アメブロ家計。 家計管理術をブログで公開!毎月の収入支出、貯金額の私流管理術。

家計診断・住宅相談・FP相談 −藤沢・茅ヶ崎の家計コーチ

アメブロ家計

もくじ• 私が実践しているシンプルな家計管理の方法とは 私が実践している家計管理の方法としては、 5つのとってもシンプルなルールです。 1.何はともあれ、先取り貯金。 疲れるような貯金はしない やはり最後にではなく、給料日に貯金口座に先取りで貯金してしまいます。 その他に投信積立用の口座に振込をしてしまって、最初から無いものと認識しています。 最後まで残った金額を貯金しようと思っていると、疲れ果ててしまいますからね。 常に先に!を徹底しています。 我が家では現金管理をしていませんので、給料日前に残金があといくら?という概念がありません。 だから給料日前になっても、焦ってはいません。 最初に貯金をして、あとは意識をして使っているだけです。 2.買い物に行く前には、必ず買い物メモとペンを持って行く スーパーに行く前に、メモ帳に必要なものを吟味して書いていきます。 どんなに特売品が売っていても、それに手を出さないようにするためです。 かごに入れたらペンで消して、すべてペンで消したらそれ以上買わないのです。 買いたいものだけ塗りつぶして、全部塗りつぶせたら買い物は終了です。 3.家計簿に買ったものまで書かない。 買った費目に金額だけ記入するだけ 最近まで、家計簿にはとっても細かく付けていました。 食料品にいたっては、肉・魚、野菜、お菓子、調味料、お米代とか、食材の分類ごとに付けていました。 でも読み返して見てみることは、ほとんどありませんでした。 最近ではストレスになりますので、買った物は書かずに、食費 1,200円と、食料品として買ったものは、「食費」として、 費目と金額だけ書くようにしています。 4.無駄な日用品のストックを持たない 日用品に関しては、いつでも売っている時代です。 いつでも売っているものに関しては、無くなってから買ってくればよいと思っています。 紙類や洗剤なんて、10円ぐらい違っていたって気にしないです。 日用品のためのスペースがあったら、私はもっと家賃やローンのコストダウンをして小さな家に住み替えます。 5.まとめ買いは基本1週間以上はしない。 1週間以内で食材は使い切る まとめ買いで送料無料になろうとも、基本1週間以上はまとめ買いはしません。 1週間以上もの食材を買うと、冷凍庫もパンパンになりますし、迷子になってしまいそうです。 1週間後に冷蔵庫を見て、スッキリとしているととっても気持ちがいいですよ。 人気主婦節約ブロガーさんから日々教わっています 細かい事にこだわらない、毎日家計簿とにらめっこをして頑張りすぎないことを、日々ブロガーさんに教えていただきました。 私も最初レシートが1枚でも入っていると、 「家計簿につけなくちゃ!」と脅迫概念に駆られていました。 でもだんだんと節約ブロガーさんの考えを教わっているうちに、あんまり家計簿とにらめっこするのは良くないことがわかってきました。 もっと節約ブロガーさんに学びたい!と思いまして、節約ブロガーさんがたくさん載っていらっしゃるこの本を買わせて頂きました。 お金が貯まりそうな、とっても楽しそうな表紙ですよね。 節約ブロガーさんが大集合しています。 私が見習いたいブロガーさんばかりです。 昨日到着したばかりなので、まだ全然読めていません。 取り上げたくせに、大変申し訳ございません・・・。 休日にしっかりと読ませていただきます! 私が苦手で足りないものは、 節約術です。 共働きなのである程度はズボラに貯金が出来ます。 でもこの人気主婦ブロガーさんのように、きちんと節約されて貯金が出来ているスタイルを、私は見習わないといけません。 私が今回書いた5つの方法も、節約主婦ブロガーさんに教わったことに間違いありません。 教わったことを無駄にせず、しっかりと実践していくことが大事であると感じています。 リンク 頭の中もシンプルに、家計管理もシンプルにすることが大事です。 節約を当たり前の事として「習慣化」していけば、 気がつけば貯金が出来ている。 1番理想的な貯める方法ですよね。 私は現在は、無料のオンライン家計簿である という メチャクチャ便利なソフトにて資産管理をしています。 このソフトのおかげで、貯金がメチャクチャ貯められるようになってきました。 無料で登録が出来ますから、ぜひあなたも試してみてくださいね。 シンプルで確実な方法で、これからも一緒に楽しく貯めていきましょう! 現在おすすめの手書き家計簿はこちらですから、こちらもぜひチェックしてみてくださいね。 お金がなかなか貯められない人は「お金の教養講座」に行ってみよう!.

次の

家計管理術をブログで公開!毎月の収入支出、貯金額の私流管理術。

アメブロ家計

新着情報 2020. 3 6月1日より対面でのご相談を再開しております。 感染症予防対策については、 引き続きZOOMでのオンライン相談も承っております。 2020. 3 お問い合わせは、info kakeicoach〜のメールより3日以内に返信をしております。 返信確認ができない場合は、迷惑メールフォルダに振り分けられている場合があります。 恐れ入りますが、ご確認いただきますようお願いいたします。 2020. 03 ご予約状況は、随時ブログを更新しております。 2020. 0420 電話につきましては、相談、講義中の場合は留守番電話になっております。 8コール後に留守番電話になります。 お名前とご連絡を残していただければ、折り返しご連絡いたします。 2019. 11 PayPayでのお支払のほかにLINEPay、メルペイでのお支払ができるようになりました。 2020. 18 に住宅ローンの選び方を寄稿しました。 2019. 11 様にFPとして掲載されています。 2019. 28 地域密着情報誌「湘南える」様にて「家計簿コーチング」を担当しております。 2018. 13 藤沢駅徒歩8分のところに2人のFPとともに共同で相談室を設けました。 そちらの相談室をご案内させていただきます。 2018. 5 ブログでは、イベント情報、講座情報など随時更新しております。 家計コーチの家計診断・FP相談 家計コーチ・ファイナンシャルプランナーの秋山友美です。 結婚・出産・転職など転機が多い女性のライフプランは、人生のうちに何度も変わります。 そんな女性が自分らしく生きるためには、 マネープラン作りそして、 マネー力磨きが欠かせません。 家計コーチは、20代〜40代のお金に関する疑問にひとつひとつお答えしながら、 あなたスタイルの マネープラン作り、 マネー力磨きをお手伝いいたします。 漠然とした不安を抱えながら、ただお金を貯めるのは終わりにして、 目的を持って 将来に備えつつ、 今の時間も自分らしく楽しみませんか? プロコーチとしての実績もある家計コーチのFP相談・家計診断は、一方的にアドバイスをするだけでは終わりません。 自らの力で人生を切り開いていけるように、あなたに合った解決方法を一緒に見つけ、それを実行していけるようにサポートをしていきます。 家計診断 漠然とした将来に対する不安をお持ちではないですか? なかなかお金がたまらない・・・節約が続かない・・・ 将来いくらお金が必要なのか分からない・・・など 家計コーチは、あなたの 「不安のもと」を具体的にするところから始めます。 「不安のもと」が分かったら、現在の家計を一緒に分析、対処法を探していきます。 改善していくのは、あなたです! 家計コーチは、あなたが できる家計の改善法を提案していきます。 FP相談(お金の個別相談) お金に関すること全般の個別相談です。

次の

家計コーチ 秋山友美さんのプロフィールページ

アメブロ家計

こんにちわ、リョウスケです。 時代に合わせてワークスタイルも変化していっていますが、その中の一つとして派遣社員や契約社員といった「非正規社員」の誕生があります。 私が若いころにも派遣社員はありましたが、現在ほど多くはなかったように思えます。 私は就職氷河期世代なので就職できなかった人がたくさんいましたが、フリーターになる人の方が多かったように感じます。 新入社員として入社した会社もパートさんやアルバイトはいましたが、派遣社員の人はいませんでしたし。 それが今や非正規社員として働いている人も多いですからね。 正社員と非正規社員にはそれぞれメリットとデメリットがありますので、どちらが良いというわけでは… 在日韓国・朝鮮人(ざいにちかんこくちょうせんじん)は、日本に定住する朝鮮民族のこと。 一般に在日韓国・朝鮮人と言ったときは、おおむね1945年以前から日本に住む者(一世)と、それらの子孫で日本で生まれ育った者、またはおよそ10年以上定住する者を指すといわれる。 しかし、厳密にどこまでを在日韓国・朝鮮人と呼ぶべきかについては、いくつかの議論があり、明確な定義があるわけではない。 本国での国籍によって在日朝鮮人または在日韓国人と呼ばれることもある。 国籍を問わない呼称として在日コリアン、または単に在日。 とも呼ばれる。 在日韓国・朝鮮人という言葉は、日本が朝鮮半島を統治していた時代から継続的に日本に在住し、現在は朝鮮籍あるいは韓国籍を持ちながら、日本に永住する資格(特別永住者資格)を持つ人々に限定して用いられることが多い。 日本国籍を取得したものは、コリアンジャパニーズ(朝鮮系日本人または韓国系日本人)と呼ばれることがある。 在日韓国・朝鮮人の性格には、出身地、定住する地域、本国での国籍、来日・定住を始めた時期によって大きな違いがあるといわれている。

次の