ノート パソコン 画面 が つか ない。 DELLが起動しない!黒い画面のまま動かないときの直し方|Windows搭載のDellが起動しないとき、黒い画面からどう対応する?|生活110番ニュース

Lenovo パソコンの画面が映らない、つかない場合の確認項目

ノート パソコン 画面 が つか ない

「電源を入れようと思って電源ボタンを押しても、画面に全く何も映らなくなっちゃった…」 パソコンの故障には色々な症状がありますが、上記のようなご相談は中でも非常に多いです。 昨日まではしっかり動いてくれていたのに、突然何も動かなくなってしまったらどうすればよいか途方に暮れてしまいますね(泣) この症状について推測できる原因はいくつか考えられますが、 その多くが部品の故障によるものです。 また、部品の故障の場合はマザーボード(基盤。 パソコンの動きをつかさどっている重要な部品の一つです)かもしくはディスプレイの不具合のケースがほとんどで、そうなると メーカーでの修理代も3万円を軽く超えることが多いです。 ただ、そこで「もう買い換えるか修理するかしか無いのか…」と諦めないで下さい!もしかしたらあなたのその起動しないパソコン、全く別のことが原因で動かないのかもしれません。 そしてそのことが原因であれば、ご自身ですぐに直せるかもしれないんです。 具体的にどういうことかと言うと、 パソコンに電気が溜まってしまって起動しないということがありえます。 この場合、放電という作業を行えばすぐにパソコンが復活するかもしれません。 さらに放電という作業自体は、 全くの素人でも難なくこなせてすぐに出来る作業ですのでご安心下さい^^ なお、この放電という作業は原因が何か全くわからない場合でもやってみて全然問題ありません。 ですので、「パソコンに電気が溜まるって何??」とちんぷんかんぷんなあなたも、今回のように画面に全く何も映らないといった症状の場合は、まずは放電を試すことをオススメします。 ちなみに、放電してもダメなら部品の不具合の可能性が非常に高いので、その時はメーカー修理などに出して部品の修理をするかお買い替えする必要があります。 それではどうやって放電すれば良いのかを、デスクトップパソコン、ノートパソコンの順でご説明します^^ご自身のパソコンに合わせてお読み下さい。 また、先にパソコンの放電をする際の注意点も記載するので、是非そちらもお読み下さい。 このページの目次• 放電の前にやること・注意点は? ご自身の体の静電気を外へ逃がす これはやらなくても大丈夫なのですが、パソコンの放電作業を確実にするためにはやっておいたほうが無難です。 やり方は超簡単!しかもたったの2秒で出来ちゃいます。 そのやり方とは… 何かに2秒ほど両手で触れ続けて体の電気を外に逃がしてやるだけです!ほら、簡単でしょ(笑) 触れるものはゴムのように電気を通さないもの以外なら何でも良いです。 身近だと金属や木で出来たものや壁紙に触れると特に効果的。 これらは電気を通しやすいので、体に溜まっている電気を抜くのに最適です。 余談ですが、もしパソコンのメモリを交換する場合も体の放電作業を行ってからするのが望ましいです。 体の放電をしていない手でメモリを触ると、メモリを痛めることがあります。 特にメモリを外したり、CMOS電池は外さなくて良い パソコンの放電のやり方は色々なサイトに載っていますので、いくつかのサイトを見てからこのサイトにたどり着いた方もいらっしゃると思います。 そんな方々は他のサイトでは、放電の前に「メモリを外しましょう」とか「CMOS電池を外しましょう」と書いてあるのを見たかもしれません。 これはもちろん間違ってはいませんが、経験的にはパソコンの放電の際にはそこまで効果は変わらないです。 つまり、私は 特にこれらの作業はやらなくても全く問題ないと思います。 というのは、これらのことをやったとしてもそこまで放電の効果は変わらないですし、 それよりもこれらの作業をやったことがない方が多いと思います。 メモリの取り外しはそこまで難しくないとしても、CMOS電池なんて聞いたことがある方の方が少ないんじゃないでしょうか。 (ちなみにCMOS電池というのはパソコンの基盤に付いているボタン電池のことです。 パソコンの根底の設定などを保存するためなどに付いています) 特にCMOS電池の取り外しは場合によっては非常に難しく、下手をするとパソコンを壊してしまう可能性もあるのであまり手を出さないほうが良いと思います。 デスクトップパソコンの放電の方法 デスクトップパソコンの放電は非常に簡単です。 手順は以下の通り。 押し方はいつも電源を入れているときのようにポチッと短く押すのを10回程度繰り返せばオーケーです。 4、1分くらい放置する 5、電源ケーブルやキーボード、マウスのみ差し直して電源が入るか確認する この作業で電源が入れば電気がパソコンに溜まっていたことが原因です。 逆にそれでも電源が入らない場合は部品の不具合の可能性大なので、修理か買い替えを検討しましょう。 ノートパソコンの放電の方法 ノートパソコンの放電の方法もデスクトップとほとんど変わりませんが、バッテリーを外すことの出来るモデルかどうかでやり方が変わります。 大抵は簡単に外せると思いますが、上手く外せない場合は無理に外そうとせずに、下記の「充電バッテリーを取り外せないパソコンの場合」を行ってください。 それでも十分があります。 4、1分くらい放置する 5、電源ケーブルのみ差し直して電源が入るか確認する デスクトップ同様、この作業で電源が入れば電気がパソコンに溜まっていたことが原因です。 逆にそれでも電源が入らない場合は部品の不具合の可能性大なので、修理か買い替えを検討しましょう。 充電バッテリーを取り外せない場合 最近の一部のノートパソコンはバッテリーがネジ止めされていたり、基盤と線でくっついていて取れないものもあります^^;そんなパソコンをお持ちだったり、バッテリーを外せるモデルでも外し方がわからない場合は、無理に外そうとせずにこちらの方法を試しましょう。 1、電源ケーブルなど、パソコンに差さっている全てのケーブルをパソコンから外す 2、そのまま2分程度放置する 3、電源ケーブルのみ差し直して電源が入るか確認する あれっ、終わり?と思われるかもしれませんが、誤植ではありません(笑)バッテリーが付いている以上、電源ボタンを押せないので 放置することで放電します。 これでも結構放電効果はありますよ^^ なお、充電バッテリーを取り外せないノートパソコンの場合は、実は裏に針金くらいのものが入る小さい穴が空いていることが多いです。 この穴の奥のボタンを針金などで押すと放電の代わりになる場合もありますが、 場合によってはパソコンの根底の設定が初期状態に戻ってしまう可能性もあります。 ですので、何かのきっかけでこのボタンを知った方も、 実際に押すのは辞めたほうが無難です。 上記の放電手順1、2、3で電源が入れば電気がパソコンに溜まっていたことが原因です。 逆にそれでも電源が入らない場合は部品の不具合の可能性大なので、修理か買い替えを検討しましょう。 まとめ:放電で改善したならひとまず安堵!ダメなら修理かお買い替え さて、放電してみてあなたのパソコンの具合はどうだったでしょうか?無事動くようになったならそれに越したことはありません^^もちろん、たびたび同症状が出る場合は一度メーカーなどに見てもらったほうが良いですが、その後問題なく動くようなら当面は大丈夫だと思って良いと思います。 しかしもし放電をしてみても動かない場合は…残念ながらご自身ではなかなか直せない故障の可能性が高いです。 そして、その時は安く見積もっても修理には3万円以上かかる場合が多いです。 もし、お持ちのパソコンが4、5年以上前のパソコンであれば今後のことを考えて、修理ではなくお買い替えしたほうが良いかも知れません。 現在は国産パソコンでも、安いパソコンであれば7万円~で買えることもあります。 もしお買い替えをご検討されているなら、パソコンを安く買う方法についてはで詳しく書きましたので参考にしてみて下さいませ^^•

次の

Компьютер Dell не включается, или на нем не загружается ОС Windows

ノート パソコン 画面 が つか ない

2008年10月13日 これも「電源が入らない」と書いて修理に出される人がいますが、 正確にはタイトルの通りです。 間違ってはいません。 電源が入る=モニタに映る、という考えなのですね。 しかし修理依頼でこれは甘い。 BTOの場合、本体しか修理に出さないこと多いため、現場では映る=再現しない というモニタやケーブル不良の場合に正常品として修理不能(不要)となります。 メーカーによって違いますが、BTOパソコンの購入が初めて、かつパソコンを1台しか持っていないなら、ぜひモニタセットで購入しましょう。 そうすればセットで修理依頼できます。 または モニタにこだわりがあって、EIZO(ナナオ)とか三菱しか認めん!とか言って セットで依頼すると検査費用を別に請求されたりします。 日産の車が動かない、オートバックスで買ったカーナビも映らない カーナビ含めて全部日産に診てもらうってのは非常識なことと同様。 (車の配線不具合で映らない、などは別ですが) ・ どこがおかしいかの見分け方 1.本体の電源は入る 電源が入ると、ファンレス(ファンが無い)パソコンでなければ何かが回転し始めます。 低発熱ノートや水冷、ハードディスクじゃなくてフラッシュメモリ、とかでなければ 何かがどこかで回り始めます。 とりあえず「電源は入った」状態。 2.10秒以上経ってもモニタが映らない 液晶モニタなら、ほとんどの機種で電源ランプの色が変わります。 よくある色は、OFF=オレンジ、ON=グリーンorブルー (昔のモニタは、OFF=消灯またはオレンジ、ON=グリーン) これで電源ボタンを押しても消灯しているなら、モニタ壊れてないかということ。 モニタの電源が入るなら、まずLED(ランプ)がつきます。 消灯のまんまなら、電源さえ入っていないということになります。 念のため電源は数秒長押ししてみましょう。 それと基本中の基本ですが、 モニタの電源プラグがコンセントにささっているか確認を。 3.モニタの電源もついているようだが映らない(ランプ=オレンジ色) これは映像信号がパソコン本体からモニタへ行っていないという意味です。 考えられる対策として、本体とモニタを接続しているケーブルを全部抜きましょう。 全部です。 その前にパソコン本体の電源を切っておいてください。 テープ貼ってメモも良いですし、デジカメで 撮りまくっておくのも良いです。 上下左右の向きも絶対に確認を。 全部抜いて全部さしなおして、電源プラグがコンセントにささっているか確認したら 再度、電源オンをチャレンジ。 ダメなら、パソコン本体側の映像出力不良です。 切れなかったら、ハードディスクの アクセスランプが点滅していないことを確認して電源ボタン長押しでオフに。 画面表示していないだけで、パソコンの本体側はそんなこと知りません。 いつも(正常)ならどこまで進んでいるか想像して電源を切るのです。 一瞬押すと、スタンバイに入ったり休止しますが、設定を解除している場合は 切れません。 こうなったら長押しか、または心の目でキーボード操作して切ります。 4.モニタの電源もついているようだが映らない(ランプ=青とか緑) 滅多にありませんが、グラフィックカードやマザーボード不良など、映像信号を 送ってはいるものの、画面表示できないこともあります。 モニタの明暗、コントラストをいじっていなければ致命傷なのであきらめましょう。 いくら待ってもハードディスクにアクセスしないので判りやすいです。 デジタル(DVI、平たいpinが有る)なら電源切らないと信号行かないことが多いです。 あと、年配の方に多いですが、 ケーブル類は力を入れなくても接続できますので絶対に無理な力を入れないように。 ピンがぐちゃぐちゃになるとケーブルを交換するはめになります。 1本1,000円以上しますので、 絶対に無理な力を入れないように。 モニタやパソコンが複数台あれば良いですが、なかなかそんな環境揃いません。 古いモニタを引っ張り出して来ても、それが壊れてるかも知れませんし。 修理に出す前の手としては、平日の昼過ぎ~16時くらいの間に、パソコンを扱っている家電量販店や自作支援ショップで検証してもらうことです。 ヒマな時間帯なので、モニタとかパソコン本体をちょっと接続させてくれるかも知れません。 その店を通して買っているなら、検証してくれて当然と思って良いです。 以上、「電源は入っているようだけどモニタがつかない」でした。 その他、電源入らない系の関連記事はこちら。 メール パソコンの電源は入っているが画面(モニタ)がつかない- - BTOパソコン. html リンクタグ パソコンの電源は入っているが画面(モニタ)がつかない- - BTOパソコン. html.

次の

Notebook PC シリーズ

ノート パソコン 画面 が つか ない

下記の操作でパソコンを起動状態にすることができますので、お使いのパソコンの説明書や製造元のWebサイトなどで必ずご確認ください。 電源ボタンを押す 2. マウスのボタンをクリック 3. ノートパソコン場合は、ノートパソコンのカバーを開く 4. キーボードの任意のキーを押す 2)電源ケーブルがパソコン本体とコンセントに正しく接続されていますか? 電源ケーブルをうっかり足に引っかけてしまったり、引っ張り過ぎててしまったりと、いつの間にか電源ケーブルが抜けていることもあります。 まずは、電源コードが抜けてしまってはいないかをご確認ください。 また、電源タップを使用している場合はタップ自体のトラブルやタコ足配線などで電圧が不安定になっている可能性もあります。 電源コードを直接コンセントへ接続し、電源が入るか確認してください。 3)本体の電源スイッチは試しましたか? 電源がリモコンやキーボードにある場合は、パソコン本体の電源スイッチで電源が入らないかを試してください。 4)帯電が原因かもしれませんので、放電しましょう。 が原因かもしれません。 放電することで対処される場合もありますので、試してみましょう。 放電処置の方法 1. パソコンの電源が落ちた状態で、周辺機器や電源コードをコンセントから抜く( バッテリーが取り外せるタイプのノートパソコンの場合は、必ずバッテリーをはずして行う) 2. そのまま約1分~2分ほど放置 3. ノートパソコンの場合はバッテリーを取り付けてから)電源コードをコンセントに差し込み電源を入れてください。 また、放電しても対処されない場合は、部品が故障している可能性が高いです。 パソコンの電源が落とせない原因 1)Windows Updateが更新中 Windows Updateが更新している最中は、更新が終わるまでは電源を落とすことはできません。 更新が終わり次第、パソコンの電源が自動的に落ちるはずなのですが、更新が終わっても電源が切れない場合は、再度電源を切る操作を試してください。 2)新たにソフトウェアをインストールした 新たにソフトウェアをインストールした場合、インストールしたソフトウェアがパソコンや他のソフトウェアと競合しているために正常にパソコンを終了できない可能性が考えられます。 3)周辺機器を増設している プリンターやUSBメモリーなど、パソコンの周辺機器を増設した場合、パソコンとの相性によって不具合が起き、終了できないことがあります。 4)ウイルス感染 ウイルスに感染してしまった可能性も十分に考えられます。 ウイルスチェックが可能であれば、ウイルスチェックを行い、駆除してください。 パソコンの電源が落とせない時の対処方法 1)通常通りの方法で電源を落とす(スタートボタンから) フリーズしていない場合はもう一度、通常の電源の落とし方を試してください。 Windowsの場合、左下の「スタート」から「シャットダウン」をクリックして終了させてください。 3)フリーズ状態が改善されない場合は強制終了させる キーボードもマウスも反応せず(フリーズ状態)、しばらく待っても反応がない場合、強制終了してください。 また、パソコンにも負担がかかってしまいますので、どうしても電源が切れない場合にお試しください。 次にパソコン本体の電源スイッチを、電源が切れて電源ランプが消えるまで押し続けてください。 5秒ほど押し続けるとパソコンの電源が切れると思います。 電源が落ちたのを確認した後に再度パソコンを起動し、正常に電源を落とせるか確認してください。 なお、上記は電源に関する不具合の一部対処法です。 電源周りの故障の修理なら パソコンの電源に関する不具合には、電源ボタン自体が折れて使用不可だったり、マザーボードや電源装置の故障の場合など、原因は他にもあります。 上記のことを試したのに、電源が入らない・落ちないと行った場合には、インバースネットにお任せください。 下記ページより修理のご依頼を受け付けております。 パソコンの修理・PCトラブルに関することはパソコン修理ドットコムにお任せください。 格安で対応いたします。 「液晶が割れた」「ディスプレイが故障した」「パソコンの電源が入らない」「Windowsが起動しない」「OSを復旧させたい」「キーボードが打てなくなった」「黒い画面にエラーメッセージが出る」「PC本体から異音が聴こえる」「PCが自動でシャットダウンする」「見たことないエラーメッセージが表示される」「ブルースクリーンが表示される」「強制終了を繰り返す」「ウイルス・スパイウエアに感染したので駆除したい」「CD・DVD のデータを読み込まない」「パソコンの動作が重い」「PCの起動速度を速くしたい」「WindowsOSを最新の状態にしたい」「WindowsOSのバージョンアップさせたいがインストール方法が分からない」「格安で修理したい」「HDD・メモリ・SSDを換装したい」「大事なデータを新しいデバイスへ移行したい」「バッテリーを回復させたい」「PC内部をクリーニングしてリフレッシュさせたい」「マザーボード上のパーツを交換したい」など等、突然のこんなトラブルでお困りのときにご連絡ください。 ヤマダ電機のグループ会社なので、メーカーよりも格安で対応可能です。 部品在庫についても豊富な中古在庫から多数のパソコンメーカー・パソコン機種の部品を豊富に取り揃えていますので、メーカサポートの切れた古いパソコンでも十分に対応できます。 古いPCでも部品を交換したり増設したりすることで、まだまだ十分利用できるようになります。 使い慣れたパソコンを末永くご愛用ください。 また、初心者ユーザー向けに「ウイルス・スパイウエア対策」「OSのインストールサービス」「オフィスソフト、ウイルス・スパイウエア対策ソフトインストールサービス」「HDD、SSD、メモリ、光学ドライブの増設・交換サービス」なども行っております。 パソコン修理ドットコムはヤマダ電機のグループ会社として皆様からご信頼を得るとともに、パソコン・PCに関するあらゆるトラブルを格安で高品質のサービスのご提供いたします。

次の