人間の記憶を消すことができるがに1匹いるということと、恒例となったリメイク作品シリーズの順番を考えるとこの謎は近く明かされようとしているのかもしれない。 また、もう1体は主人公に渡されたが残る1体の処遇は未だ不明のままである。 というより、ビッケに関してはそれ以外もほぼ全てが不明。 おそらく今作で最も謎多き人間の1人だろう。 ・最後に サンムーン考察記事、3本目は多くの方が気になっているであろう作中年表に関するお話です。 こうしてみると、明かされていない部分がかなり多いなと感じます。 まあそもそもの内容が大ボリュームなのでこれでもだいぶ明るくなった方ではあると思うのですが。 いつものよりは少し考察薄めですが、これはこれで書いていて自分でも整理できたので楽しかったです。 次の考察記事は、また気が向いた時にでも。 あと、微妙に関係ないですが考察全開の小説本が冬のにて出ます。 詳しくは以下の記事をよろしくお願いします。 それでは。 ・関連記事 first1178.

次の