ストロー マン 手法。 藁人形論法(ストローマン論法)とは?由来と具体例、対策を調べた!

詭弁

ストロー マン 手法

ストローマン論法 man gum とは、相手ののうち、内容とは直接関係ない部分に反論する一種のである。 藁人形論法 わら人形論法 とも。 概要 ストローマン論法のマンとはで藁 わらにんぎょう のことである。 相手のを取り違えたり曲したりして出来上がった脆弱なをマンとして打破し、そのことによって相手のをしたことにしようとする論点すり替えによるである。 それ以上に注すべきなのは、呪いの藁が圏にも存在することでないだろうか 違: マンはでのような大きな藁のことをしているようです。 だが、に喩え話を用いると高率にストローマン論法のにあう気がする 談。 例 一休さんが、屋さんのところに行こうとすると、いつも渡っているの前に立て札があり、 「しわたるべからず」 と書かれていました。 これを読んだ一休さんはしばらく考えましたが、堂々とのん中を渡ることにしました。 渡り終えた時、の向こうで様子をうかがっていた屋さんは尋ねました。 屋 「どうしてを渡ってきたのですか? この渡るべからずという立て札が読めなかったのですか? 」 一休さん 「この端渡るべからずと書いてある立て札ならましたよ。 ですから端ではなくん中を渡ってきたのです。 」 一休さん「しわたるべからず」から要約 一休さんは、屋さんが「この渡るべからず」という意味で立てた立て札を、で書かれていたのをいいことに、 「この端渡るべからず」と解釈して堂々と渡りきってしまったのである。 この場合、屋さんは一休さんに意地悪してとんちを試すために立て札を立てており、一休さんにもそれがわかっていたのでで済んでいるが、理難題をで解決した例であると言える。 応用編 ストローマン論法というのは、相手のをめることによりマンを作り出すことになっているが、実際には相手のが既にんでいる場合もある。 この場合も、相手方に本来のが存在するにもかかわらず、あえてんでいる部分を相手ののということにしているため もちろんんだをした当人にも非はあるが 、一種のストローマン論法ということができる。 「Aは」Bのをめていないのでストローマン論法ではないというのも、この種のストローマン論法に該当すると思われる。 応用例 下記の例は説明のために意図的に曲されたを用いている。 の人物・団体がしている等とは関係ない。 B「今後、による人体へのはないのか? 」 A「直ちにはない」 B「それは将来的にがあるってことだぞ! 」 A 「直ちにはないからといって、必ず直ちにでない将来についてがあるということにはなりません。 それはというになります。 」 確かにAのに対する摘はあっている。 「直ちにはない」だけからでは「将来的にがある」という結論は引き出せないので、Bのは誤りである。 しかし、Bが本当に摘したかったのは「将来的にがある」ということではなく、Aが「今後の」に含まれているべき「将来的」について答えていない点である。 Aは結局Bの誤りにつけこんで、Bののの話に論点を、「将来的」について回答を免れている。 見分け方 ストローマン論法を的に見分ける方法はある。 ストローマン論法による摘は、摘された点を修正しても、なお有効なが残るのである。 上記の一休さんの例ではで「この渡るべからず」と書いていれば、一休さんはん中を渡る方法は使えなかった。 また応用編のABのやりとりでいえば、Bが「それで、将来的にについてはどうなんだ! 」と問い直せば、Aが将来的について答えなかったという点を追及することはできる。 もっとも、ストローマン論法まで持ちだして将来的について答えようとしないAと、冷静さを欠いてのに走ってしまうBの間に今後対話が成立するのかという深刻な問題はあるが、それはまた別の話である。 関連項目• コラム: 逆ストローマン論法のすすめ ストローマン論法は相手のをつじつまが合わないように解釈することであるが、ここではあえて相手のをつじつまが合うように解釈する逆ストローマン論法 造 を薦めてみたい。 つまり、対立する相手のが「どのような前提を用意すれば正しくなるか」を考えるのである。 その相手のに必要な前提こそが、に相手とすべき議題なのである。 もっとも、の異なる相手の思考はを行くこともしくないので、決めつけずに「〜を前提としているのですか」と確認をとってから話を進めたほうがよい。 関連項目• この節の題ではないが、これも、Bのいう「今後」を「直ちに」にめていると考えればストローマン論法に分類可である.

次の

その交渉、騙されてます。ストローマン達からの護身術!!

ストロー マン 手法

別名「わら人形論法」、「架空の論法」、「ストローマン」とも呼ばれます。 ダミー論証は、「Aである」とする主張に対して「Bではない」と述べる形式の誤りです。 論理的でない人は無意識にダミー論証を行うことがありますが、そういう人を見かけたら優しく教えてあげてください。 (例 Wikipediaより引用。 ) A氏 「私は子どもが 道路で遊ぶのは危険だと思う。 」 B氏 「そうは思わない、子どもが 外で遊ぶのは良いことだ。 A氏は 子どもを一日中家に閉じ込めておけというが、果たしてそれは正しい子育てなのだろうか。 」 A氏は子供を家に閉じ込めておけとは言っていません。 B氏は 架空の主張に対して反論しています。 【問題】 B氏はA氏が何と言っていると思った? A氏 「今の経済は弱者に冷たすぎる。 制度を変えるべきだ。 」 B氏 「A氏はを支持しているが、それには反対だ。 」 空白部をマウスでドラッグしてください。 答え: A氏が共産主義を支持すると言っていると思った。 (しかしA氏は共産主義を支持するとは言っていません。 ) A氏の正しい返し方。 A氏 「B氏は、私が共産主義支持していると解釈されたようですが、私の考えはそうではなく、資本主義はそのままで、セーフティネットと所得分配を強化するべきだと考えています。 」 相手の間違いを指摘したからといって、騒がないように注意しましょう。 ちなみに、隠れた前提の有無を問う質問はダミー論証には含まれません。 ダミー論証が使われやすいのはAとBがその場で議論を展開しているとき ではなく、 Aがその場にいないときに、BがAの意見をみなに紹介して、それから反論する場合です。 Bは「Aはこんなことを言っていた・・・」と説明しますが、そのときにBにとって都合の良い歪みが加えられることがあります。 A氏「実は最近仕事がうまくいってないんだ・・・。 」 B氏「仕事を辞めたいんだね。 」 この会話のように、日常生活では相手の気持ちを推察して、相手が言いたいことを先読みする習慣があります。 真偽は定かではありませんが、よく日本人は他人の気持ちを察するのが得意だと言われます。 学校の国語の授業でも「作者(or登場人物)の気持ちを推察して作文しなさい」というタイプの指導をよく受けます。 しかしその習慣を議論にそのまま持ち込んでしまうとダミー論証の原因となります。 議論では相手が明言していない事まで推察だけで決め付けてはなりません。 大事なこと: 存在しない情報を想像してしてはならない。 論理の欠陥を見つける手法が、やさしい文章で詳しく解説されています。 お客様がこのサイトを採点してください。 アンケートにコメントして頂けると、今後の改善により役立ちます。 (どの項目についての評価かなど).

次の

選ばれる4つのポイント|40年以上の歴史を持つ方法|きぬた歯科/インプラント八王子

ストロー マン 手法

ストローマン論法、というのをご存じでしょうか。 日本語では藁人形論法とも言います。 相手の主張をワザとすり替えたり、歪曲解釈したり、主張的に脆弱な部分などを攻撃し 【論破したような状況】を作り、相手にマウントを取りに行くクソみたいな詭弁です。 よく、Twitter上などの匿名性の強いSNSではこうした状況が繰り広げられていますよね。 今日は 「そういうものがあるな」、「そういうのにも名前がついているんだ」というのを知って欲しくて取り上げました。 私のツイートからですと、こういった状況ですね。 前半部分となります。 重箱の隅をつついて、反論が来ないからと勝どきを上げて突然マウントをとる人 スーパー自分本位の理屈だけで防衛ラインを張って、人からの忠告に聞く耳を持たない人 「本人はやりきった、勝利だ」とか思ってるかもしれないけど、ただただ馬鹿なだけだからね きっと気が付くことは一生ないと思うけど— はむらいと🐰連続更新160日の人の皮を被るうさぎブロガー🐰 hamwrite30 可愛げがあれば、トンチです。 利益が絡めば、ビジネスの優位性の取り合いです。 悪意が絡めば、ただの愚かな行為です。 ちなみにStrawmanとは藁人形のこと。 でっかい藁人形を生贄に見立てることから、この様な名前がついているのです。 では、解説していきましょう。 マスコミによる切り抜きの典型例の一つです。 世論はこうして作られます。 話のすり替えは何故起こる? 理屈の合わない話のすり替えが起こる理由は、心理学的にはすり替え者の心のバランを保つためだと考えられます。 正当性のある主張をしたいのは、実は正直者も嘘つきも全く同じなのですが、自分の中での矛盾を解決できない場合、相手に矛盾を作ろうとしたり、相手の立場や自分の立場を変えようとしたりするのです。 こういった心理をやで知ることができます。 気になったら是非読んでみてください。 A「タバコって仕事時間の無駄だよね」 B「いや、あれは喫煙室でも貴重な意見交換をしているんだよ、決して無駄な時間じゃないんだ」 余地が無い例では、【時間】から話がすり替えられて税収や他の人の仕事になっています。 後者の余地がある例では【時間】の概念からはずらさずに、会話を成立させようとしてます。 問題の争点を変えては、問題の提起が成立していません。 これでは理論を展開できないので、その問題について話す環境にありません。 ストローマンは、文脈的に感情に訴える事を言ってきたり、新たな縛りを入れてくることが多いです。 実はズラされているかもしれません。

次の